年越し蕎麦

投稿日:

 年越し蕎麦。旨い。

さ、さすが大米核爆弾帝国

投稿日:

 「年忘れネット渉猟漫歩大会」を楽しんでいたところ、ふとこんなものを見つけた。

 これは「ギルバートのウラン238原子力研究所」というもので、子供向けの玩具だそうである。昭和25年(1950)にアメリカで発売された。

 ……ぶったまげた。

 夜光塗料が放射性物質で光るどころの騒ぎではない。マジモンのシャレにならない含ウラン放射性物質が付属し、ガイガーカウンターや霧箱で核実験を楽しむことができるという、恐るべき玩具である。左のような小冊子が付属し、さながら「ボクにもワタシにもわかりやすい原子力、怖がらなくってもとっても楽しいよ!」とでも言いたげな(おもむき)である。

 無論こんなものは、いかな大米核爆弾帝国と言えども、子供が被曝するのは恐ろしかったものと見え、たった2年で発売中止となったそうな。

 しっかし、広島・長崎の大虐殺後、わずか5年でこんなものを、しかも「子供向け玩具」として発売するのだから、大米核爆弾帝国の頭スッカラカンの馬鹿さ加減、またそこから来る不気味な恐ろしさたるや、現在の北朝鮮の比ではない。

去年今年(こぞことし)

投稿日:
稠密(ちゅうみつ)のなにものか()去年今年(こぞことし)   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

年用意(としようい)

投稿日:

 朝から掃除、就中(なかんづく)車洗い、車内の掃除、それから駐車場の掃除。

 終わって、新しい徳利を買いに行く。この前2合入りの徳利の首を割ってしまったからだ。徳利がないと正月の酒が飲めない。趣味の良い酒器も良いが、ここは質実剛健に蛇の目の奴を買うことにする。食器棚に蛇の目ばっかり並んでいるのはいかにも酒呑みめいていて品がないが、やや「通」じみた感じもするから、まあ、いいかというわけである。

 築地の道具屋あたりへ買いに行くのもいいが、北千住の東急ハンズにも売っているから、そこへ行き、蛇の目の猪口の、3勺入り、1合入りをそれぞれひとつ、それから1合の徳利を2本、2合の徳利と3合の徳利を1本づつ。合計3千円ちょっと。

 ガソリンスタンドへ灯油を買いに行く。40リットル、3154円。高くなったなあ。

 朝から曇天、やがて雪がちらついた。曇りにもかかわらず風花(かざばな)のような(おもむき)も何やら少しありつつ随分冷えたが、やがて(みぞれ)のようになって濡れ、そういう興趣は消えて重い冬の昼になった。だがそれもわずかな間で、先ほど灯油を買いに行ったら晴れて陽が差した。車の右側からの西日が熱く感じたほどだった。大晦日に初雪とは面白い。否、こういう時期の雪は「しまい雪」とでも言うのか、どうなのか。

 ぼちぼち、居間に落ち着き、買って来た3合の大徳利と1合の蛇の目で、品もへったくれもなく一杯。