ピアノを注文してきた

投稿日:

 先日、勤続25年の褒美に、JCBの商品券を4万円貰った私である。

 この4万円と、爪に灯を点して貯めた貯金箱の中の12万なにがしとを合わせれば、ローランドのスタイリッシュ型の上級品、「FP-7」に純正スタンドをつけて、なんとか手が届くか届かないかほどの額である。

 最初は一ランク初級品の「FP-4」を目標にしていて、そっちならもう今の手持ち金額で難なく手に入るのだが、JCBの商品券を貰える事がわかった時点で、目標を延伸したのだ。

 近所に「OPA」というファッションビルがあり、その中に島村楽器が入っている。そこに「ローランドフォレスタ」というローランドのピアノブースがあって、以前、そこのキレイなお姉さんが熱心にローランドのピアノを説明してくれたものだ。それからというもの半年、そこに行っては説明を聞くばかりでいっこうに購入しない私を、お姉さんはそれでも馴染み客のように扱って、行くたびに歓迎してくれるのであった。そこにはもう一人熱心なお兄さんがいて、よくセールスしてくれる。お姉さんとお兄さんが熱心だから、よっしゃ、ひとつここで買い物してやろうかい、という気にもなる。

 JCBの商品券と貯金箱を睨んでいてふと思い出したのであるが、確か、そこを何度めかに訪れた折、そのお兄さんがOPAのポイントカードのうまい使い方を教えてくれた。いわく、OPAのポイントカードにはサービスデーがあって、その日に買い物をするとポイントが5倍つく。一方、ピアノは高い買い物だ、かなりのポイントがつくから、そのポイントだけで純正スタンドぐらいは買える。そのポイントは即日は使えないが、翌日には使えるようになるから、それをうまく使えば、本体の代金くらいでスタンドも手に入りますよ、というのだ。

 それを思い出したから、よし、それなら、というわけで、今日は昼からその「南越谷OPA」へ行ってきた。ポイントカードを申し込んで、島村楽器の「ローランドフォレスタ」へ行く。島村楽器の店員さんの「手付金を8千円払ってくれれば、しかるべくお取り計らい致しましょう」との案内にしたがい、8千円払って念願のFP-7を注文してきた。再来週の11月14日に残額を払いに行く。

 いよいよ、自分のピアノが手に入る。嬉しいぞ。ピアノを買えば、昼飯にもうちょっと栄養のあるものが食えるのもかなり嬉しい。

 だが、買い物を済ませてしまえば、ピアノブースのキレイなお姉さんには会えなくなるので、なんだか残念だ(笑)。