2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 (375a)

投稿日:

 昨日、ふとモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 (375a)」のことが話に出た。華やかで明るく、モーツァルトらしさのあふれた名曲だ。

 久しぶりに聴いてみたくなり、かけてみる。有名な演奏のCDは持っていないが、あまり芸術性のない演奏なら、今は著作権切れのクラシックはいくらでもMIDIやmp3が転がっている。手持ちにもこんなのがある。

 何年か前、たしか漫画やドラマ、映画でもよくかかったので、知っている人は多い。曲名を聴いてわからなくても、聴けば「あ、アレな」と多くの人が知っている。

 私の次女がお世話になっているピアノの先生に聞いたことだが、連弾と言うのは「男女のひそやかな楽しみの演出」でもあったそうな。いわく、キリスト教の戒律厳しい当時のヨーロッパであってみれば、無論男女の間の敷居と言うのは低くはなく、建前上恋愛と言うのは奥ゆかしくひそやかなものであった。

 しかしモーツァルトのごときはその天性の破天荒、面白がりな性格もこれあり、1台ピアノで二人で演奏すると、ことさら手が交差したり体が触れたりせざるを得ないような連弾曲を作り、弟子の男女連弾ペアにこれを演奏させては、二人の手や体が触れて頬を赤らめたりするのを面白がったそうである。

 さて、この「2台ピアノ……」に関しては、更になにやら少し人間らしい滑稽談がある。モーツァルトは女弟子のためにこの曲を書き、連弾をしたものの、実はこの女弟子がブスだったので内心嫌いだったという。それかあろうか、2台ピアノにして向かい合わせで離れて座り、女弟子とくっつかずに済むようにしたそうな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください