Webでサービスできるカメラ

投稿日:

 一昨日遊んだカメラ。今日はこれにETHERNET SHIELD 2を取り付けて遊んでみる。

  •  間欠的に写真を撮り続ける。
  •  SDに保存する。
  •  ウェブアクセスがあると、一覧でサービスする。

 まあ、これくらいで。サムネイル画像などハデに出したい気もするが、Arduinoはメモリも小さく、そんなに気の利いたウェブサービスはできない。

 プロトタイピングシールドのブレッドボードに組み付ける。

IMG_3136

 まず、スケッチはこんなところだろう。

//
//  camera2Web.ino
//    27.07.20(月) 0850~
//    佐藤俊夫
//    Adafruit製小型TTLシリアルJPEGカメラ+ETHERNET SHIELD 2で
//    間欠撮影をし、Webでダウンロードできるようにする。
//
#include <Adafruit_VC0706.h>
#include <SPI.h>
#include <SD.h>
#include <SoftwareSerial.h>
#include <Ethernet2.h>

#define CHIPSELECT 4

SoftwareSerial CAMCONNECTION(2, 3);
Adafruit_VC0706 CAM = Adafruit_VC0706(&CAMCONNECTION);
const unsigned long int INTERVAL = 30L * 1000L;
byte MAC[] = {  0x90, 0xA2, 0xDA, 0x0F, 0xF6, 0x74 };
IPAddress IP(192, 168, 1, 129);
EthernetServer SERVER(80);
EthernetClient CLIENT;

void setup() {
  pinMode(10, OUTPUT);
  if(!SD.begin(CHIPSELECT)) return;
  if(!CAM.begin()) return;
  CAM.setImageSize(VC0706_320x240);
  Ethernet.begin(MAC, IP);
  SERVER.begin();
  delay(1000);
}

void loop() {
  static unsigned long int prevtime = 0;
  char c;
  String rstr = "";
  //  INTERVALおきに写真を撮る
  if(millis() >= prevtime + INTERVAL){
    prevtime = millis();
    takePicture();
  }
  //  Webサーバ
  CLIENT = SERVER.available();
  if(CLIENT) {
    while(CLIENT.connected()) {
      if(CLIENT.available()) {
        c = CLIENT.read();
        rstr += c;
        if(rstr.endsWith("\r\n")){
          break;
        }
      }
    }
    if(rstr.indexOf("IMG") >= 0){
      String filename = "DCIM/";
      char cfilename[17];
      filename.concat(rstr.substring(rstr.indexOf("IMG"), rstr.indexOf("JPG") + 3));
      filename.toCharArray(cfilename, 17);
      CLIENT.println("HTTP/1.1 200 OK");
      CLIENT.println("Content-Type: image/jpg");
      CLIENT.println("Connection: close");
      CLIENT.println();
      File img = SD.open(cfilename);
      while(img.available()){
        CLIENT.write(img.read());
      }
      img.close();
    }else{
      sendform();
    }
    rstr = "";
    delay(1);
    // close the connection:
    CLIENT.stop();
  }
  delay(20);
}

void sendform(){
  //  フォームを送る。
  CLIENT.println("HTTP/1.1 200 OK");
  CLIENT.println("Content-Type: text/html");
  CLIENT.println("Connection: close");
  CLIENT.println();
  CLIENT.println("<!DOCTYPE HTML>");
  CLIENT.println("<html><head></head><body><center>");
  File dcim = SD.open("/DCIM");
  while(true) {
    File imgfile =  dcim.openNextFile();
    if(!imgfile){
      dcim.rewindDirectory();
      break;
    }
    CLIENT.write("<a href=\"");
    CLIENT.write(imgfile.name());
    CLIENT.write("\">");    
    CLIENT.write(imgfile.name());
    CLIENT.println("</a><br>");
    imgfile.close();    
  }
  dcim.close();
  CLIENT.println("</center></body></html>");
}

void takePicture(){
  static unsigned int pnum = 0;
  char filename[] = "DCIM/img0000.jpg";
  CAM.takePicture();
  filename[8]  = '0' + pnum / 1000;
  filename[9]  = '0' + (pnum / 100) % 10;
  filename[10] = '0' + (pnum /  10) % 10;
  filename[11] = '0' + pnum % 10;
  pnum ++;
  if(pnum > 9999) pnum = 0;
  if(SD.exists(filename)) return;
  File imgFile = SD.open(filename, FILE_WRITE);
  uint16_t jpglen = CAM.frameLength();
  pinMode(8, OUTPUT);
  while (jpglen > 0) {
    uint8_t *buffer;
    uint8_t bytesToRead = min(32, jpglen);
    buffer = CAM.readPicture(bytesToRead);
    imgFile.write(buffer, bytesToRead);
    jpglen -= bytesToRead;
  }
  imgFile.close();
}

  で、電源をつないで放置しておくと、写真が撮れるわけだ。既存のファイル名を避けるような芸コマなことはしてないけど、これはこれでけっこう面白い。

 いつもの100円ショップのアクリル枠にねじ止めする。このカメラは上下が逆に映るので、こうすると丁度カメラが逆さまになって具合が良い。

IMG_3138

 それで、以前にWIZnetで紹介されて愉快だったアレのリベンジをやってみよう。携帯用のカメラホルダーに取り付け、ベランダに出して放置。

IMG_3139

WIZnetでまた紹介され、嬉しい

投稿日:

 このところ凝っているArduinoでの遊び、そんなにお金もかからないし、何より楽しい。

 先日、私が作ったデジタルカメラのシャッターをネット経由で切る工夫が韓国「WIZnet」のサイトで紹介され、とても嬉しかった

 この「WIZnet」というところは私が買った「ETHERNET SHIELD 2」に搭載されているW5500というコントローラのメーカーなのだ。それで、私のブログにコメントをつけてくれ、サイトで紹介してくれたのであった。

 先日、安物の扇風機にWebインターフェイスを実装し、温度で制御する、という試みをやり、楽しかったので、「こんどはこんなのが出来ました~」とWIZnetのサイトに報告したら、それも紹介してあげましょう、と返事があって、このとおり紹介された。

 私の元の記事では「ウェブ扇風機」というダサい名前だったが、こういうふうに「Web controller for smart Fan」と書いてもらうと、なんだかカッコイイじゃないの(笑)。

 いやあ、Arduinoって、楽しいなあw。

おお、ビシビシ

投稿日:

 うほほ、なんだかわからないが、韓国WIZnetにビシビシ紹介されている。嬉しいぞ。

韓国「WIZnet」にて

投稿日:

 先週カメラのシャッターをイーサネット経由で切るのを作ったり、それをバラして雲の写真を撮ったりして面白おかしく遊んでいたら、WIZnetという韓国のメーカーに見つけられ、「よかったらサイト上で紹介しますよ。あと、最新のWiFiシールドとかも案内しますよ」というような感じのコメントがつき、「いやあ、拙いので恥ずかしいんですけど、ともかくご紹介はご自由にどうぞ」みたいな返事をしたら、WIZnetのサイト上で紹介されたでござるの巻。

Shutter control using ethernet shield 2 | WIZnet Museum
http://wiznetmuseum.com/portfolio-items/shutter-control-using-ethernet-shield-2/

 なんか、当ブログ、「オッサンとバイエル、ピアノ等」、ピアノの記事がどんどんどんどん少なくなっている気がするが、まあ、いいや(笑)。

 私は右翼だが、韓国人や韓国と手を結び、仲良くすべきだと思っている変な右翼なので、韓国企業に紹介されたことは、まことに嬉しいことである。

 変な諍いは政治家が勝手にやっているので、そういうのはソッチに任せ、コッチは韓国ドラマをみたり韓国料理を食ったりSAMSUNGの携帯でネットをやったり韓国製チップの採用されたイーサネットシールドを使って面白おかしくやればいいのである。ソレはそれ、コレはこれ。はっはっは。