トルコ行進曲(連弾用 田中雅明編曲) その2.0

投稿日:

 今日はいよいよ本番、次女のピアノ発表会であった。連弾で出る私は、ワキ役とは言え、初めての舞台である。近所に住む義兄夫妻までが見に来てくれた。

 出演する人たちは、四十過ぎの私は別格として、上は高校2年生から、下は幼稚園の年中組の子まで、男女取り混ぜて幅広い。

 次女は小さいせいか、緊張というものを知らない。ソロのプログラムの3人目にショスタコービッチのワルツとケーラーの「バースディマーチ」という曲を続けてサラリと弾いた。バースディマーチは一箇所間違えてしまい、惜しかった。だが、我が子のことで身内びいきながら、ショスタコービッチのワルツはなかなかしみじみとした出来ばえで、上手に弾けていたと思う。

 休憩を挟んでプログラムは連弾に移る。いよいよ私たち父娘の出番だ。今日の出演者の中で、家族で連弾をするのは私たちだけだ。

 出だしで少々呼吸が合わなかったが、次女が合わせてくれた。弾き始めたとたん、細かなことは全部頭からすっ飛んでしまい、ただただ弾くのに夢中になってしまった。ミスタッチはするわ強弱はヒドいわ。はじめはそれほど緊張しなかったのに、なぜか途中から指が震えるような緊張を覚えた。

 それでもなんとかかんとか弾き終えた。ヘタでも、とてもうれしい満足感があった。次女もだいたい満足したようで、うれしい顔をしている。義兄夫妻から花を貰った。四十過ぎたオッサンに花があるとは思いがけないことで、うれしかった。

 何人かの人に誉められたりして、お世辞とわかっていてもうれしいものだ。ピアノを演奏することの醍醐味はこのへんのところにあるのだろう。

 状況さえ許せば、来年もまたやってみたいものだ。

「トルコ行進曲(連弾用 田中雅明編曲) その2.0」への4件のフィードバック

  1. 発表会の成功おめでとうございまーす♪
    ボクには完璧に聴こえまーす。^^
    たしかにお子さんのほうが緊張してないように見えますねー、フフフ。
    しかしトルコ行進曲ってこういう曲だったんですね。通して聞いたのは何年ぶりだろう・・・
    あれですね、家族で共同で何かをやるってことは、実はけっこうとても非常に!大切なことかもしれませんね。
    禁煙のせいか頭がうまく回らなくて、いい言い方ができませんが、ええ、動画を見たり文章を読んでそう感じました。
    それではまたー。

  2. >zodiさん
     ようこそおいでくださいました。
     禁煙に突入されたご様子を見て、ついコメントを入れましたのですが、取り上げていただいてお恥ずかしいといいますか、いやもう、ありがとうございます。
     やはり、この、オッサン流のミョーチクリンな見栄というか、うすっぺらいダンディズム(爆)、このあたりへのムズガユイ刺激があると、ついつい猛進してしまいますね、私の場合。禁煙もそうですし、免許や資格の勉強もそんなところがありました。
     つたないピアノ、おほめにあずかり、うれしいです。私は四十の年にピアノに親しみ始め、やっと2年を過ぎました。
     現代のオヤジなんてものは、仕事をしていればなお、家に帰っても夜が遅く、子供と対話することなどほとんどできないものです。たまに対話しても、子供は言葉をあまり持っていません。
     その点、大人も子供も同じに聞こえる「音楽」で対話できたのは、楽しく貴重な経験でした。一緒に練習すると、次女の気持ちが私にはよくわかりました。
     ともあれ、禁煙のご成功を祈ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください