軍事的プレゼンスと場違い老人のオナニー

投稿日:

 日本のプレゼンスを高めるのに、以前はカネを払っておけばよかった。

 誰かが「カネ払いのコモディティ化」と言った。そんな言い方が正しいのかどうかは知らないが、日本がカネを出すのは当たり前になってしまった。その実、存外に我々国民は必死で払っていたりするのだが、諸外国はそんなことには目もくれず、人を出せ血を流せなぞと要求してくるようになってしまった。実際にはそんなことを言った国はほとんどないらしいが、我々がそう受け取ってしまったのは手痛い。

 カネは払わにゃならんわ、人は死なせなくちゃならんわ、踏んだり蹴ったりである。これは、友邦だけならまだしも、敵国までが逆説的にそれを要求しているのだから、もはやワケがわからない。

 平和協力・国際活動・国際貢献等と色々に言い換えているのだが、結局、「軍事力の行使」のことなんだから、あきれてしまう。「軍事」を「安全保障」と言い替えるのと同じいかがわしさである。

 むしろ、海外の事情をよく知る人のほうが、冷厳に「日本にもっと軍事的プレゼンスを発揮してほしい」などと思っていたりするから、かえって始末が悪い。

 世の中の国々にはさまざまな発展段階があって、10年遅れたり100年遅れたり、色々だ。日本のように空前絶後の、究極の、突拍子もない無茶な憲法を持つに至った国というのは世界史においてこれまでに皆無で、その点、日本はアメリカをすら差し置いて二、三百年ほどぶっちぎりの進歩を遂げていると言える。

 が、一人だけ進歩したって、通用しないのである。童貞の若者の集団に、しょぼくれてはいるがその実なかなか甲に苔むした百戦錬磨の老人が紛れ込んで、「僕はね、もう、セックスは卒業したんだ。あんなくだらないことはしなくても、なにも困らないよ。君たちもそうしたまえ」とすすめるようなもので、そりゃまあ、日本はこの新年で建国2675年を誇る古豪の爺い国ではあるが、回りは性欲全開まっさかりのお子様国ばかりなんだから、同じというわけにはいかんだろう。しかもその爺いは実のところ老いてなお枯れきってはおらず、日々隠れて自慰行為に励んでいるなどとあっては、なにをかいわんやである。

「いや、あの憲法は自分達で考えたことではないのだから、日本人の先進性を誇るのには使えないだろう」と言う人は言うだろうが、これをしも外側から来るイベントへの受動的な追従だと言うなら、ならば、いさぎよく滅却すべくあらく、だがそれをしないのはやはり「あの憲法は自分のものだ」と我々日本人のそれぞれが内心考えているからにほかならぬ。

 老人の自慰が恥ずかしいと思うなら、だったらとっととやめればよい。だが、自慰は恥ずかしいことだろうか。誰でもやっていることだ。表立って正々堂々と「僕はオナニーをしています」などと大声で言うようなことではないのは当然だが、特段恥じ入ることでもないのである。ならばそのまま、恥ずかしく情けなく、「私は枯れ切ってしまい、セックスは卒業しました」と表向きには言っておきながらそのまま自慰行為を続けるというあさましい余生を送ってはどうか。しかも、「あの爺ぃは毎日2度くらい自慰をしているらしいぜ」と近所じゅうにうすうす知れ渡っていて、しかもその知れ渡っていることを爺さんもそのまま都合よく利用し、他の恥を隠してしかもなお詮索から身を守る弾除けにしているわけである。

 ああ、これは私が、夢想すらした「世界初の老巧国家」ではないか!やった!すばらしい!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください