読書

投稿日:

 引き続き平凡社の60年前の古書、世界教養全集を読んでいる。第22巻の最後、「アルプス登攀記 Scrambles Amongst the Alps」(E・ウィンパー Edward Whymper 著・石一郎訳)を帰りの通勤電車の中で読み終わった。たまの気晴らしで「THライナー」の座席指定券を買い、ゆっくり座って読み終わることができた。

 本書は、ヨーロッパ・アルプスに於けるアルピニズム黎明期の第一人者、ウィンパーその人が記した名著である。

 著者は職業的登山家ではなく、本職は画家であるが、かのマッターホルン初登頂をはじめとして数々の輝かしい登山歴を誇る。厳しい山岳記を想像して読みはじめたらこれが思いの(ほか)、本巻の2書めの「エヴェレストへの長い道」の簡潔な筆致とは異なり、情感豊かに、かつ、3書目の「山と渓谷」の几帳面さ、真面目さとも違い、洒脱で軽妙、面白おかしくアルプスが語られていて、読んでいてとても楽しかった。

 さすがは画家だけあって、本書の挿絵は著者本人の手になるものであるが、人物画などは実に精緻に描かれていて美しい。山の絵もつぼを得ていて、見やすい。

 なお、この第22巻の解説は、一書ごとではなく、巻末に4書まとめてつけられており、その筆はかの「日本百名山」の深田久弥によるものである。

 次は第23巻に進む。第23巻は「シルク・ロード The Silk road」(S.ヘディン Sven Hedin 著・長尾宏也訳)・「ベーリングの大探検 Vitus Berings eventyrlige opdagerfærd」(S.ワクセル Sven Waxell 著・平林広人訳)・「暗黒大陸 Through the Dark Continent」(H.M.スタンレー Henry Morton Stanley 著・宮西豊逸訳)の3書である。

 この巻は「探検の巻」ということになるのだろうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。