ARuFa氏は偉いッ

投稿日:

● ARuFa氏のブログ

 これはもう、私淑せざるを得ない。

国旗降下

投稿日:

勤労感謝の日 祝日も夕暮れ。国旗を降下する。♪パッパラパッパッパ~っ、と来たもんだ。私ですか?ええ、車に乗ったらウィンカーは右にしか出しませんし、右折しかしませんし、右利きですし、愛車は右ハンドルですし、廊下は右側通行ですよ、ええ、ええ。

勉強になりました

投稿日:

 べ、勉強になりましたっ、小池先生。ガン無視しろ、ってんじゃなく、ちょっぴり覚えとけ、ってのが。

【新発明】祝日の楽しみ方【長女考案】

投稿日:

PHM15_0908

長女  「ねえお父さん、面白いことしていると時間があっという間に経っちゃうじゃない?」

ワシ  「ぬぅ、そうだのう」

長女  「で、宿題とか勉強とか、イヤなことしてると、いつまでたっても時間がたたないじゃない?」

ワシ  「今さらだが、長女よ、すんごく普通のことを言っているぞお前」

長女  「ちがうわよ、最後まで聞いてよ。今日みたいな連休だと、できるだけ休日が長く続いた方が、お得感があるでしょう?」

ワシ  「うむ」

長女  「そうするとさ、できるだけイヤなことをして過ごした方が、休日が長く楽しめるのよ、受験勉強とか宿題とかお父さんに説教されるとか」

ワシ  「おおおっ!!よ、よくぞそれを発見したな長女よ!お前はエラいッ!!」

次女  「……。何このふたり。嫌なことが一日中続くってだけじゃない。アタマおかしいんじゃないの」

停年が近い

投稿日:

PHM01_0115 この前の誕生日で、いよいよ停年まで5年を切ってしまった。

 今は「定年」と書くのが正しいわけだが、かつては標記のように「停年」と書いたもので、いつ頃からだったか、この字面ではあんまりにも寂寥感が漂っていていけない、というような批判があって、「停年」から「定年」に書き換わったのである。「子供」が「子ども」になったようなものか。

 なんにせよ、悠々自適と言うわけにはいかないので、働き口を探さねばならぬ。

 私はいくつかIT系の資格を持っているが、それはもともと、なんとか就職に有利になればという考えもあって取ったものだ。日本ITストラテジスト協会というところに加入しているのも、無論、自学研鑽、IT業界の人たちから刺激を得て自分の仕事の質を向上させたい、という純然たる動機が主ではあるが、それにあわせて、就職情報でも得られれば、という考えが少しあった。モロに誰かに雇ってもらうとか、そこまでは考えないにしても、なにか働き口を探すきっかけやヒントでも人々の話から得られれば、という気持ちである。

 ところが、なんだか最近、迷いが出てきたのだ。IT業界の人々と付き合いを深め、話を聞いたりしているうち、「俺、ホントにITやりたかったのかしらん」と、自問するようになってしまったのである。

 このところ、ArduinoやRaspberry Piをいじっているのも、「一つ、迷いを見極めるために原点に戻ってみよう」と思ったからである。私のコンピュータの原点はNECのTK-80など、ワンボード・マイコンにある。ワンボード・マイコンやハードウェアに回帰すれば、なにかつかめるかも知れないと思ったのである。

 やってみると、やはり、ワンボードは面白い。

 こうやって子供の遊びみたいなことをしながら、よくよく考えてみると、ITと言うより、なにか、「工場で働きたい」ような気がしてきた。

 それで、妻に「なあ、おい、俺、定年になったら工場で働きたいんだが」と言ったら、妻は「ええーっ、ダメだわよ工場なんて」という。

「なんでだ?」

「だって、気の荒い、変な人がいて、イジメられちゃうわよ、『コラ爺ぃ』とか言って」

「……。ぬぅ、それもそうだのう」

「お父さん、銀行のフロア係とかやりなよ、いいよ、アレ」

妻は昔、銀行員だったので、フロア係はいい仕事だ、よく知っている、というのである。

「けどお前、銀行にだって、変な客がいて、エラそうに文句言われたりするのと違うか?」

「そりゃ、たまには来るけど、そんなには来ないのよ。適当に右から左へ案内しとけばいいんだから」

「ははあ、しかし、ワシには向かんなあ。フロア係って、人相手なんだもの。ワシは本来は狷介(けんかい)な性格で、人嫌いなんだぞ」

「人は見かけによらないって言うけど、それもそうねえ。社交的によく喋るように見えて、実はお父さん、社会不適合の変なオッサンだもんねえ」

「……自覚していても、あえてそう言われると、なんかムッと来るな……。工場は工場でも、食品工場なら、変なDQN(ドキュソ)はそんなにいないんじゃないか?」

「あー、ダメね、お父さん、鼻が悪くってくしゃみばっかりしてるから、食品に唾や痰が入って、クビになるわよ。どうすんのよ、娘ふたり、学校に行かせなくっちゃいけないし」

「うーむ。ワシ自身が中卒のオッサンだっちゅうのに、自分の子は大学出さにゃならんってのも、世の中不公平じゃのう」

「中卒中卒て、お父さん夜間大学行ってたんでしょ。ホンモノの純粋の中卒の人に失礼だわよ」

「……そ、それもそうだのう。とはいえ、夜間大学ってったって、4年通って中退しちまったがな」

 あの頃は忙しかった。自分の成人式の日だって、仕事してたんだもんなあ、俺。(遠い目)

 しかし、考えなければならないのはここだ。今の仕事だって、本当に腹の底から芯からやりたいと思って選んだのかと言うと、必ずしもそうではない。いや、やってみたい仕事ではあったが、それにも増して、当時家庭が裕福でなかったから選んだ、という理由も大きかった。IMG_3628

 だが、これからは違うぞ。これからの俺には選ぶ自由がある。人に左右されず、やりたい仕事を自由に選んで働いてよいのだ。やったー!そう考えると嬉しいぞ。自由だー!フリーダム!

 いずれにしても、言えることは、こーんな、休日に鼻栓つっこんでフザけているようでは、雇ってくれるところも雇うのをやめてしまうであろうということである。

ピアノの稽古

投稿日:

IMG_3628 どうも鼻が悪く、鼻水が出るので、鼻栓をしてショパンを弾くのであった。一つ覚えで、ノクターンに、雨だれ、イ長調のプレリュード。

勤労感謝の日

投稿日:

勤労感謝の日天皇陛下万歳。

 勤労感謝の日である。曇っているが、国旗を掲揚してある。

 本日勤労感謝の日も、もとは「新嘗(にいなめ)祭」と言って、皇室に関連の深い祝日であった。

ダメだ、

投稿日:

PHM23_0346

 ダメだ、もう、腹筋どころじゃねえ、ひいいい(笑)

マイナンバーの案内が来たので

投稿日:

 マイナンバーの案内が来たので、それに従い、とっとと自撮りで写真を撮って、妻ともども申請してしまう。

 こういうのは、使うことで「社会のデバッグ」になるもんな。虫出し、虫出し。