秋の雲

投稿日:

 仲秋だというのに昼の間の雲は文字通りの入道雲で、ともすれば下品に、むくむくと無闇矢鱈に大きかった。それが、日暮れてくると脱脂綿を千切ったような絹雲となり、秋の雲そのものである。

 たまたま今年は、新暦9月と旧暦八月の日にちが一致している。今日6日、来週の15日木曜日が旧八月十五日で、「中秋の名月」だ。だが、天文学上の望は、この二日後、17日だという。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください