禁煙裁判の判例

投稿日:

 行政書士の資格の勉強をはじめた。定年退職後家族ともども食っていくため、就職のせめてもの便(よすが)に、と考えたのだ。

 教科書をとりよせ、おっかなびっくり、イロハのイから開き始める。

 行政書士と言うと代書代筆がお家芸だから、さまざまな公文書式などを沢山覚えるのだろう、と思っていたらさにあらずで、「まず手始めは憲法から」となっていて、法律や判例をよく勉強しなければならないことを知った。これは虚を()かれた思いがする。

 そうしたわけで、教科書のはじめはものものしく「憲法・基礎法学」となっている。憲法の解説とともにさまざまな最高裁判例などが例示されているのだ。世間の事に物慣れない私にとっては珍しく感じられる判例も多い。

 その中に、右の写真のようなのがあった。

 未決の犯罪人が「拘置所で煙草を吸わせろ。吸わせないのは人権蹂躙だ!」と訴え、最高裁まで行ったという判例だ。

 いや、まじめな教科書のことなのだから、それにどうこう言ったって仕方がない。そういう裁判があり、そういう判決が出た、それが事実なのである。法学上、基本的人権と言うものが日本でどのように(とら)えられているかという、人権に関するさまざまな事実や判例を粛々と()、学習する、ということだとは思う。

 また、無論の事に、こんなバカバカしい訴えなど、敗訴に決まってはいて、教科書にもそう書かれている。だって、泥棒か詐欺師かは知らないが、ブタ箱(正確には拘置所)に放り込まれているような手合いが「煙草を()わせろ」ってゴネ回ったんだぜ?煙草なんか()えるわけねぇだろ馬鹿野郎。我慢しろそんなもん。何が裁判だ。

 ところが、こんな「煙草()わせろ」なんてことを、公器である裁判所を使って、それも、下級裁判所から最高裁判所まで上げたのだ。大変な浪費であり、こんなことにとりあわなければならない裁判官も弁護士も、誠に御苦労なことだ。

 はっきり言って、バカな裁判だ。

 こんなバカな訴訟に、真面目で優秀な裁判官や職員が何十人、いや、ひょっとすると百人以上もかかずらわされて、その人件費も含めたらどれだけ浪費されたか見当もつかぬ。

 何かと事あるごとに、「政治家の給料を減らせ」だなどというが、だったらこんなバカな訴えを起こす奴に公金を使うな、一発ビンタでも張って大韓民国の陸軍か、北朝鮮の労働教化所へでも払い渡してしまえ、と言いたい。というか、こういう手合いのせいで、人類の最高傑作「基本的人権」が物笑いの種になり、矮小化・卑小化されてそれを見直せなどという論が(まか)り通りかねない。

おっさんのおしゃぶり

投稿日:

 街中で、いい年こいたおっさんが当節流行の「電子煙草」なるものを吸っている姿が、なんだかもう、「おしゃぶり」をしゃぶっているように見えて、笑ってしまう。品というものがない。

 私はかつて一日100本というヘビースモーカーだったが、十数年前にキッパリとやめた。脱煙者である。100本から0本へ、ハードランディングでゴンっ、とやめた。

 その立場で言うと、マッチなり気の利いたライターなりで火を点じ、煙を(くゆ)らすという行為には、何とも言えぬ風情、情緒というものがあった。パイプなどの喫煙具に意を用い、時によって葉巻を(たの)しむ。あるいは小さな引き出しのついた煙草盆を前に煙管(きせる)で刻みを試す。まさしくあれは「大人の(たしな)み」と言って良かった。

 無論、煙草は百害あって一利なしということは昔から言われていたことであり、現代の医学研究の成果も、煙草は有害であるときっぱり否定している。

 しかし、それを含み置いてもなお、煙草にはゆかしい男の美学があり、ダンディズムがあった。

 だが、電子煙草は、美しくない。

 あんなみっともない姿を人前で晒してまで吸いたいというのは、美学がどうとかいうより、もはや馬鹿げている。しかも、高価なものだ。そんな恥晒しをするくらいなら、煙草なんてやめてしまえ。

 なんだ、やめられないのか。

 意志が弱い連中だな。

禁煙所感補遺

投稿日:

 私が煙草をやめたのは、確か平成12年のことだったか。

 一発でやめることができた。それなりに苦心はしたものの、だがその結果、禁煙の苦労ということを1回こっきりしか経験していないということになる。そんな私だから、人に偉そうに禁煙について語る資格はないかもしれない。

 だが、禁煙について書かれていたりすると、つい反応してしまう。

 "zodi"さんの禁煙に関するブログが「ブログ人情報局」で取り上げられていたときも、もう黙っておれない感じで、コメントなどさせていただいた。

 zodiさんという人は寛容な人だ。私は何を書くにつけてもキツい言葉を選んでしまいがちで、相手にされないこともかなり多いのだが、この人は相手をして下さる。それで、2~3度ほど、コメントをした。zodiさんはいい人だから、多分禁煙も成功するだろう。

 さて、先に記した私の記事からあと、禁煙に関してよく他人に語ることが二つほどある。どちらも、私が自分の肉体と精神を通して感じとったことで、多分よそには書いていないことだと思うので、書きとめておきたい。

  •  脳について

 禁煙した人の多くが「煙草を吸う夢を見る」という。私も実際によく見た。また、周囲の人に聞いても、禁煙に成功した人は煙草を吸う夢を見たと言っている。そして、その旨さについても皆が異口同音に言っている。さすがに、私の場合は今はもう煙草の夢は見ない。

 これは私自身の経験だが、禁煙中に夢の中で吸う煙草のうまさを何かに例えるとすると、誤解を恐れずありのままここに書けば、「夢精」するときに似たうまさなのである。これは男にしかわからないと思うが・・・。

 性的な快感は、人間などの高等な生き物の場合、実は肉体的なものではなく、大脳新皮質の働きが大きくあずかると聞く。夢にしても同じで、大脳の不思議な働きの深奥に大きなかかわりがあることは専門家ならずとも想像はつく。

 「夢の中」の「煙草」が、「非常に強い快感」をともなった、ということは、私の大脳が煙草から極めて強い感作を受けていた、ということではなかろうか。

 煙草の成分に目を転ずる。タールについては吸い味や香りに作用するが、ニコチンというのは、これはつまり、植物性アルカロイドであって、向精神作用をもたらすものだ。

 これらのことは、煙草の向精神作用が私の脳細胞にどれほど深い瑕疵を刻み、壊していたかを物語っている。

  •  血液がらみのこと

 煙草をやめてしばらくの間、頭に血が上ることに悩まされた。顔が火照り、赤くなる。こめかみの辺りがとくとくと脈を打ち、しかも怒りっぽくなっていた。

 煙草を吸っていると赤血球が増える。これは煙草からの一酸化炭素の吸引で足りなくなった酸素を肉体が補おうとするためだ。私は100本からゼロ本にハードランディングでやめたので、おそらくは血液の酸素運搬機能が余り気味になったのだろう。

 だがこれは、3ヶ月ほどで治ったと記憶する。

コメントを頂いた。

投稿日:

 無責任かつ好き勝手な放言を繰り返すことが増えてきたブログなので、コメントを貰ったり、トラックバックがついたりすることはほとんどない。

 まぁそれでもいいかな、と思ってはいるものの、コメントを頂いたりすると、そこそこ、ホノボノと嬉しかったりする私である。

 さて、「傘地蔵」さんという見知らぬ方から、丁重にコメントを頂いた。先日、「煙草」という記事から「禁煙ブログ」というところにトラックバックをつけたからだと思う。

「煙草」についていただいたコメント

 本当に、「禁煙」と一口で書くものの、また自分のせいとは言うものの、禁煙は生半可なことではない。自分の主人は自分だ、と、ただただ、そのことを念ずるのみ、そして、禁煙に失敗する人に、「自分の主人は自分」という、その言葉を送る。

「クズ野郎アインシュタイン」について頂いたコメント

 私の放言に、一定の理解を示しつつ、少しばかりのクギも刺してくれることに好感を持った。

 ただただ、良心、平和、それよりもなお、事実と真実、そういうものが力を持ってくれる世界でありさえすれば、などと妄想する。

 だが、巷間、日本軍が中国大陸で、殺戮を繰り返したなどという妄想が、しかし事実の罪とされて──実際、妄想であるにもかかわらず──許されることがないように、真の科学者とは言えない殺人鬼どもが、広島で、長崎で、数多の人を殺戮したことは永遠・永久に許されるべきではない。

 たとえ神の手によって許されても、日本人から許されるべきではないのだ。

 ここに、例えば強盗かなにかで殺された人と、殺した者がいるとする。国はそれを裁くだろう。そして、時満ちて、国が殺人者を許すことはあるだろう。がしかし、殺された人の父、母、兄弟、そういう家族が殺人者を許せば、それは殺された家族を低く置くことになろう。

 もし、大量殺人爆弾を作成した科学者どもが、ほんとうに人類の幸福に寄与する科学者であったのなら、どんな手段、どんなことを尽くしてでも、殺人兵器の開発に寄与すべきではなかった。力足らずそれを許してしまったのなら、自分の命を差し出してでも、多くの命を救うためにそれを止めるべきであった。それが出来なかったのは、「殺人者」だったからである。「科学者」ではなかったのだ。

 殺人者は、裁かれねばならぬ。日本の殺人者が裁かれたように、等しく裁かれ、低く置かれねばならぬ。

 それが無理だとするなら、せめて、偉人の地位に甘んじるべきではない。

 繰り返し思うことには、大量殺人非道爆弾(あえて原子爆弾などと書くまい)は、言うまでもなく日本陸軍が投下したのではない。

 アメリカ合衆国が投下したのだ。

 アメリカ人のパイロットが、アメリカ人科学者の作った大量殺人非道爆弾を、アメリカの市民が選んだアメリカ人の大統領の命令によって、投下したのだ。

 繰り返し書くが、多くの善良なる日本の市民からなっていた日本陸軍(思い見るべし、当時は現代の多くの諸外国と同じく、徴兵制であった。)が大量殺人非道爆弾を投下したのではない。

煙草の記事で

投稿日:

 煙草の記事でトラックバックをつけさせていただいたところ、丁重にコメントを頂いた。
  ↓
“おばさん” さんから頂いたコメント
 禁煙が振り出しに戻ったと言っていらっしゃる。でも、大丈夫だそうですよ。振り出しに戻ったときに「あ~ぁ、振り出しだ。もうむだだな、やーめたっ!」と、思わないことが禁煙の秘訣です。・・・と、保険屋さんの禁煙にかんするチラシに書いてありました。

煙草

投稿日:

 家を建てる前頃、煙草をやめた。先おととしのことだ。

 約15年間喫った。やめる直前には一日に100本──喫煙に寛容な職場でもあったため──もの煙草を灰にしていた。

 本当に、いい時にやめたと思う。私が煙草をやめたあたりから、喫煙に寛容であった職場の方針が変わり、喫煙者に厳しくなった。しかし、私が煙草をやめたのはそれが理由ではない。単に小遣いが欲しかっただけだ。当時は本代にも事欠いていた。

 なんとかやめることができた。私の主人は私なのだ。

 やめてから、非常に自由になった。禁煙の場所など、つらくもなんともなくなった。また、最初から煙草をやらない人とは違って、そばでプカプカやられたところで別に屁でもない。昨日おとといまで一日に100本も喫っていたわけなんであるから、「もっとどんどん喫ってくれ」とでも言いたいほどである。喫煙場所・禁煙場所、そのどちらもが私にとって非常に自由な場所に変わった。

 煙草を喫っている間、小遣いに不自由していたが──そりゃそうだ、一日に5箱も空にしていたのだ。月に直せば3万円以上。月々、万札3枚に火をつけて灰にしていたわけだ──小遣いに余裕ができた。

 私は体のために煙草をやめたのではない。小遣いが欲しいという不純な理由である。

 やめて2年ほどの間、煙草を喫う夢をよく見た。リアルそのものだった。夢の中の煙草は、これまでに味わったこともないほど旨い。「ああ、なんてウマい煙草だ」と思うと同時に「これでせっかくの禁煙もオジャンだな」と自嘲気味の後悔が苦く胸をつき、それがまた逆に、夢の中の煙草を旨いものにする。目を覚ませば禁煙が破られておらず、ほっとする。

 最近はそんな旨い煙草の夢も見ることがなくなった。

 私の中では煙草は、青春の日々から自分の子供が生まれて育つまでにいたる日々を彩った、なつかしくさえあるたしなみごとになった。また煙草を喫うかもしれない、という不安も、今は既に去った。おそらく生涯煙草を喫うことはないんだろう。

 ……そう思うとすこし残念ですらある。今、私の小物入れの中に、ダビドフの細巻きとローランドのブライヤーパイプとシンクレアのネイビーカットと、JTの「小粋」という刻みの銘柄と、キャメルの両切りがひっそりと眠っている。なぜか、一日に100本も喫っていたキャビンマイルドはその中にはない。

禁煙をしていらっしゃる方のブログ(有名)
やさしい一日