電氣菩薩と映像夜間中学/根本敬

投稿日:

 知人のTさんのところに寄ったら、またしてもスンゴク珍しい根本敬の本をかしてくれたワケだ。

電気菩薩―豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ〈上〉 電気菩薩―豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ〈上〉
価格:¥ 2,415(税込)
発売日:2002-01

 これがまた初版本で、並大抵のことで手に入るモノではない。正札「2300円+税」となっているのに、その上に貼られた「まんだらけ」の値札は3675円。

 で、コレ読んで、いよいよ根本敬の「映像夜間中学」に行ってみる決意を固め、昨日行きましたよ、ええ。

 場所は渋谷の多目的ホール、アップリンクファクトリー。万全を期して18時30分キッカリから整理券をもらいに飛び込み、整理ナンバー1番をゲット。

 根本玄人が並み居る中で俺ごときが一番前の席に陣取るのもどうかと遠慮し、2列目の席へ。

 だがしかし、席のワキに、「教科書もってきましたッ!」という誠意を示さんものと、その、Tさんから借りている「電氣菩薩」を置き、機会が許せばサインをいただこうという万全の態勢である。

  根本先生は本日は高熱だったらしく、なんだかおクスリで熱を下げ、15分遅れの登場。トークもなにやら高熱ふうラリルレボソボソスタイル。先生いつもああなのか?

 ネタは、まず幻の名盤系オサーン歌手「用心棒」の歌。佐伯一郎なる演歌歌手の紹介とともに。目を細めて聞き入る根本先生。高熱のためか恍惚のためか・・・ぬぅ、これが生根本かッ!

 それから「エメラルドカウボーイ」こと早田氏の映像。さんまと所ジョージの番組に早田氏が出演した映像とテレビショッピング出演時の映像。

 「『早田氏の人生10訓』がエメラルドお買い上げの方にもれなくプレゼント!」ってところでみんなウケてたが、チキショウ、俺は笑うのが遅れちまったぜ!初級者だからなあ・・・。そんで、エンエン早田氏のテレビショッピングビデオ。

 次に「警視-K」という、勝新太郎出演の刑事ドラマのオイシイところ。根本先生が愛あるマナザシで見入っていたのが印象的。

 しっかし、今調べて知ったが、主演の勝新太郎の登場人物名が「賀津勝利(がっつ・かつとし)」って、そりゃねぇよなあ。さておき、これも初級者の俺はただただ見入るばかりだった。

 4番目はイ・パクスの軽薄な感じのポンチャック。「今の韓流からは、ポンチャックは『なかったこと』にされちゃってますけどね」との根本先生の説に、来場者一同、深くうなずいていた。

 最後に、「インドネシアの川西さん」(と先生評するところの)ラマ・イラマの映像。
 根本先生のお体の具合が悪そうだったので、ことさらに居残るのもはばかられ、電気菩薩・初版本にサインは貰わなかった。

 俺には笑うところウケるところ感心するところがよくわかんなかったが、より深く根本世界を観た感じになった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください