読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、平凡社の世界教養全集を読んでいる。第12巻、「美の本体(岸田劉生)/芸術に関する101章(アラン)/ロダンの言葉(A.ロダン)/ゴッホの手紙(V.ゴッホ)/回想のセザンヌ(E.ベルナール)/ベートーヴェンの生涯(ロマン・ロラン)」のうち、「美の本体」(岸田劉生著)を読み終わった。

 岸田劉生といえば、なんと言っても娘を描いた連作「麗子像」が有名である。「麗子像」には43点もの作品があるが、そのうちでも国立博物館蔵の重要文化財「麗子微笑」を知らぬ人はないだろう。

 本書の解説はその娘の岸田麗子氏が書いている。解説の最後に「一九六二・四・一二」(昭和37年)と日付があるのだが、岸田麗子氏はそのたった3か月後の昭和37年(1962)7月26日に急逝している。

気になった箇所
平凡社世界教養全集第12巻「美の本体」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。
p.14より

 ここに美術家の人類の使徒としての自覚がある。美術家は直接この世界の邪悪と戦ったり、善をすすめたり、真理を説いたりする仕事に(たずさ)わらない。

p.14より

 画家がいくら仕事したって、この世は善くならないかもしれない。しかし画家が一つの仕事をでもすれば、この世はそれだけ美しくなる。「この世が美しくなったって善くならなければしようがない」というものがあれば、その人のいう善というものの貧しきを(あわれ)む。

p.48より

人生や芸術には「事実」以上のことがある。人生の目的にとって、「本当」のことか否か、これが大切である。すなわち、「事実」と「真実」の相違である。「事実」はいたるところにある。否すべてのことは皆事実で、ある人が(くさめ)を一つしてもそれは「事実」の一つである。しかし、「真実」はそうやたらにはない。しかしすべての事実の中にも秘されてあるともいえる。否、もっと確かにいえば「真実」は、真実を持つ人の心の(うち)にひそんでいるといえる。トルストイが死刑囚の首が落ちるのを見て、「これは悪いことだ」と心の底からいったのは、、事実の中に動かせない「真実」を見たのである。その場にいた他の多くの見物人は、ただ首の落ちる事実を見たに過ぎない。

 人生にとっても芸術にとっても大切なのはこの「真実」である。美術における自然はこの「事実」に相当する。そして「真実」はすなわち美である。

p.70より

 今日の画家の審美はあまりに自然的、またはありのままということに囚われている。これはそれ以上のものを見ることができないのが原因である。

 次は同じ巻の「芸術に関する一〇一章 Préliminaires à l’esthétique 」(アラン Alain 著・斎藤正二訳)である。アランはフランスの哲学者で、本名をエミール=オーギュスト・シャルティエ Émile-Auguste Chartier という。パスカルやロシュフコーに連なる、いわゆる「モラリスト」哲学者である。

読書

投稿日:

 約60年前の古書、平凡社の「世界教養全集 第5巻」を読んでいる。

 収録著作の一つ目、「幸福論」(アラン著、白井健三郎訳)を読み終わった。

 著者のアランは本名エミール・オーギュスト・シャルティエ Emile Auguste Chartier といい、フランスの哲学者である。

 この「幸福論」は「世界三大幸福論」に数えられるのだという。

 全編を通じて、「体と心、行動と幸福は表裏一体」という点で一貫していて、上機嫌で幸福そうにすれば、それは自分にも周囲にも幸福を伝播させる、だから上機嫌でいるべきだ、というふうに説いている。

気に入った箇所
平凡社世界教養全集第5巻(昭和36年(1961))より引用。以下、他の<blockquote>タグ同じ。
p.51より

 だれでも求めるものはえられる。若い者はこの点を思いちがいして、棚からぼた(もち)の落ちるのを待っている。ところが、ぼた餅は落ちてこない。そして、欲しいものはすべて山と同じようなもので、わたしたちを待っており、逃げて行きはしない。だがそれゆえ、よじ登らなければならない。わたしの見たところ、しっかりした足どりで出発した野心家たちはみな目的にたどり着いている。しかもわたしが思ったより早く着いている。

p.68より

 男が建設すべきもの、破壊すべきものがなくなるときは、たいへん不幸である。女たち、と言ってもつくろいものをしたり、赤ん坊の世話をしたりして忙しい女たちのことだが、なぜ男たちがキャフェに行ったり、トランプ遊びをしたりするか、たぶんけっして理解できないだろう。自分と暮らし、自分について考え込むことは、なんの役にもたたない。

 ゲーテのみごとな『ヴィルヘルム・マイスター』のなかに、「あきらめ会」というのがあって、その会員たちはけっして未来のことも過去のことも考えてはならないことになっている。この規則は、守られさえすれば、たいへんいい規則である。しかし、守られるためには、手や目を忙しく働かしていなければならない。知覚し、行動すること、これが真の療法である。その反対に、指をひねくってぶらぶらしていれば、やがて不安や悔恨に落ちこむにちがいない。思考というものは、必ずしも健全とは言えない一種の遊戯である。ふつうは、堂々巡りして先へ進まない。偉大なジャン・ジャック(フランス十八世紀の自由思想家ジャン・ジャック・ルソーのこと)が、「考え込む人間は堕落した動物である」と書いたのは、このためである。

p.72より

 戦争には、たしかに賭けに似たところがある。戦争を起こすのは倦怠である。その証拠は、一番好戦的なのは、仕事や心配事も一番少ない人間であるのが常であるということにある。こういう原因をよく承知していれば、大言壮語にそう心を動かされることはないだろう。金持で、暇のある人間が次のようなことを言うと、ひどく強そうに見える。「おれにとっては暮らしはらくだ。おれがこんなに危険に身をさらし、こういう恐ろしい危険を心から求めるのは、そこになにかやむにやまれぬ理由か、避けがたい必然性を見るからにほかならない」と。だがそうではない。かれは退屈している人間にすぎない。もしかれが朝から晩まで働いていたら、こんなに退屈しないだろう。それゆえ、富の不平等な分配には、なによりもまず、栄養のいい多くの人間を退屈させるという不つごうがある。そのため、かれらは退屈からのがれるために、自分を夢中にさせるような心配や怒りを、わざわざ自分にあたえるようになるのだ。そして、こういうぜいたくな感情は、貧乏人にとっての最大の重税なのだ。