シリアルで制御できたら、次は……

投稿日:

 次も、既にやることは決まっている。

 Arduinoをおもむろに手元のLinuxマシンにつなぐ。で、Linuxへ行って、rootになり、

# dmesg
usb 3-2: new full speed USB device using uhci_hcd and address 2
usb 3-2: configuration #1 chosen from 1 choice
usb 3-2: New USB device found, idVendor=2a03, idProduct=0043
usb 3-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=220
usb 3-2: Product: Arduino Uno
usb 3-2: Manufacturer: Arduino Srl
usb 3-2: SerialNumber: 75439333335351303121
cdc_acm 3-2:1.0: ttyACM0: USB ACM device
usbcore: registered new interface driver cdc_acm
drivers/usb/class/cdc-acm.c: v0.25:USB Abstract Control Model driver for USB modems and ISDN adapters

……となってればオッケーだ。

 で、

# ls -Fla /dev/ttyACM0
crw-rw---- 1 root uucp 166, 0 2015-05-01 11:50 /dev/ttyACM0

 よっしゃ、あるある。

 スピードなどはsttyで確かめると良い。

# stty -F /dev/ttyACM0
speed 9600 baud; line = 0;
-brkint -imaxbel

 オッケー。

 で、Linuxのコマンドラインから、旗を上げ下げする。

# cat /dev/ttyACM0 &
# echo '1' >/dev/ttyACM0

 おう、旗が上がる。

# echo '0' >/dev/ttyACM0

 ふふっ、旗が下がる。

 ……で、ここまで来たら、もうやりたいことはできたも同然w。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください