私心と争鳴と任務と沈黙

投稿日:

 誰も彼もがネットですぐに発言できる時代だ。浅ましいもので、福島の原発の時は誰も彼も核物理学者、コロナウイルスでは猫も杓子も感染症の専門家である。

 Twitterでは検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に潜り込んだ研究者が叩かれている。

 そりゃあ、叩かれもするだろう。そもそもこの船は外国船舶で、本来はイギリスが法的義務と責任を持っている。しかし、何分にも今後が憂慮される事態であるから、日本の当局としては、やむなく緊急の処置をもって何とかしようと努力しているわけである。それを、あの手この手を尽くして潜り込んだわけだから、いろいろ言われるのはやむを得ない。

 岩田教授というこの研究者は、(もっと)もらしく動画で自説を訴えておられるが、当局にも当局の言い分があり、どちらにも(うべな)うべき点がある。

 この教授も変なところがある。「個人の見解だ」などとおっしゃっているが、それなら「私は神戸大学の教授で、感染症の専門家だ」などと肩書をチラつかせる必要などない。

 まあ、やむにやまれぬ使命感で、なんとか世の中の力になりたいと思っておられるのであろうことは理解できるが、それであれば、こんな騒ぎなど起こさなくても、御自分の本分を勤務先で尽くされることで、十分以上に世の為人の為になると思う。

 で、それに提灯を付ける大新聞もあって、まあ、忍び笑いも漏れようというものだ。

 それをまた、「勝手なことをしおって」みたいに、抗議しているのは政治家先生である。これがまた、政治家先生なんてものは人気商売なのに、ネットで(じか)発言なんかするものだから、変な喰い付かれ方をしている。

 誰も彼も、訳知りぶるのも結構だが、ちょっとは私心を滅却して大人(おとな)しく出来ぬものなのか。逆に、沈黙して働き、任務に殉ずることがどれほど尊いか、むしろ浮き彫りになってきているように思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください