靴の踵に金物を打ち付ける

投稿日:

 今通勤などに毎日履いている靴は、ホーキンスの「AL IT5 PLAIN5 HB80150」というスクエア・プレーン・トゥのシンプルなモデルだ。安いが天然皮革で磨くとよく光り、気に入っている。靴底は特殊な素材でできており、雨の日でも滑りにくい。

 しかし、滑りにくいのはいいのだが、それと引き換えに柔らかく、踵がよく減る。

 靴本体は頑丈でなんともないので、踵の摩耗のためだけに靴を替えるのはもったいないなあ、と思っていた。

 前から踵に金属プレートをはめられないかな、と考えていたが、どうしたらいいのかわからないでいた。

 だが、ふと思い立ってAmazonで探すと、踵に打ち付ける金属プレートが売られていることがわかった。

 それと一緒に、斜めに減り上がってしまった踵に肉を盛る樹脂も一緒に買った。

 樹脂に付属のプラスチックプレートを靴の踵に貼り付け、説明書の通り、たっぷりと樹脂を盛る。丸一日で樹脂は固化するから、カッターナイフややすりを使って形を整え、金属プレートを付属の釘で打ち付ける。

 これで踵の減る心配がなくなった。

 出来上がった靴を履いて歩くと金属音がカツカツとして、面白い。

「靴の踵に金物を打ち付ける」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。