読書

投稿日:

 昨日図書館から借りだした「太平記」の釈本を読み終わる。

 この「太平記」釈本の前書きに、

 『太平記』を初めて読んだ人は、書名と中身との食い違いに驚くことでしょう。「太平」という言葉から、平和を楽しむ人々の姿は想像できても、戦乱を連想することはまずないからです。

……とある。

 思うに、現代の我々も、「軍事」を「安全保障」と言い換え、「軍事研究」を「平和研究」と言い換える。造兵を防衛生産と、歩兵を普通科と、少尉を3尉と、すべて言い換えている。

 畢竟(ひっきょう)、平和は、戦争との対比でしか評価できないような相対的なものでしかない、ということであろうか。名も定かでない作者が、血みどろの戦乱をこれでもかと描き続けて止まない「太平記」を、「太平」の記と題した所以(ゆえん)が、それではなかろうか。


 さて、次の本に移る。同じく昨日借り出した「鼠たちの戦争」上・下巻。映画「スターリングラード」の原作で、実在の狙撃手、ワシーリー・ザイツェフを主人公にした翻訳ものだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください