読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、平凡社の世界教養全集を読んでいる。

 第15巻、「空想から科学へ(F.エンゲルス著、宮川実訳)/共産党宣言(K.マルクス・F.エンゲルス著、宮川実訳)/職業としての政治(M.ヴェーバー著、清水幾太郎・清水礼子訳)/矛盾論(毛沢東著、竹内好訳)/第二貧乏物語(川上肇著)」のうち、最初の「空想から科学へ(F.エンゲルス Friedrich Engels 著、宮川実訳)」を読み終わった。

 邦題こそ「空想から科学へ」と付けられてはいるものの、原題は「Die Entwicklung Des Sozialismus Von Der Utopie Zur Wissenschaft 社会主義の空想から科学への発展」であり、言わずと知れた共産主義本である。

 「科学」としてあるが、私には科学と言うよりも「哲学」に沿って社会主義を論じているように感じられた。

気になった箇所
平凡社世界教養全集第15巻「空想から科学へ」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。p.30及びp.37より

しかしなんという多額な費用のかかったことであろう! だから、イギリスのブルジョアはまえから平民を宗教的雰囲気にしっかりしばりつけておくことの必要を確信していたのであるが、今では、これらすべての経験のあとでは、どんなに痛切に、この必要を感じないではいられなかったことか! 大陸のなかまたちの嘲笑をすこしも意に介することなく、下層民に対する福音伝道のために彼らは毎年幾千幾万の金を投じつづけたのである。自国内の宗教機関だけで満足しないで、彼らはさらに、当時、営業としての宗教の最大の組織者であったブラザー・ジョナサ((9))に訴えた。

(9) アメリカ合衆国を人称化した言葉(イギリスを「ジョン・ブル」というのと同じ)。このあだ名はその後「サムおじさん」に変わった。
p.77より

社会的生産の無政府性が消滅するにつれて、国家の政治的権力もまた眠りこむ。ついに自分自身の独自の社会化の主人になった人間は、それによって、同時に自然の主人に、彼ら自身の主人になる――すなわち自由になる。

 こういう世界解放の事業を成し遂げることが、近代プロレタリアートの歴史的使命である。この事業の歴史的諸条件をそれとともにその本性そのものを、究明し、そうすることによって、行動の使命をおびた今日の被抑圧階級に、彼ら自身の行動の諸条件と本性とを意識させること、これがプロレタリア運動の理論的表現である科学的社会主義の任務である。

p.80、訳者宮川実による解説より

エンゲルスがこれを書いた時から、今年はちょうど八十年めにあたる。その間に、科学的社会主義の理論は実現されて、今日では世界の人口の三分の一、十億人以上の人々が、すでに資本主義をたおして社会主義か人民民主主義(社会主義にいたる過渡期)の社会に住んでいる。しかも、社会主義世界体制の資本主義世界体制に対する優位は、科学においても、経済においても、政治においても、誰の目にもはっきりするようになっている。

 ……。い、いや……。それは、ないワ~(笑)。まあ、この解説が書かれたのはソ連崩壊より30年も前のことで、結果としてではあるけれども、さ。

言葉
ヘーファイストゥスの(くさび)

 人間に火を与えたプロメテウスがどこから火を手に入れたかと言うと、造兵の神ヘーファイストゥスの炉からであるという。

下線太字とルビは佐藤俊夫による。以下の<blockquote>タグ同じ。p.67より

相対的過剰人口または産業予備軍を絶えず資本蓄積の範囲と精力とに均衡させる法則は、ヘーファイストゥスの楔がプロメティウスを岩に釘づけにしたよりももっとかたく労働者を資本に釘づけにする。

 次は引き続き第15巻から「共産党宣言 Historisch-kritische Gesamtausgabe. Im Auftrage des Marx-Engels-Lenin-Instituts Moskau herausgegeben von V. Adoratskij. Erste abteilung Band 6. Marx-Engels-Verlag, Berlin, 1932.」(K.マルクス Karl Marx ・F.エンゲルス Friedrich Engels 著、宮川実訳)を読む。「空想から科学へ」と同じ訳者、宮川実による翻訳だ。宮川実は戦前、治安維持法違反で臭い物相飯(モッソウめし)を喰らったマル経学者である。

「読書」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください