赤外線LEDをもっとビカビカ光らせる

投稿日:

 さて、前回のこのエントリでは、赤外線LEDでリモコンを作る基礎が整ったが、50mA定格のLEDに5mAしか流していないので、いまいち光り方に根性がなく、電気製品の受光部にかなり近づけないと厳しい。

 そこで、どっぷり50mA近くまで電流を流し、赤外線LEDをして「ご主人様もうお腹いっぱいゲフォア」と言わしめたい。

 運よく、以前にソレノイドを動かした時のFET「2SK2232」がある。

 50mA近く流すには

R=\cfrac{5V}{50mA}=100\Omega

……ということで、100Ωかましてやればいいが、ちょうど100Ωの抵抗は持っていない。で、330Ωがあるから、これを3本並列にして

\cfrac{1}{\cfrac{1}{330\Omega}\times 3}=110\Omega

 110Ωに5V流せば

\cfrac{5V}{110\Omega}\fallingdotseq 45mA

……というわけで、じゃぶじゃぶ流せる。2SK2232のドレイン電流は25Aなので、余裕でオッケーである。

IMG_3133 と、いうわけで、回路図とブレッドボードはこうなる。

 スケッチは前回と同じでいい。

 動かしてデジカメのモニタで観察すると、もう、ビカビカにLEDが光る光るッ!。そんなに受光部に近づけなくても、ばりばり扇風機のスイッチがオンオフできるようになった。

「赤外線LEDをもっとビカビカ光らせる」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください