玩具(オモチャ)をふりかざす

投稿日:

 また変な男がとっつかまっている。

 「(あお)り運転」というのは今丁度世間で大きく取沙汰されている要素だ。まったく迷惑極まる。これを機会にこの如き迷惑者が少しでも減ればよいと思う。

 一方、このニュースにはもう一つ、面白い要素がある。「エアガン」だ。

 エアガン、と言っても、狩猟などに使う空気銃ではない。玩具(オモチャ)のピストルだ。

 モデルガンやエアガンというのは、日本独特のものだ。

 日本では銃器の所持は原則禁止であり、狩猟などの生業や射撃競技などに限り限定的に許可される。それも猟銃の場合薬室含めて4連発までとされるなど、構造に厳格な制限がある。銃猟のためのライフル銃の許可は更に厳しく、散弾銃等で10年の無事故を継続しなければ許可されない。機関銃等の全自動銃は全部禁止、拳銃も全部禁止で、これらを所持できるのは警察や自衛隊、厚生省の麻薬取締官などの公務員と、オリンピックに出場する射撃選手など、許可を受けた僅かな人のみである。公務員でも、自動拳銃は自衛隊しか使っておらず、警察官の拳銃は基本的にリボルバーが使われる。

 そのため、単に拳銃が好きだという者は、アメリカやハワイ、グアム、韓国、中国などへ旅行して射撃場へ行くか、その金がなければ、モデルガンやエアガンを購入して気を紛らせるわけである。

 エアガンは本物の拳銃に似せてあるが、まるで何の役にも立たぬ代物で、BB弾等と呼ばれるプラスチックの球が出るが、だからどうしたという程の意味しかないものである。勿論、これで撃たれれば痛いし、眼になど当たれば失明の危険もある。物を傷つけることも可能だが、しかし所詮は玩具(オモチャ)である。眺めても大人の賞翫に堪えるものではないし、発射してもヘナチョコなプラスチックの粒が飛び出るだけで、当たっても眼になどさえ当たらなければ「イテッ!!」ぐらいの効果しかない。

 不惑(40歳)も過ぎたような大の大人が、そんな「オモチャのピストル」を自動車の窓から突き出して撃ち、振り回して怒り(たけ)る、という構図は、あまりにもシュールすぎて、それはギャグか何かなのでしょうかと問わざるを得ない。なんというか、可愛すぎて、小学校3年生くらいの男の子かと思えてしまうが、そんな風に思うのは、実際の小学校3年生に失礼というものではあろう。

 要するに、「オモチャのピストルを振り回して逮捕された40男・佐藤竜彦」

 お前のお父さんお母さん、親戚一同は泣いておるぞ(笑)。


注: この文章には、趣味でエアガンを集めたり、サバイバルゲームなどを楽しんでいる方々を馬鹿にするような意図は毛頭もありません。正当・遵法に物事を楽しんでいるのは、結構なことだと思います。

猟銃等講習(初心者)受講

投稿日:

img_4940 去る11月2日(水)に申し込んでおいた「猟銃等講習(初心者)」を受講しに、見沼グリーンセンターまで行ってきた。

 今日は天気がよくなく、どんよりと曇っていたが、グリーンセンターは広々とした芝生広場で、いかにも長閑(のどか)であった。

 さて、猟銃等を所持するためには多くの申請・許可が必要だが、その第一歩、まず初めにしなければならないことが、この「猟銃等講習(初心者)」の受講である。

img_4900 警察のホームページなどで開催日時・場所を調べ、管轄の警察署を通じて受講申し込みをする。申し込み時に6800円の受講料が必要であり、また越谷市警察署の場合は担当官から簡単な面接がある。申し込みが受理されると受付票と写真の「猟銃等取扱読本」という150ページほどのテキストが交付される。

 このテキストをよく読み、講習会の日を迎える。私の場合、それが今日であった。講習は今日、丸一日行われた。

 見沼グリーンセンターの最寄り駅はJRの「土呂(とろ)」か、東武アーバンパークラインの「大和田」のどちらかだ。土呂駅からは数分だが、大和田駅からは15分ばかりかかる。その代わり、大和田駅までは運賃が安い。貧乏人の私としては迷わず大和田から歩くに決まっている。

img_4945 会場についてみると、受講者は思っていたより大勢おり、60名以上はいるようだ。

 驚いたのは、制服姿の、どこかの高校生の集団が受講者の3分の1ほどを占めていたことだ。学校の射撃部の子たちらしい。

img_4943 講習会は、まず、銃刀法、火取法、鳥獣保護法、銃の取り扱いの基礎についての講義、DVDの視聴などが行われる。次いでテストがあり、このテストをパスしないといけない。

 午前中は法律、特に銃刀法である。テキストを見ながらしっかり聞いた。

 休み時間、私はたまたま席が前の方だったので、教官に話しかけられた。

「何をおやりになるつもりですか?標的射撃?」

「はい、『クレー射撃』というものを一度やってみたいと思っていまして」と私。

「なんだ、そうですか」と、教官が残念そうな顔をする。

「は?」

「狩猟はしないんですか、狩猟をやってくださいよ」

これは異なことをおっしゃるな、と思ったが、聞けば、狩猟をする人たちが高齢化し、有害鳥獣が増加して困っているのだという。

「年寄りは体力がなくなって、もう山を歩いたりできませんからねえ」

 なるほど、去年・今年、山で熊による獣害が相次いでいたことを思い出した。山菜取りに入った老女が熊に食害されたことなど、誠にいたましい事件だった。このブログにもそれに関係することを少し書いたものだ。

 若者は血や内臓を見るのを嫌うし、ハンターは高齢化するし、……そういうことが要因としてあるのか、と、ちょっと納得がいった。

 ああいう獣害が起こると、兎角(とかく)、進歩的な知識人がテレビで「こういうのは、人間が自然を侵し、鳥獣の領域に入っていったから起こっているのですよ」などと言うものだが、現場で肌身をもって鳥獣に向き合っている人たちに言わせると、全く逆で、「鳥獣の領域に入っていく人が減っているから、獣害が目立つようになっているのです」となるのである。

 私は今のところ狩猟をする気はないのだが、非常に考えさせられたことだった。ちなみに、銃猟をするためには、銃の所持許可に加えて、「狩猟免許」、就中「第一種銃猟免許」が必要である。下掲のサイトに詳しい。

 昼食をはさんで、午後も講義は続く。午前中と午後の半分は警察官が教官をつとめる講義だったが、午後の後半は猟友会の人が教官となり、模擬銃や各種寸法の模擬弾を示しながらの講義である。

 この猟友会の人は年配の方で、実地の経験をもとにした様々な知識を沢山開陳して下さった。珍しい知識が多く、面白い講義だった。「今はもう猟期ですので、今日のこの役目がなければ、いつもなら私は山に入っているんですが……」と冗談めかして言っていた。

 さて、それが終わると、講習会の最後に50問・1時間のテストがある。90%(45問正解)で合格となり、その場で資格認定される。

 試験終了後、受験番号順に有無を言わさずどんどん名前を呼ばれ、公印入りの認定証が交付される。

 このため、落ちた人は自分だけ名前が呼ばれず、自分の席の後ろの人が先に呼ばれて認定証を貰いに行くことになる。これはなかなか残酷で、名前が呼ばれなかった人はバツの悪そうな、まことに残念そうな顔で後ろの人をチラッと見、すごすごと帰っていく。

 私はというと48問正解で、特段危なげもなく合格した。

 面白いことに、人数の1/3ほどを占めていた高校生の多くが「クッソ、ヤッベ」「あーっ、俺落ちたーッ」「あたしもー」(女の子が意外に多い)などと、韜晦(とうかい)もあってか、実に屈託なく、明るく「落っこちた表明」をしていたことだ。どうも、だいぶ落っこちた子が多いらしい。あとで射撃部の顧問の先生にドヤされることだろう。

 試験官によると、今日は71名申込、実参加63名、うち45名合格、合格率は71%だったという。

 私は、合格はしたものの、2問間違ったところがどこか知りたくて、試験官にたずねてみた。しかし、「点数は教えられるが、間違ったところを教えると、出題を開示することになり、今後の講習会に差し支えるので、残念ながら教えられない」とのことであった。私が聞いたすぐあとで、不合格だったらしい女の子が「間違えたところ教えてください」と残念そうな表情で試験官に食い下がっていたが、是非もない。

%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bf%ae%e4%ba%86%e8%a8%bc%e6%98%8e%e6%9b%b8%e7%8c%9f%e9%8a%83%e7%ad%89%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e8%ac%9b%e7%bf%92%e3%83%a2%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%af%e5%85%a5%e3%82%8a ともかく、「講習修了証明書」が交付された。左の写真の通りだ。

 銃の所持は敷居が高く、これで終わりではない。次に、「教習資格認定申請」というものを3年以内に行わなければならない。この申請には警察の身辺調査や、精神科医の診断書、また、家族に精神病者がいない、と言った、相当厳密な手続きがある。それが終わると、「教習射撃」と言って、実際に射撃をするが、ここで的に当たらなかったりすると不合格になる。その後、更にさまざまな申請や認定が続く。

 ま、調べながら、ゆっくりと進めていくつもりだ。

猟銃等講習(初心者)申込手数料(埼玉県証紙) 6,800円
講習会場への電車賃 360円×往復=720円
合計 7,520円

 これまでに使ったお金は右の通り。

猟銃等講習(初心者)申込

投稿日:

 意を決し、前々からやってみたいと思っていたことをやってみることにした。

 私物の銃を持ちたい。クレー射撃をやってみたい。これである。

 日本は基本、銃を持てない国だが、特定の目的や用途に限って限定的な許可が出る。狩猟を生業にしている者や、もっぱら競技のために使用するような場合だ。

 この許可を得るためにまずすることは、「猟銃等講習(初心者講習)」というものを受けることだ。それには、埼玉県に住む私の場合、地元の警察署の生活安全課に、指定の申請書を整えて提出する。写真が必要である。その際、手数料6800円を埼玉県収入証紙で納付する。

 埼玉県警のホームページの説明を読むと、

「事前に電話予約のうえ、管轄の警察署に必要書類と手数料納付書(証紙貼付)を郵送してください。」

……と書いてあるのだが、ホームページ記載の「保安課」に電話すると、

「管轄の警察署に電話して、そこの説明を聞いてください」

……と言われる。

 また、写真の大きさに注意が必要だ。「申込書のダウンロードページ」のほうには「大きさ縦36mm×横24mm」と書いてあり、「猟銃等講習会開催のお知らせ(初心者講習)」のほうには「縦の長さ3.0センチ横の長さ2.4センチ」と書いてある。大きさが違う。しかも、このどちらもが、申請書の枠の大きさには合わない。電話で確かめると「3センチ×2.4センチで結構です」と言われた。

 で、私の場合は埼玉県越谷市在住であるから、越谷警察署の生活安全課に電話すると、「揃えた申込書類一式を持参してください」と言われる。

私  「郵送ではだめなんですか?」
係官 「面接がありますので、警察署まで来ていただかなければなりません」

……とのことである。

 手数料の納付は収入証紙で行うが、収入証紙は収入印紙とは違うから、注意しなければならない。証紙は払込証明書みたいなもの、印紙は税である。収入証紙は警察署や役所で買える。

 越谷警察署へ行く。収入証紙は本庁舎の隣の免許事務庁舎で買える。6800円分購入し、3階の生活安全課へ行く。受付カウンターで「電話で猟銃等講習会の問い合わせを致しました、佐藤です」と言うと、担当官が対応してくれる。

 納付書に収入証紙を貼り付け、用意してきた届出書と共に提出する。そうすると、その場で担当官から面接が行われる。質問事項は、届出書の記載事項、住所、生年月日、本籍地などに相違がないか、犯罪歴がないか、銃の許可が取り消しになったことはないか、精神病歴がないか、暴力団に所属していないか、禁治産者等になっていないか、などといった、まあ、普通の人には縁がないようなことの有無をテキパキと聞かれて終わりである。

img_4900 手続きが終わると、

「猟銃等取扱読本 猟銃等を所持しようとする方のために」(一般社団法人 全日本指定射撃場協会)

という150ページほどのテキストと、講習後行われるテストの模擬問題、それから初心者講習の受付票と受講番号が渡される。

 ここまで、1時間もかからない。

 埼玉県警のホームページでは、「電話予約、郵便で申し込み、その際テキストを返送するから返信用切手を貼り付けた封筒を同封する」という意味のことが書かれているが、越谷警察署ではそうではない。実際は上述のように出頭申請、その場でテキストと受講番号交付であるから注意が必要だ。

 さておき、これで、テキストを読みつつ講習を待つことになる。講習は(きた)る11月27日(日)に、見沼グリーンセンターで行われる。