扱う銘柄を増やす

投稿日:

 東証の時価総額上位300社と、自分の気に入った銘柄70社あまりを売買シミュレーションにかけてみていたが、ふと気づいてスクリーニングしてみると、私が採用している「過去5年で10回以上の売買実績があり、その勝率が95%以上であるもの」が70社そこいらしかないことがわかった。

 そこで意を決し、東証の時価総額上位1000社の株価データを持ってきて、計算機の性能が激速になったのを生かしてシミュレーション、その中から残ったものを日常シミュレーションにかけることにした。

 昨夜18時51分に株価の取得をはじめて、今13時間あまり。残り2百数十社だ。普段は差分だけをダウンロードする仕組みなのでこんなにはかからないのだが、さすがに初回はものすごく時間がかかる。シミュレーションと違って、株価のダウンロードはデータ提供元である「Yahoo!ファイナンス」の性能に依存しているからである。

 シミュレーションは3時間強ほどで終わるだろうと見積もっている。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください