株式売買シミュレーションシステム

投稿日:

 十何年動かしてきた標記システム。

 先日、古いサーバを見限って、セキュリティの堅いデスクトップマシン上の仮想マシンに「Fedora 31」を導入し、その上に移設したところだ。

 さすがはCerelonの32ビットから「Devil’s Canyon」ことCore i7-4790Kへの移設だけあって、性能には目を見張るものがある。

 前記した通り、前はマシンの性能上の限界から、自分が着目した49個の銘柄を分析の対象としていた。

 ところがどうだ。目を見張るようなスピードでカッ飛ぶようになったこのシステム、東証1部上場の時価総額上位銘柄から300社を持ってきて、自分が気になる銘柄71社を合わせた371社合わせてシミュレーションしても、1時間余りで終わってしまう。前のマシンでは20時頃からスタートさせて、23時~24時頃までかかってしまっていたのだ。

 これはもう、大幅に手を広げて、株式の売買に励むよりほかない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください