ザマぁ見やがれ(笑)

投稿日:

 今朝は女梅雨(おんなづゆ)のぐずつく中、早々と参議院の投票を済ませた。

 開票が進みつつある。

 だいたい自分が内心していた通りの投票結果となり、やや胸がすく。

 思うに、選挙期間にSNSその他でいろいろなことが言える人は、実は少ない。多くの人は職場、職務、義務などに縛られ、政治活動を厳しく制限されているから、SNSに刺激的なことなど書けないのだ。会社勤めの人、公務員、公共の仕事をしている人の多くは皆そうだ。

 恐らくそういう「何も言うことができない人」は、感覚的なものではあるが有権者の過半数を超えているだろう。ざっと7割5分はいるのではなかろうか。

 逆に言えば、選挙期間にワァワァ言ったり書いたりできる騒がしい人と言うのは、「残り2割5分のどうでもいい連中」である。

 選挙前には反社会的・左翼主義的な言説が増え、そうでない言説はピタリと止むが、それは前述の如く「どうでもいい人たち」だけががなり立ててよい仕組みになっているからである。私などの右翼乃至保守的な人物にとっては悔しく腹の立つことではあるが、しかし、多くの人に平等な発言機会が確保された理想的な民主主義であるとは言える。

 いずれにせよ、何かを言うことが許されていない多くの人たちが、騒がしくてどうでもいい世迷言を垂れ流す人たちなぞ無視し、現実の精髄たる一票によって国を選ぶことができるのだ。実に優れた民主主義である。

 しかし、一部、山本何某如き騒がしい政治家もどきとその一党が案外な得票をしてのけたのは、これはまあ、許容せられるべき範囲のポピュリズムというものであって、そういう余白というか、冗長性と言うものも国にはなくてはならないのだから、やむを得ない。とは言え、山本何某本人は落選してしまったようだが。

 ま、さんざん愚弄された私如きマジョリティにして、このくらいの表白(ひょうびゃく)も許されてよかろう。選挙は終わったんだし。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください