テーマ詠「酒」・ボツ自吟

投稿日:

 推敲して別の形にしたものと、投句しなかったもの。

(うれ)()一盞(いっさん)()せとこそ
ボージヨレの(さかずき)()(のち)の月
一升を持ち込む(へい)や天の川
旧友()五合(ごんごう)程は秋の暮
夜長しアイスピックの手さばきに
下士官は遅々(ちち)と一杯天の川

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」で、ボツにした自吟です。

テーマ詠「酒」

投稿日:
下士官の(さかずき)遅々(ちち)夜半(よわ)の秋
望之似木鶏矣(デクににて)()(なが)()(しゅ)()(こつ)(もの)
(いも)()(かい)一升瓶の速さかな
(あき)(うれ)一盞(いっさん)()す資格とぞ
ボージヨレの(さかずき)()今朝(けさ)の冬

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

一杯

投稿日:

 到来の酒で一杯。秋田の銘酒「飛良泉」純米大吟醸。少し辛口寄りで、旨い。

一杯

投稿日:

 はや晩春となった。まさしく風光る候、窓から入る風も心地よい。

 朝から庭の手入れをし、余った土の始末などする。

 昼、晴れた空の下、行きつけの蕎麦店「SOBA満月」へ行く。蕎麦前は山形県・冨士酒造の銘酒「栄光冨士 煌凛(こうりん)」を大桃豆腐の湯葉刺しで。

 いつもの「生粉打ち」十割の「盛り」、今日は鹿児島の粉であるそうな。蕎麦は九州はあまりよくないと聞くが、いやいや、なかなかどうして、香り、舌触り、のど越し、申し分なし。

 帰宅し、玉葱と明太子の和え物で更に一杯。

一杯

投稿日:

 煮付豆腐で一杯。

一杯

投稿日:

 今日の昼めし。……って、ソレ、めしやのうて酒と肴やないか~ィ、とかいうツッコミはナシの方向で(笑)。

一杯

投稿日:

 冷奴に薬味を添えて、一杯。

 いつも()み慣れた紙パックの純米「会津ほまれ」。一升強(2リットル)入って1000円ちょい。

 日曜午後のおっさんのおやつ、である。

一杯

投稿日:

Legendary Scot いつもの通勤経路、東武スカイツリーライン新越谷駅ナカ「VARIE」の、「THE GARDEN」の酒売り場に知らないスコッチがあったので、一本(もと)めてみた。税込1,078円。

 トマーティン・ディスティラリー Tomatin Distillery の「レジェンダリー・スコット Legendary Scot」という酒。何か、「セブン & アイ限定」と書いてある。

 最近いつも飲んでいるティーチャーズよりも甘さ控えめの味、植物的、どこか漢方の気配が漂うような、好もしい香り。

一杯

投稿日:

 自宅近くの商店ではあまり見かけない「ハディントン・ハウス」というスコッチを、最寄り駅ナカ、「新越谷VARIE」に入っている「ザ・ガーデン」で見かけたので、一本買ってみた。

 もとより、1000円前後の安い酒ばかり呑んでいる私である。税込み1037円。

 割合に辛く感じるが、呑むほどに、味・香りはスコッチらしく甘く感じられてくる。

一杯

投稿日:

 冷蔵庫の野菜入れにいつも妻が蓄えている小松菜を一株、浸し物にして一杯。