昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「昭和の日」である。生憎(あいにく)の雨模様であるが、自宅の軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 今日が昭和聖帝の天長節、即ち天皇誕生日であったことは誰しも知る。

 その昔、俳人中村草田男は

降る雪や明治は遠くなりにけり

()んだものだ。この句から連想するのは、既に平成は三十余歳を(けみ)し、令和は今3年というありのままの事実である。

 春の雨がさめざめと静かに降る今日、つまりは「昭和は遠くなりにけり」と感じられるという、このことだ。

 余談、前掲中村草田男の句は、「や」「けり」の「切れ字」が二重に使われている。これを「二段切れ」、詳しい向きは「二字切れ」といい、俳句では一般的に失敗作とされてしまうが、この句に限っては一段目の余情余韻、無駄を排した巧みな終句切れによって名作の誉れ高く、また、名人中村草田男の吟にしてはじめて成り立つ作品であるとも言え、大変愛されている句である。

昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「昭和の日」である。

 「昭和の日」が、畏し、聖帝・昭和天皇の天長節、すなわち天皇誕生日であることは論を待たぬ。

 令和の御代となってから初めての昭和の日だ。過ぎにし昭和の日々を思い、沈々深々、感慨色々である。

みどりの日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「みどりの日」である。国旗を掲揚し、拝礼、祝意を表す。

 みどりの日については、祝日法には「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。」とあるものの、これはもともと、昭和天皇の聖徳を強く偲ぶ日であったことは人ぞ知るところである。

 すなわち、昭和天皇が崩御あらせられたのち、天皇誕生日であった4月29日が改めて「みどりの日」に定められたが、数年を経て同日が「昭和の日」として永久顕彰されることとなったため、もとは祝日法第3条第3項により「国民の休日」とされていた現在の日付に「みどりの日」を移動させたものだ。

昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「昭和の日」である。国旗を掲揚し、拝礼する。

 いよいよ明日・明後日は皇位継承がある。明後日は御即位の祝日である。

昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「昭和の日」である。

 昭和ももう遠くなった。既に30年。懐かしい。

昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日・昭和の日である。玄関の軒先に国旗を掲揚する。

昭和の日

投稿日:

天皇陛下万歳。

 先帝陛下の天皇誕生日、「昭和の日」である。

 国旗を掲揚する。