便々(もやもや)もあらず

投稿日:

 自分が詠んだ俳句のことをくどくどと解説するのは、誰が言ったのだったか、「女形が楽屋で()(ズネ)をあらわすようなもの、()めるに不如(しかず)」という感じもしてどうかと思いはするのですが、それでも少し解説しておかなければ、と思うことがあります。

 8年前に書いた「月は忌むべきものではない」という記事の中で、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

佐藤俊夫

と一句詠んであります。8年前にその場で「小望月」の例句として詠んだものです。

 随分独りよがりな句で、まるっきり他人の鑑賞を拒絶しているというか、人様の理解を求めておりません。そのことを恥ずかしいと思っています。自分で読んでみても、「これじゃ意味が分かんないよな」と思います。

 ですが、私としては当時、大真面目に吟じ出した句なのです。

 なんでこんな句を詠んだのかを8年後の今、ここにメモしておこうと思います。

 私は当時、「日本書紀」を味わって読書しており、その世界に酔っておりました。

 岩波の「日本書紀」第2巻「景行天皇記」のp.62に次のようなところがあります。

「日本書紀(二)」(岩波文庫)p.470(p.62の訓み下し文の原文)より

四年春二月甲寅朔甲子、天皇幸美濃。左右奏言之「茲國有佳人曰弟媛、容姿端正、八坂入彥皇子之女也。」天皇、欲得爲妃、幸弟媛之家。弟媛、聞乘輿車駕、則隱竹林。於是天皇、權令弟媛至而居于泳宮之泳宮、此云區玖利能彌揶、鯉魚浮池、朝夕臨視而戲遊。時弟媛、欲見其鯉魚遊而密來臨池、天皇則留而通之。爰弟媛以爲、夫婦之道古今達則也、然於吾而不便、則請天皇曰「妾、性不欲交接之道、今不勝皇命之威、暫納帷幕之中、然意所不快、亦形姿穢陋、久之不堪陪於掖庭。唯有妾姉、名曰八坂入媛、容姿麗美、志亦貞潔。宜納後宮。」

 上を現代語訳しますと、大略、次のようになります。

上記「日本書紀」から佐藤俊夫が現代語訳した。

 景行天皇が即位して4年、2月11日のこと、天皇は美濃に行幸された。周囲の家来たちが「この地方には美女がおります。妹娘で、美しいそうです。陛下の親戚のヤサカノイリビコの皇子の娘だそうです」と言った。天皇はぜひその美女を妃にしたいと思い、彼女の家を訪ねた。しかし、娘は天皇一行の乗り物がおいでになったと聞いて驚き、竹林に逃げ隠れてしまった。天皇は思案して、娘を誘い出そうとククリノ宮と言うところに腰を落ち着けた。庭の池に鯉を飼って、朝夕、その鯉を見て楽しんで見せた。妹娘はその珍しい鯉を見たくなり、こっそり池のそばまで来て眺めた。天皇は妹娘を呼び留め、結局わがものにした。妹娘は次のように考えた。男女と言うものは、今も昔も、夫が妻のところへ「通い婚」をするものと決まっている。それなのに、私の身の上に起こったことなんて、これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない。そこで妹娘は天皇にこう申し上げた。「私には、エッチなことやセックスなどは、思いもよらないことでした。今、陛下の力強さに負けてしまい、おそばに召されましたが、私としては不本意です。それに、私は自分が醜い女だと思っています。長い間陛下のおそばで仕えるのに向いていると思えません。ただ、私には姉がいます。名前はヤサカノイリビメといいます。美人ですし、心も美しい人です。どうか姉を妃にしてください。」

(原文中では弟媛(オトヒメ)とありますが、岩波の注によればこれは一般名詞で、「誰かの妹」という意味であり、人名ではないとのこと。そこで、現代語訳では「妹娘」と記してみました。)

 上の現代語訳で、「これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない」としたところは、原文の白文では「然於吾而不便」、これを書記の()み方で訓み(くだ)せば、「(しか)るを(あれ)にして不便(もやもやあら)ず」となります。これを、上の私の現代語訳よりも、もっと逐語的に訳せば、「それなのに、私など不便なこととすら言えないくらいだ」ということになるでしょうか。

 「もやもやあらず」を「話にもなりゃあしない」と訳したのは、それが私の原文の理解の仕方だということです。

 当時、私には、この弟媛の身も世もないような恥ずかしがり方や気持ちが実にいじらしく思え、それやこれやを含めた「話にならない」という表現がこの「もやもやあらず」に込められていると理解しました。

 で、拙吟、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

……となったわけです。

 おわかりいただけますでしょうか。……って、ワカランですよね、これじゃ。ひとりよがり決定版、……ってヤツですね。

秋分の日

投稿日:

天皇陛下万歳

秋分の日 祝日「秋分の日」である。自宅の軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 (かしこ)し、皇室におかれては「秋季皇霊祭」、また我々庶民にとっては秋彼岸の(ちゅう)(にち)で、いずれも先祖の霊を敬う日である。

 考えてみれば、あらゆる人には何万年前、何十万年も前の、文字もない時代の先祖がいる。欧州、アジア、アメリカ、アフリカ、その他あらゆる地方の人に親があり、先祖がある。

 まことにもったいなく、ありがたいことだ。自分が今いることが、どれほどの天文学的確率をかいくぐった偶然であるか、思い見ると茫然となってしまう。

 それを、先祖への感謝としたい。