一杯

投稿日:

 まだ昼めしの前だが、一杯。

 肴は、昨日の帰り、九段・増辰海苔店で買った九州産の「金曜焼きたて」。

そろそろ一杯

投稿日:

image 増辰の焼き海苔で一杯。

久しぶりに

投稿日:

image 増辰の海苔で一杯。

久しぶりに

投稿日:

 珍しく増辰海苔店が開いてる間に仕事が上がったので、大急ぎで立ち寄り、気に入りのをもとめる。増辰海苔店は九段・一口坂にある海苔専門店で、とてもおいしい。

image 海苔を買ったら呼び出しがあって一旦職場に戻り、それからスタインウェイ弾き逃げしにヨドバシへ 。しかし混んでいて先客がおり、4階の丸福でアイスコーヒーを一杯。

春夜

投稿日:

 降りつのっていた雨がからりと晴れ上がると、うたた高気圧性の風に吹かれて既に桜は散りはじめている。

 市ヶ谷見附の交差点で外濠の水面をながめていると、つい足が靖国通りへ向く。

 靖国通りの桜が散る下、金曜の夜を夜桜で楽しもうというつとめ人の男女が、罪のない笑顔を浮かべて和やかにそぞろ歩いていく。

 私もふと千鳥ヶ淵の夜の花筏に心惹かれぬでもなかったのだが、去年の大鳥居から手前の喧騒が思いやられ、増辰海苔店で好物の海苔を需めて引き返す。

 五日の月がするどい筈の尖りをおぼろに鈍らせてひょいと浮かんでいる。春夜は花の匂いの底に麝香のような淫靡な香りをしのばせている。