Pomp and Circumstance

投稿日:

 昨日、エルガーの Pomp and Circumstance (威風堂々)の演奏を無性に見たくなり、YouTubeで動画をたくさん集めて、得意の「そればっかりの再生リスト」を作った。

 Pomp and Circumstance の動画を YouTube で集めようとすると必ずひっかかってくるのが BBC の「Proms」の動画である。

 かの国では夏が終わると「プロムス」とて、老若男女が王立アルバート・ホールに集まってクラシックを楽しむ習慣らしいが、その最終日のクライマックスにかかってくると、イギリスの第2国歌――戦前の日本でいえば「海ゆかば」というところだろう――とも言えるこの Pomp and Circumstance を演奏し、「Land of Hope and Glory」(希望と栄光の国)の歌詞を皆で大合唱するのである。

 集まった人々は手に手にユニオン・ジャックの大きなのを翩翻(へんぽん)(なび)かせて打ち振り、例の有名な「ドー、シドレーラーソー……」というトリオのところは、皆大きな声で


Land of Hope and Glory,
Mother of the Free,

……と歌うのである。

 このトリオの直前の、演奏が少し調子を下げて静かになるところでは、決まって誰かが赤ん坊の泣き声のような、「ぷ~……」という間抜けな音を立てて失笑をかうというのが毎年恒例のお約束らしく、オーケストラが真剣な顔でトリオのところに入ろうとするその時にこの音が入り、指揮者が「やれやれ……」というような身振りで肩をすくめて見せ、皆で笑うのだ。

 さておき、盛り上がりのところの歌詞なんざ、この高潮っぷりである。


God, who made thee mighty,
Make thee mightier yet

 翩翻(へんぽん)と英国旗がはためく中、ちらほらと他国の旗も混じるのだが、これは「友好国の旗も交える」習慣らしい。その中にチラッと一つか二つ、日の丸も交じっているのだ。YouTubeには毎年の Proms の動画が揃っているが、どの年の動画にも日の丸がある。これを寛容する英王室の鷹揚さたるや。

 心底、愛国歌を一般の人たちが心ゆくまで歌って楽しんでいるということ、老いも若きも男も女も子供も手に手にユニオンジャックを打ち振ってニコニコしていることがうらやましい。日本では君が代を歌ったり国旗を打ち振ったりするのは、私のような右翼とか変人とかヘンコのおっさんだけである。自分の国を好きな人が蔑まれるというこの日本の屈折っぷりが悔しく、神の恩寵をすら歌詞に乗せて晴れ晴れ堂々としている英国がうらやましい。日本の公式の場で天神地祇を(まつ)るようなことを言ったりしたら、左翼連中も朝日新聞も黙っちゃいないだろう。ヤッコさんたち、神の礼賛など悪しき戦前への逆行主義だと決めつけるに決まっている。


時事漫覧

投稿日:
そりゃまあ、今時(いまどき)煙草(たばこ)()みなんざ、感度の低い証拠だよ

 ま、私なんざ、1日100本のヘヴィ・スモーカーだったのを、20年ほど前、即日キッパリと()めたがね。

 エラそうに上から目線で言わせてもらえば、ま、止めた方がいいよ、煙草なんざ。

 しかし、煙草(たばこ)()みに「煙草なんか止めた方がいいよ」なんぞと(すす)めるのは、下策である。そんなことを勧めても、意地になって余計に吸うだけだ。今の時勢に煙草を吸っているような奴は一種の病気にかかっているからこそ吸い続けているのであり、周囲の言葉如きではどんなことがあっても絶対に止めることはない。だから、愛のない無関心、憫笑(びんしょう)を含んだ放置プレイ、(あわれ)みによる寛容をもって、全くの知らんふりをしておいてやるのが良い。

 もっといいのは、

「もっと吸え、どんどん吸え、俺は気にはならん、吸いたいだけ腹いっぱい吸え、肛門(ケツメド)から煙が出るまで吸え。副流煙?さあ、知らんな。お前の女房子供もいいって言ってンだろ?お前の家族の体のことまで俺は知らんよ」

……と言ってやることだ。煙草服みにこんなことを言うとさすがに怒り出すだろうが、やがてしんどくなってきて自分で()めるか、さにあらずんば家族や周囲に迷惑をかけて死ぬかだ。

 当節流行「電子煙草」これに同じ。

 ただ、他人だからこう言うだけだ。自分の家族だと、また違った対応だろう。煙草服みの亭主を持った身重の妻は煙草を止めなければ離婚だと言いもするだろうし、身重で煙草服みの妻を持った亭主はやはり煙草を止めろと妻に懇願するだろう。それはケース・バイ・ケースである。

 完全に煙草をやめ、自由になったヘヴィ・スモーカーは、煙草服みを上記のように見ているんだということを知るとよい。

言ってるそばから、いたんだ、こんな奴(笑)

 あ~あ~、「今年のエイプリル・フールは、洒落(シャレ)になんないジョークはやめておこうね」って、世界中で言ってんのに、感度の低いニィチャンだなあ。

酒か消毒か

 ははァ、これはなかなか理に(かな)っている。

 水や果汁、ソーダで割って飲んでもよいし、消毒に使ってもよいわけである。消毒用のアルコールは時として毒性のあるメタノールが混じっていたり、あるいは消毒性能を高めるための添加剤が入っていたりするから飲用は不可であるが、逆に飲用のアルコールは消毒にも使えるわけである。

コリンファーズ

 このオッサン、ホンマにオモロい。

戦時て、こりゃ、強烈じゃな
英国、皇太子だけでなく総理大臣もか
ついにここまで来た

 現政権には何かと批判があるが、私は男・安倍晋三、不退転の決意で頑張れ!!……と励ましたい。

 ゴチャゴチャ文句だけ言う奴ァ、できるもんならお前が内閣総理大臣を安倍晋三の代わりにやってみろ、と言いたい。どうせ、できはせん。

 政府の動きが遅いなどと言う向きもあるようだが、それなら、なぜ先日までの国会・衆参両予算委員会で、「森友」だの「桜を見る会」だの、あんな噴飯物の議題を蒸し返したんかね。その時、野党は新コロや国民の健康に関する質問を徹底的にすべきじゃなかったんかね。あんな馬鹿な審議で時間を潰していたからこんなことになったのと違うんかい。

この時勢に、アホだの~……

 まあ、研修医と言うから、20代の若い人たちなんだろうけれども、なんというか、想像するに「俺らは大丈夫」「私たちは関係ない」みたいな、根拠のない確信みたいなのがあったんだろうねえ。

米国人など子供同然

 ハハ、笑った。

 米国人も、嘘つきというよりは、嘘つきに近い軽率者、粗忽(そこつ)者が多いんだろうなあ。よく言えば大ざっぱで人が好いが、悪く言えば国民が成熟しておらず、幼稚である。

 日本人が40歳の大人だとすれば、米国人など8歳くらいの男子程度だろう。

 ……やった、言ってやった。ザマを見ろい。

緊急事態宣言

 まあ、そりゃそうだろ。以てよしとすべし。

サテ、イギリスはどうすんのかな?

投稿日:

 ほほ~……。

 ……いつものことなのか、相当特別なことなのかはよく知らない。

 スペインも、まあ、「お約束処分」というか、去る9月1日に一人だけだが外交官を追い出している。

 そういえば、北朝鮮と国交を持たない日本とは違い、確か、イギリスなどは北朝鮮と普通に国交を持っていたと思うのだが、どうするのかな。北朝鮮駐箚(ちゅうさつ)大英帝国大使は、去る1日に引き上げたようだが……。

 イギリスは老獪国だから、軍の情報部のソースとして、北朝鮮外交部を握って離さないかもしれないな。アメリカなんか怖くない、と(うそぶ)くことのできる数少ない国でもあるしな。……いや、嘯くことができるだけであって、実際は怖がってるんだけどさ。