読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、平凡社の世界教養全集を読んでいる。

 第14巻、「新文章読本(川端康成)/日本文芸入門(西尾実)/世々の歌びと(折口信夫)/俳句読本(高浜虚子)/現代詩概観(三好達治)」のうち、四つ目の「俳句読本(高浜虚子著)を、帰りの通勤電車の中で読み終わった。

 改めて記せば、私は俳句を詠むのが趣味だ。このブログに載せているものだけでも7百~8百句ぐらいあり、Twitterで詠んだものを併せると2千~3千句以上、過去に作って詠み捨ててしまい、どこに行ってしまったか分からぬものなどを入れるともっとあるだろう。シャレで50円の句集を電子出版したこともある。

 だが、何かの同人などではないし、結社にも参加していない。作る俳句はヘボで、何かに掲載されたこともない。最近はTwitterのハッシュタグ「#saezuriha」で毎週1句か2句詠むくらいである。ものに(とら)われない、枯淡の境地と言うものも俳句を詠もうとする者の方向の一つとしてあってもよかろうと思うから、それで満足している。もとより、紙に刷られなければ意味がないという時代ではない。デジタルによりどこにでも作品を置くことが可能である。私の作品は、言うなれば「寒村の路傍に放ち置かれたまま永くそこにある、仏師が彫ったものでもない粗雑な石仏」とでも言えばよかろうか。

 そのような境地にあって、これまでに俳句の入門書の類、俳句誌や大小の歳時記などもだいぶ読みはした。しかし、高浜虚子の俳句論を読んだことはなかった。

 読んでみて、何か、自分の俳句の詠み方がすっきりと改められたような気がする。

気になった箇所
平凡社世界教養全集第14巻「俳句読本」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。p.232より
絶えてなくしてまれにある文学

 花鳥諷詠の文学としての俳句は、絶えてなくしてまれにあるところの文学でありまして、他の和歌等にもそういうものがないことはないが、しかし専門的に俳句がこれに携わっておるということは、すこぶる面白い存在といわねばなりませぬ。日本においてもそれを専門的にやっているものは俳句あるのみであるが、また世界を通じて独り俳句あるのみといって、差支えなかろうと思います。されば俳句は、全世界を通じて特異な存在であるのであります。

p.304より

通し給へ蚊蠅の如き僧一人  同

やれうつな蠅は手をする足をする  同

 二つとも一茶の句である。二つ目の句は教科書などにも載っているから誰でも知っていると思われる。ところが、本書中では、あまり知られていないと思われる一句目と並べて、上の二句が一緒に掲げられていた。

 一茶の句集内でこのような配列になっているのか、単に著者高浜虚子がこの順で並べて引用したものかは不明だ。ところが、こうして二句並べられてみると、胸を突かれるようにハッとなった。

 これまで私は、後者の「やれうつな」の句は、単純に小さな蠅の様子を写生したものだとばかり思っていた。それが、こうして並べられてみると、「やれうつな」の句の方に、人間の(ごう)、すなわち憎悪や差別、いじめ、暴力、そうしたものの悲しさが透けて見えてしまったのだ。打たれようとしているのは(さげす)まれている乞食坊主であり、もしやすると一茶その人に他ならない。 

言葉

 意外に難読の単語が多かった。

驥足

 ()(そく)と読む。「驥」とは足の速い馬であるから、非常に優れていることを指して言う。

下線太字とルビは佐藤俊夫による。以下の<blockquote>タグ同じ。p.231より

新しいことがしたければ文学の天地は広い、その広い自由な天地にあって新しい形を求めて縦横の驥足を伸ばすがいいのでありまして、その自由の天地に立って今までの人のやらなかったことをやる、それこそ男子として愉快な仕事ではありますまいか。

杜若

 これで「杜若(かきつばた)」と()む。

p.241より

また桐の花が咲き棕櫚の花が咲き、卯の花が咲き、薔薇が咲き、牡丹、芍薬、百合、葵、紫陽花、菖蒲、杜若河骨(こうほね)、蓮、睡蓮、(うきくさ)、藻、さまざまの花が咲く、樹木は茂り、草も茂る、そういうのを自然の現象というのであります。

呶々する

 「呶々(どど)する」と読む。くだくだしく言いつのることである。

p.255より

 俳界における芭蕉の功績は改めて呶々するを要しませぬ。

 「(つえ)」と訓む。「誘拐」の「拐」の字と似るが、「手偏」と「木偏」の違いがある。

  •  (モジナビ)
p.259より

まねき〳〵枴の先の薄かな  同

 「同」とあるが、凡兆の句である。「八瀬大原に遊吟して柴うりの文書ける序手に」と題されている。

長松

 「(ちょう)(まつ)」は江戸時代頃どこにでもいた男の名前で、何の疑問も不思議もないが、次の句……

p.263より

長松が親の名で来る御慶かな  野坡

……これなど、「長松」の意味を知らなければ何が何だかさっぱりわからない。

 これは江戸時代にあった大道芸、物乞いの一種で、腹話術師のようなもののことである。

 顔見知りの芸人がいつもと違った真面目な顔で年始の挨拶に来た、というような一景であろうか。

 「(たかむしろ)」と訓む。竹で編んだ荒いむしろであり、夏の足元に心地よく感じられる昔の日用品だ。

p.289より

浴して且うれしさよ簟  同

 「ゆあみして かつうれしさよ たかむしろ」の五七五で、「同」とあるが蕪村の高弟、召波の句である。

枳殻

 「枳殻(からたち)」と訓む。「からたちの花」のことである。

p.298より
うき人を枳殻垣よりくゞらせん  芭蕉

 我につれなく当たる人を、あの刺の沢山ある枳殻の垣からくぐらしてやろう、という句であります。

厶る

 これはもう、見たこともない書きかたである。「ム」に見えるが、漢字で「仏」の旁の「厶」だけの字があるのだ。「それがし」などとも訓むが、「る」を送って「(ござ)る」と訓む。

  •  (モジナビ)
p.304より

高うは厶りますれど木から蛙かな  同

 一茶の句である。

蒼虬

 「(そう)(きゅう)」と読む。「虬」の字の読み方は糸偏で「(きゅう)(めい)」の「糺」の字の読み方からも推察されるところだ。

 江戸時代の俳人、成田蒼虬のことである。

 「虬」の字そのものの意味は、「みずち」という蛇怪のことである。

p.311より

蒼虬 成田蒼虬も梅室と同じく加賀金沢の人で、やはり闌更に学び京都に住んだのであります。

塋域

 「塋域(えいいき)」と読む。墓地のことである。この「塋」という漢字については、同じ平凡社世界教養全集の第12巻のうち、「ロダンの言葉」を読んでいる時に出てきた言葉だ。

p.324より

 明治三十五年九月十九日、子規は遂に歿しました。鳴雪、碧梧桐、虚子、鼠骨等幾多の俳句の友人、門弟子、ならびに伊藤左千夫、香取秀真、岡麓、長塚節等幾多の歌の門人に守られ、その棺は田端大竜寺の塋域に葬られました。

 「(あかざ)」と訓む。雑草である。

p.329より

隠棲に露いつぱいのかな  青畝

烏有に帰す

 「()(ゆう)()す」と読み、だいなしになってしまうことを言うが、特に「烏有に帰す」と言う場合は、火災で丸焼けになってしまうことを言う。「烏有」は漢語で、訓み下せば「(いづく)んぞ()らんや」となり、「どうして存在することができるだろうか(いいや、ない)」というほどの意味である。

p.336より

子規歿後埋髪塔がここに建立されましたが、この寺は先年焼失して烏有に帰しました。

 いやはや、こんな字も見たことがない。これで「(もっこ)」と訓む。「ふご」と訓んでもいいようである。

p.341より

炉の兄に声尖らしてを置く  枴童

 「(ひたき)」である。鳥だ。

隼に驚き細るかな  旭川

峙つ

 「(そばだ)つ」と訓む。「そびえたつ」とも訓む。「(そび)え立つ」と同じである。

p.344より

 萩の花の咲いている野原は広く目の前に横たわっておる、そしてその野原の向こうには山が峙っておる、あたかも萩の花の咲いている野が集まっていって山となったように見えるというのであります。

俊髦

 「(しゅん)(ぼう)」と読む。抜きん出て優れた人のことをこういうが、「髦」というのは髪の毛のなかでも更に太く長いものをいい、そこから一等優れたものを「俊髦」というのである。

p.348より

 寒村に人となった青年、このまま空しく朽ちはつべきであろうか、否々自分は為すあるの志を抱いておる、早晩この村を出よう、俊髦の集まっている都会に出よう、そう思いながら野に出て畦を焼いておる、というのであります。

金亀子

 「金亀子(こがねむし)」と訓む。「黄金虫」と同じである。

p.349より

金亀子擲つ闇の深さかな  虚子

 次は引き続き第14巻から「現代詩概観」(三好達治著)を読む。三好達治も学校の教科書に出て来る詩人であるから、知らぬ人はない。

読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、平凡社の世界教養全集を読んでいる。

 第14巻、「新文章読本(川端康成)/日本文芸入門(西尾実)/世々の歌びと(折口信夫)/俳句読本(高浜虚子)/現代詩概観(三好達治)」のうち、三つ目の「世々の歌びと(折口信夫著)を、帰宅後の自宅で読み終わった。

 自ら歌人として著名な釈迢空折口(しの)()が、万葉以前、文学以前の歌から明治の歌までを一挙に概観するという本である。

気になった箇所
平凡社世界教養全集第14巻「世々の歌びと」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。p.151より
今はとて影をかくさむゆふべにも 我をば送れ。山の端の月 (玉葉集巻十八、二四九三)

此歌もはっきりしている。はっきりし過ぎている。ただ「影をかくさむ」と言うのが、月の事を言っているのか、自分の事を言っているのか、直接には来ない所があるが、月の縁語――かげを使っただけなのだから、身を隠すということはわかる。此が遁世することなどでなく、死ぬる事を言っていられるのだとすれば、亦もっとはっきりして来る。此以上はっきりしたら、歌の持っている空想がなくなって、この歌としての、又その頃の歌としての表現の特徴をも失うであろう。

p.152より
窓近き竹の葉 すさぶ風の音に、いとど短き うたたねの夢 (新古今集、三、二五六)

此歌には、恋愛の気分が這入っている。

 ……。いや、わからんわー、……と思った。

p.158より

何れにしても、社会において、一流人として女性が認められぬ間は、其文学も、一流の水準にはのぼって来ないのである。

p.209より

子規という人は、健康であったら、可なりうるさい人であったろうと思われる。

p.210より

鉄幹に比べれば短命であった子規、題材の範囲の狭かった子規、彼が佳作を残すことが少かったのが当然であり、其が又、彼の価値を鉄幹より低めなかった理由である。高市黒人の作物は、十数首に過ぎないが、殆、すべて名作であり、この為に傑作の多い人麻呂に比べて、どちらが高い作家だとは定められないのと同じである。

p.219、池田彌三郎による解説より

 日本短歌史とは、ある意味では、日本文学史のバックボーンともいうべき意義を持っている。本書はそのもっとも平明な、具体的な記述であって、折口学説の立論の根拠にある、解釈・鑑賞の具体的なたしかさを ((ママ))読みとるべきものであろう。

言葉
陳套を極める

 「陳ぶ」と書いて「のぶ」の他に「ならぶ」とも()むこと、「套」は「外套(がいとう)」という言葉から想像が付く通り「重なる」という意味があることから、「陳套(ちんとう)」とは平々凡々と決まり切ってつまらないものが重なって並んだ様子、古臭い様子を言う。

下線太字は佐藤俊夫による。以下の<blockquote>タグ同じ。p.204より

宮内省派の人々も、実は其をしようとしたのだが、古典の教養の乏しさから、其が一々低俗になり、又新しさも卑俗な程度にとどまり、其に附随して奏でる調子も、陳套を極めたものであった。

 次は引き続き第14巻から「俳句読本」(高浜虚子著)を読む。言わずと知れた

遠山に日の(あた)りたる枯野かな

……の、あの高浜虚子による俳句論である。

 私の趣味は俳句を詠むことだが、実は、恥ずかしいことに、こうしたまとまった俳句論を読んだことがない。そのため、読むのが少し楽しみである。

読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書を読んでいる。平凡社の「世界教養全集」だ。目下3冊目の「第3」を読んでいる。

 「第3」には収載作品が五つある。その内、倉田百三の「愛と認識との出発」、鈴木大拙の「無心ということ」、芥川龍之介の「侏儒(しゅじゅ)の言葉」の三つを読み終わった。

 「侏儒の言葉」は、子供の頃にこの本で一度読んだことがある。その頃は皮肉な感じが好もしく感じられたが、今はそれを、あまり魅力とは感じられなくなっている。子供の頃の読後感に比べると、どうしても、自殺直前に書かれたという作品の性格の方が、皮肉さよりも気になってしまう。

 作品の後半に向かって「芥川龍之介が堕ちていく感じ」が、大人になって芥川龍之介の自殺のことを、子供の頃よりも深刻な事件として再認識している私には、何やら薄ら恐ろしく感じられ、寒々とした荒涼を覚えざるを得ない。

言葉
綵衣(さいい)

 「美しい模様のある衣服」とか「種々の色で模様を施した衣」等と辞書等にはある。

 しかし、どうやらそれだけの意味ではないようだ。漢籍に「綵衣(もっ)て親を(たのしま)しむ」などとあり、これはある人が老年になっても親を楽しませるために子供の服を着て(じゃ)れて見せたという親孝行の故事である。

 そこからすると、この「綵衣」という言葉には、「幼児が着る明るい色の衣服」というような意味合いがあるようだ。

筋斗(きんと)

 「筋斗(きんと)」と聞いてすぐに思い浮かぶのは西遊記だ。孫悟空が乗る自由自在のエア・ビークルが「筋斗雲(きんとうん)」である。

 しかし、今「筋斗雲」で検索すると、大ヒットアニメ「ドラゴンボール」に関することばかりが出てくる。

 「ドラゴンボール」については、私はよく知らないから話を戻す。

 単に「筋斗」という場合は、これは筋斗雲のことではない。

 「筋」というのは「觔」の別字だそうな。筋斗雲も本当は「觔斗雲」と書くのが正しいらしい。で、この「觔」というのは、木を切る道具のことだそうである。「頭が重く柄が軽い道具」らしい、ということまではネットでわかるが、どのような形のどういう物かまではよくわからない。

 さておき、この道具は頭が重いために「くるくるとよく回る」ものだそうである。回して使う物なのかどうかもよくわからないが、ともかくそういうものだそうだ。そう言えば、頭が大きくしっぽが小さいオタマジャクシのことを「蝌斗(かと)」と書くが、このことと関係があるかも知れぬ。

 ともあれ、上述のようなことから、「とんぼ返りを打つ」ことを「筋斗を打つ」と言うそうな。「筋斗」とだけ書いて「とんぼ」と()ませる例もあるようだ。

(『侏儒の言葉』(芥川龍之介)から引用。他のBlockquoteも特記しない場合同じ。)

 わたしはこの綵衣(さいい)(まと)い、この筋斗(きんと)()(けん)じ、この太平(たいへい)を楽しんでいれば不足のない侏儒(しゅじゅ)でございます。

 文脈から推し測るに、「侏儒(しゅじゅ)」というと辞書的には「こびと」とあるが、ここで言う「侏儒」は、お祭りや盛り場で軽業(かるわざ)を見せて生業(なりわい)にしているような道化者、ピエロとか芸人などのことを言っているようだ。これが派手な「綵衣」を着て、「筋斗の戯」、つまりとんぼ返りなどの軽業を見せているわけである。「綵衣」にせよ、子供のような面白おかしい服、というような意味合いを含めているのだと思われる。

 更に前後の文脈を読むと、要するに芥川龍之介は志も何も持たない鼓腹(こふく)撃壌(げきじょう)太平楽(たいへいらく)の「賤業の者」の代表として「侏儒」を選んでいるように思う。

 そして、作品を「侏儒の言葉」と題しているのは、もちろん反語的皮肉であろう。

管鮑(かんぽう)の交わり

 これは学校の国語で習うから、確認は無用だ。次のサイトさんに詳しい。

……(いにし)えの管鮑(かんぽう)(まじ)わり(いえど)破綻(はたん)を生ぜずにはいなかったであろう。

啓吉の誘惑

 文中にも菊池寛の作品であることは触れられている。

 しかし、この「啓吉の誘惑」なる作品のあらすじは、ネットでチョイと検索したくらいでは出てこず、また作品も青空文庫等にはない。無料(タダ)では確認できないような感じがする。

 しかし、ご安心あれ。「啓吉の誘惑」は、「国会図書館デジタルコレクション」を使えば、無料で読むことができる。

 「啓吉の誘惑」は、上の「啓吉物語」の後ろの方、401ページから収録されている。「コマ番号」は全245コマ中第207コマから229コマまでだ。

 短編で、すぐ読める分量だ。私もたった今読んでみた。

 なるほど、触れられている通りの作品である。題名からだと啓吉という人が誰かを誘惑した物語であるように感じられるが、そうではなく、啓吉が誘惑を感じる、あるいは誘惑される、という筋書きで、むしろ「啓吉の『誘惑』」と括弧つきで題するか、単に「誘惑」とのみ題するか、どちらかが相応(ふさわ)しいような内容だ。

 以下「啓吉の誘惑」のあらすじ(ネタバレ注意)

 作家の啓吉は妻と幼児の三人家族で暮らしている。育児も手がかかって大変であるため、かねがね女中を雇い入れたいと考えていた。

 そこへ啓吉のファンであるという美しい女が雇ってほしいと訪ねて来る。地方から上京してきたその女は妻とも打ち解けて仲良くなり、歓迎されて啓吉の家の女中となる。やがて、啓吉はその女の無邪気さに心惹かれてゆく。

 女は妻にも気に入られているため、啓吉は妻公認で女を連れて浅草へオペラを見に行くことになる。その際、女の着物が地方から着てきたままのみすぼらしいものだったので、妻は快く女に着物を貸す。

 オペラの帰り、女と夜の隅田川辺りを歩いた啓吉は、夜のムードもあって恋愛の感情が女に対して高まるのを覚える。しかし、女の着物が妻からの借り着であるのを見、妻のことを考え直して自制する。

 やがて女は地方へ帰ってしまう。

 しばらく経って、風の噂に、その地方では女の評判は好ましくなく、「高級淫売」ではないかとの推測もあることを啓吉は聞き、嫌な後味を感じるとともに、女の誘惑に乗らず、自制してよかったとも思うのであった。

 (ちな)みに菊池寛はこの啓吉という人物が登場する作品をシリーズで残しており、ファンはこれを「啓吉もの」と称するようである。

 少なくとも女人の服装は女人(にょにん)自身の一部である。啓吉(けいきち)誘惑(ゆうわく)(おちい)らなかったのは勿論道念にも依ったのであろう。

庸才(ようさい)

 「凡才」と読み替えても差し支えない。

 しかし、「凡庸」などという言葉などもあるものの、「凡才」というほどには馬鹿者・愚か者的な蔑視感はなく、なんとはない才能もなくはないが、全然人並みだ、というようなニュアンスを含めて「庸才」と言っているように思う。

 庸才(ようさい)の作品は大作にもせよ、必ず窓のない部屋に似ている。人生の展望は少しも利かない。

木に()って魚を求む

 意味は簡単で、「手段を誤っていること」だ。

 だが、文中での用法はなかなか反語的で味わい深いというか、理解しづらいところがある。

「この『半肯定論法』は『全否定論法』或は『木に()って魚を求むる論法』よりも信用を(はく)(やす)いかと思います。……

偏頗(へんぱ)

 「かたよること」だ。

 「偏」は「かたよる」だが、「頗」は「(すこぶ)る」とも「(かたよ)る」とも、どちらでも()む。

  •  (漢字ペディア)

 まあ、「すこぶる偏り、(かたよ)ること」で間違いはない。

……『全否定論法』或は『木に縁って魚を求むる論法』は痛快を極めている代りに、時には偏頗(へんぱ)の疑いを招かないとも限りません。

 この難しい「偏頗」なる言葉、「偏頗返済」「偏頗行為」などと言って、債権~債務などにかかわる法律用語である。

陳套(ちんとう)

 「陳」という字は仮名を「い」と送って「(ふる)い」と()み、又同様に「ねる」と送って「()ねる」とも訓む。「(ひね)る」の意ではなく、「()ねる」の意である。従って、「陳腐」というよく見聞きする言葉の意味を言えば、「古くて腐り果てている」という程のことになろうか。

 一方、「(とう)」という字は「外套(がいとう)」「手套(しゅとう)(てぶくろ)」という言葉からもわかるように、覆い、重ねることを言う。こうしたことを踏まえつつ、「常套句」という言葉を味わってみるとわかる通り、「套」という字には、何度も何度も同じように繰り返し重ねるという意味が生じる。そこで、「套」という字そのものにも、何度も同じことを繰り返していて古臭い、という意味を含めるようになった。

 こうした意味・字義から、「陳套語」とは、古くて古臭い、新鮮味もクソもない言葉のことを言う。

……東洋の画家には(いま)(かつ)落款(らくかん)の場所を軽視したるものはない。落款の場所を注意せよなどというのは陳套(ちんとう)()である。それを特筆するムアァを思うと、(そぞろ)に東西の差を感ぜざるを得ない。

雷霆(らいてい)

 「雷」は言わずと知れた「カミナリ」であるが、「(てい)」という字にも同じく雷の意味がある。

……哲学者胡適氏はこの価値の前に多少氏の雷霆の怒りを(やわ)らげる(わけ)には()かないであろうか?

 「雷のような怒り」と書けばよいところをわざわざ「雷霆の怒り」と書くのは、雷よりもなお雷であるところの大きな激しさ、また文学上の誇張・拡張・表現をガッチリと詰めた書き方と思えばよかろうか。

一籌(いっちゅう)()する

 「籌」とは竹でできた算木のことだそうだ。

 「輸」の字の方には、「輸送」という言葉があることから見ても解る通り、「おくる」「はこぶ」という意味があるが、また別に「負ける」「敗れる」の意味があるそうな。

 その心は、(いくさ)などに敗れ、財物をそっくり「もっていかれてしまう」(すなわち輸送されてしまう)というところにある。それで、「輸」という字には「負け」という意味が生じてくる。

 ここで、「一籌を輸する」である。上記を併せて味わうと解るように、「ひとつ、もっていかれてしまう」即ち「一歩負ける」という意味なのである。

 わたしも(また)あらゆる芸術家のように(むし)(うそ)には巧みだった。がいつも彼女には一籌を輸する外はなかった。彼女は実に去年の譃をも五分前の譃のように覚えていた。

恒産(こうさん)恒心(こうしん)

 一定の収入(恒産)のない者は安定した穏やかな心や変わらぬ忠誠心(恒心)を持つことは難しい、という意味で「恒産なくして恒心無し」との故事成語がある。「衣食足りて礼節を知る」と似たような意味であろう。

 (ただ)し、出典の漢籍「孟子」には、「たとえ恒産がなくても恒心を持っているのは立派な人のみであり、一般の人々にこれは無理というものである」というようなことが書かれていて、もう少し複雑な意味のことを言っているようだ。

 恒産(こうさん)のないものに恒心のなかったのは二千年ばかり昔のことである。今日(こんにち)では恒産のあるものは(むし)ろ恒心のないものらしい。

メーテルリンク

 ノーベル文学賞作家。江戸時代~大東亜戦争終戦後くらいまで。

……「知慧と運命」を書いたメーテルリンクも知慧や運命を知らなかった。

新生

 「新生」というのは、ここでは島崎藤村の同題の小説のことを指しているが、芥川龍之介はこれをたった数語で痛烈に批評している。

 「新生」読後

 果たして「新生」はあったであろうか?

 島崎藤村は相当にダメな人物で、よりにもよって自分の姪を妊娠させてフランスへ逃亡し、(あまつさ)えそれを小説「新生」に書いて発表し、自分だけ目立ちまくって名声を得、姪の人生はメチャクチャにしてしまった。

 当時、芥川龍之介はこのことを批判して()まなかった。このあたりのことは、当時の文壇では知れ渡った醜聞(スキャンダル)であったようである。

ストリントベリィ

 スウェーデンの変人小説家。ニーチェの影響を受けていた。

 ストリントベリィの生涯の悲劇は「観覧随意」だった悲劇である。

マインレンデル

 ニーチェがむしろ愛しているふしのある、ドイツの哲学家。

 マインレンデル(すこぶ)る正確に死の魅力(みりょく)を記述している。

スウィツル

 「スウィツル」。これがまた、サッパリわからない。

 或日本人の言葉

 我にスウィツルを与えよ。(しか)らずんば言論の自由を与えよ。

 検索してみると、どうやら「スイッツル」というのは古い「スイス」の呼び方のようではあるのだが、だが、もしそうだとして「私にスイスを下さい。そうでないなら言論の自由を下さい」というふうにこの文を理解しても、その真意や背景がまるで判らないので、意味もサッパリ解らない。

ジュピター

 またしても、サッパリわからない。

 いや、ジュピターは言わずと知れた「木星」、ローマ神話の主神「ユピテル」のことではあるのだが、問題はそれが現れる文脈である。

 希臘人

 復讐(ふくしゅう)の神をジュピターの上に置いた希臘(ギリシャ)人よ。君たちは何も()も知り(つく)していた。

 ローマ神話をさかのぼるギリシャ神話で、復讐神をジュピターの上に置いていたのかどうかがわからない。だから、この一節の言わんとするところが全然わからない。

 ともかく、そんなことで「侏儒の言葉」は全部読み終わった。

 目下、次の著作、三木清の「人生論ノート」を読み進めつつある。半分ほど読んだろうか。