七夕(たなばた)の昼飲み

投稿日:

 月遅れ盆も昨日で終わりである。今日は旧暦七月七日で、つまり旧七夕(たなばた)だ。既に立秋も過ぎ、三夏九十日が終わったとはいうものの、ご近所の庭の百日紅はまだまだ赤い。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 どういう気象のからくりか、今日はこのところの炎暑とは打って変わって雲が高く、風が涼しい。

 一日(いちじつ)、友人たちと飲みかつ語った。

 横浜での約束だったので、暇でもあり、早く出かけた。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 約束までの時間、ブラブラしていたのだが、駅周辺にある日産自動車の大きなショウ・スペースが気になり、ふと入ってみた。これが思わぬ見応えで、面白かった。昔のダットサントラックやフェアレディZの完全復刻が展示されており、目を引いた。

 横浜駅相鉄線口、駅南西口近くの飲み屋さんで痛飲した。

 友人の一人F君と連れ立ち帰りかけたが、どうにせよF君の路線が渋谷乗り換えで半蔵門線なのと、二人とも蕎麦が大好きということで、赤坂見附で降りて、室町砂場の赤坂店へ行くことにした。

 途中、山王日枝神社の裏のお稲荷さんの鬱蒼としたところから入って、ちょっと参拝した。

 室町砂場へ入り、一本飲んで、天盛りを大盛りで1枚手繰った。熱い天抜きに更科の盛りの取り合わせだ。旨かった。

 帰り、涼しく、いい夜でもあるので、国会議事堂付近を散歩していくことにした。

 首相官邸付近を通りかかったら、盆踊りのような何かのフェスティバルのような、新しげに見えなくもないケッタイな楽しみに打ち興じている人たちがいて、それはそれで結構なことであったが、大音量で迷惑だった。

 自分たちはあれで楽しいのだろうと思うが、変な興奮は周辺環境にも迷惑だと思うので、静かにしてもらいたい。

 F君の案内で、弁慶堀を渡り、大久保利通受難の地、紀尾井坂の清水谷公園へ受難碑を見に行った。

 夜のライトアップされた碑は黒々と屹立し、なにやらうっそりとのしかかってくるようで、恐ろしげでもあった。

 晴れているので星空がよく、月が勿論七夜月、火星と木星と土星がそれぞれギラギラと明るく見える中、歩いて麹町まで出、エクセルシオール・カフェでコーヒー飲んで、市ヶ谷見附まで歩き、そこでF君と別れ、JRで帰った。

ワールドなんちゃらとか、やめてしまえ、こんなおかしなもの

投稿日:

 こんなことの何が面白く楽しいのか、まったく理解不能である。わからない。「わからない」と口に出して言うと、「お前も見てみろよ、面白いから」と強制される。その、強制的なところも嫌だ。

 人死にまで出ているという。もはや、スポーツとか娯楽とか言う範囲を逸脱している。嫌悪感しか覚えない。

 だいたい、なんだよ「Wカップ」て。AカップBカップCカップDカップか?Fカップか?遂に巨乳趣味が寸前まで行きついて、しまいにW(ワールド)カップかっちゅーねん、アホンダラ。お前らはZカップとか言ってわぁわぁ喜んどれボケ、この乳児めらが。

 死人まで出して、どうするんだ。人命は娯楽スポーツより軽いのか?こんなもの、禁止もしくは廃止すべきである。

 もし、この「ワールドなんちゃら」とかいう変な騒動で死んだ人を積算したら、福島の原子力発電所災害で死んだ人より多いであろうことは疑いない。

 そもそも、学校でサッカーなど教えたり、強制したりするからよくないのだ。善良な児童に毛唐(けとう)(タマ)遊びを強制する暇があるのなら、小中学校では農耕や漁労、牧畜・畜産、そうでなければ工作、工芸、紡績、建築、あるいは調理などを教えるべきである。

このスットコドッコイw

投稿日:

 また、なんだってのか、菅のおっさん。このヒョットコというか、スットコドッコイというか……。

 去年の春のことで、もう古い話題ではあるようだが。

チェルノブイリ

投稿日:

 ああ、いいね、コレ。

 ライターの個人的な思い込みや偏見が洗われていく様子がよく判るし、素直な受けとめが気持ちよい。

見たくないものを見ろとかは洗脳

投稿日:

 見たくないものを見ろとか、聞きたくもないことを聞けとか、興味もないつまらんことを読めとか言うのは、コッチの克己心に甘えた洗脳だから、見なくてもよいし聞かなくてもよいし読まなくてもよい。

 ことに、正しい、とか、かわいそう、とかいう真情に訴えるものではなく、「××は恰好が悪く、今時はやらない、ダサい、こっちのほうが知的で洒落ている」と言った、洗練を看板にしたようなものは要注意である。

 例えば、人を殺せ、とかな。誰が人殺しなんかしたいモンかよ。そんなモンのどこが洒落なんだ。

 あるいは、××国とか○○国が世界で一番正しい国家です、とか、な。ケッ。なんでもかんでもアメリカだ中国だと言いやがって。腹立つなあ。

 共産主義は正しい思想です、とかな。笑わせるぜ。

 原子力発電は間違っていますから廃止しましょう、なんてのも、聞く必要はないな。上記三つと同じだ。これは洗脳で、何者かによる謀略だ。もし洗脳でなけりゃ、反社会団体がなんであんなにみっともなく、土地の不法占拠までして訴える必要があるんかね。正しいことなら黙ってたって広がるはずだろ。

 

原発議論と軍事

投稿日:

 小泉元総理は、また、なんだか変にヒネクレ出したなあ……

 だが、このあたりも含めて、原発議論の中に、「軍事の観点から」という要素が全然ないのは奇怪極まる。誰も一言も言わない。

 「軍事」と言ってアレ方面のアレルギーがムズムズ痒いと言うなら、「国家安全保障の観点から」などと、猥褻な現代語で言い換えてもよい。

「やろうと思えばいつでも原爆ぐらい作って敵国に叩き込めるだけの潜在的実力を営々と保持し続ける、それによって不気味なニラミを効かせる」

……これが原子力発電所を建設・維持する本当の理由なのだ。電力なんてどうだっていいのである。そんなものはタテマエだ。つまり、先日米副大統領のバイデン氏が中国でわざわざ代弁した、アレなんである。

 だが、「日本は原爆を作ります」なんてことは、唯一の被爆国として口が裂けても言えないのだ。だから言わない、言わないが、「アイツら、いつでもそれくらいやってのけるぞ」という、そういうニラミなのである。

 そこを避けて通って、原発廃止も存置もヘッタクレもない。

 それに、逆に阿呆な話で、仮に北朝鮮に対して核抑止を効かせることだけが目的だと言うなら、何も自力製造なんかしなくったっていいのだ。アメリカに、「1兆円ぐらい払いますから水爆1発売って下さい」って言えば、ホイキタ、とくれるだろう。仮にくれなくても、配備はするだろう。

 だが、それもまた、ダメなのだ。工業力の保持だって、原子力発電所の目的なんだから。そしてまた、私の論では「どうでもいい」と極論したが、冷静に言えば電力だって大切なのだ。

 アレも、コレも、ソレも大切なのだ。