コロナとノロはだいぶ違う

投稿日:

 私は衛生の専門家ではないが、先だって、最新流行の武漢(ウーハン)コロナウイルスも、予防には単純明快な石鹸による洗浄が有効であることを記した。科学的知見によるものであって、迷信や(びゅう)見の類ではない。

 石鹸による洗浄は、「外被(エンベローブ)を持つウィルス」によく効く対策である。エンベローブ型と呼ばれるウィルスの場合、その外被(エンベローブ)は脂でできており、この外被は界面活性剤、すなわち石鹸や、溶媒、つまりアルコールによって簡単に溶解し、ウィルス内部を露出せしめて殺すからである。

 一方、もともとこのエンベローブを持たないウイルスもある。これは石鹸やアルコールを浴びても死なない。なんとなればそもそも壊されるべき構造を持っていないからであり、厄介である。このウイルスには次亜塩素酸が効くが、家庭にあるものだと、次亜塩素酸を含有するのは漂白剤や哺乳瓶の消毒薬などしかない。

 この「非エンベローブ型ウイルス」の代表は、ノロウイルスである。

 毎年、今の時季になると牡蠣の生食などからこのウイルスの感染症に(かか)る人が増える。

 目下、世間はコロナウイルスに血眼になっているが、その裏で、ノロウイルスによる腹下しが例年の如く蔓延することは疑いもない。しかも、ノロウイルスの方は石鹸やアルコールも効かないから厄介極まる。

 逆に言えば、である。石鹸で死滅するコロナウイルス如き、恐るるに足らぬと言えないか。

 新聞・テレビはさながらこの世の終わり到来とでも言わぬばかりに不安を煽り立てるニュースを垂れ流しているが、これなど風説や煽動に類する。そんなニュースに過度に左右されるのはよろしくない。

 妄動を自制し、風説に左右されず、落ち着き払って暮らすことが肝心と思う。来日している善良な中国人を排斥(はいせき)するなど、近隣の友好国民として言語道断である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください