同僚の佐藤

投稿日:

 ともかく、同僚の「佐藤俊夫」こと「サトウ ト シオ」こと「砂糖と塩」である私としては、亡くなるまで煮溶かされなくて済んだわけである。半身の「塩」は入っていないから(笑)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください