応用曲「エリーゼのために für Elise」その0.14

投稿日:

 月曜日から今日木曜日まで、職場泊まりの仕事がやっと終わった。帰ってきてさっそく「エリーゼのために」を弾く。

 たった3日ほどもピアノに触れないだけで、練度があっという間に低下している。

 だが、たった3日といえど日にちを空けて弾くピアノは楽しい。妻も子供たちもいるし、家に帰って来てよかったなあと思う。

 とてものことに今日は録音しておくような成果は得られず。

 次女は7月のPTNAのコンペティションに向けて、バイエル98番とカバレフスキーの「小さな歌」を練習している。今日はピアノの先生に褒められたといって喜んでいる。わが子ながら、弾くとなかなかしみじみした出来栄えなのだが、どうも練習不熱心で妻に怒られている。困ったものだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください