オリンピック選手を称揚すべし、だが

投稿日:

 リオオリンピックにおいて日本の選手たちは多くの勝利を得、自己を証明するとともに人々を力づけ、まさしく「国威を発揚した」と言える。

 選手の力戦奮闘、またそれよりも尚、ここまでに至る努力精進の過程を思うと、感動を通り越して崇敬の念をすら覚えるのである。選手たちを称揚せずして、他に何ぞ称揚すべきもののあるや。

 だが、今に至って、ずーっと、テレビでオリンピック感動番組をやっているのを見せられ続けていると、

「これは、電通、博報堂による『東京オリンピック乗っかりゲヘヘヘ銭ゲバ戦略』だな」

……と思えて、腹が立つのだ。

 オリンピック選手とは直接なんの縁もない、錬金術師みたいなチャラチャラしたテレビ詐欺師連中が、努力精進の聖なる国宝級選手に何百人もぶら下がって金儲けをし、食い物にしている表れがこの延々と続くテレビ番組なのだと思うと腹が立つ。第一、おそらくは、このテレビ番組の連続は、選手たちには一文の得にもなっていないのではなかろうか。

 一刻も早く、本来の主役であるオリンピック選手を静謐な環境に戻し、休ませるべきである。電通や博報堂は、いつもの下らないポルノビデオまがいでも撮ってギャーギャー下品に喜んでおればよろしい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください