友よ、静かに(ねむ)

投稿日:

 表題作のテーマ曲が聴きたくなり、DVDも持っているのだが、なんとなくYoutubeであさると出てきた。

 封切当時北方謙三作品にハマっていて、いくつも読んでいたので、この映画もシビれながら見たものだったが、当時はまだ10代だったから、このロケ地があの「辺野古」だとは知らずに見ていた。また仮に辺野古だと知ったとしても、当時は何も思うことができなかったろう。


 原作は沖縄ではなく、北陸かどこかの寂れた温泉地が舞台なのだが、監督の崔洋一が強い思い入れで辺野古にしたのだと言う。

 さておき、この原作を読んだのが確か19歳ぐらいの頃で、その頃大藪晴彦の作品などもいくつかは読んでいたが、ハヤカワ・ミステリのハメットとかチャンドラーにどわ~っと耽溺するようになったんだった。

Straight No Chaser

投稿日:

 デイリーポータルZ見てゲラゲラ笑ってたら、こんなのがあって面白かった。

 まあ、大の男が揃ってようやるわ、という感じである。面白い。


 しかし、カルピスの濃さについては、昔々にもネタがある。

 下戸の探偵が北方謙三のハードボイルド小説の主人公へのあこがれから、バーではなくて喫茶店にカルピスをボトルキープしており、それをストレートやオンザロックでぐいっと呷って気分を出す、というパロディ・ハードボイルドの名作を私も思い出した。

 アレ、火浦功だったっけ、いしかわじゅんだったっけ、ドッチのだったっけ、と懐かしい。

 セロニアス・モンクの鬱病気味の晩年も、バーボンじゃなくってカルピスの「Straight No Chaser」だったらと思うとなんだか笑ってしまう。