時事漫(すい)

投稿日:
筋金入り

 右のようなニュースがあり、ほう、さすが、と驚いた。

 御年99歳とある。これは間違いなく第2次世界大戦の生き残りの老兵だなと思い、検索してみるとまさしくその通りであった。

 2等兵からの叩き上げ帝国陸軍大尉(Imperial Army Captain)、印・緬方面で日本軍相手に死闘し、復員している。筋金入りの大尉だ。そりゃあ、根性が違う、根性が。

関東は嵐

 窓外に風雨が吹きすさんでいる。

 私の住まいあたりでは、昼から雷雨の予報すら出ている。

 コロナウイルスも洗い流してくれないものだろうか。

今こんなこと(あげつら)っても

 しかし、ねえ……どうなんだろ。アメリカにもいろいろと言い分はあるんだろうけれども、たった1週間で死者が1万5千人も積みあがって、今や累計3万5千人にも(のぼ)る膨大な死者を出しているアメリカが、「今やること」ではないように思う。犯人捜しをして国民の怒りの矛先をどこかへうっちゃってしまおうとしているように見える。

コロ対でうまくいってる国の首相は皆女性

 なるほど、台湾・蔡英文、ドイツ・メルケル、ニュージーランド・アーダーン、フィンランド・マリン、……新型コロナウイルス対策がまずまず上出来な国の統領、宰相は、皆女性である。

 頑固な爺ィが仕切ってる国は、軒並み全部、ダメだ。アメリカ、中国、イギリス、フランス、イタリア、スペイン。特にアメリカなんて頑固爺の代表みたいな人物が大統領だし、イギリスなんて、首相自身が死にかかったんだから。

 ……日本もことによると、ことによるぜ……。

麻生さんも総理の時は馬鹿だのなんだのと襤褸(ボロ)(クソ)に言われたモンだったが、蓮舫も大概(笑)

 蓮舫。……まったく、こ奴も、向こうを張って引けを取らぬ阿呆(アホウ)よの。だって、国債は国の債務、つまり、「国民が貸してる金」で、「国民が借りてる金」では全然ないわけだからさ。

 しかし、まあ、野党とは言え、特別職国家公務員たる国会議員・蓮舫も、一般の人から見れば政府側の人間だから、そうすると、「アタシの借金」という意味で「国民の借金」と言ったのだとすれば、まあ、そんなにもハズれてはいない……いや、いやいや、違う違う。ハズれてる。ウン。

時事片々

投稿日:
アシュケナージ氏引退

 世界的ピアニスト、稀代のヴィルトゥオーソにして指揮者、ウラディーミル・アシュケナージ氏が引退するのだそうな。

 「えっ、この人、82歳にもなってたんだ!?」という気がする。

 最近、俳優でも歌手でも政治家でも、自分が知っている有名人という有名人は、みな老人になってしまっている。若い人の名前なんて知らなかったり皆同じ人に見えたりする体たらくである。

 職場の人なんかも、先輩たちは最早(もはや)(ほとん)どが定年で辞めてしまい、消えてしまった。

 寂寥(せきりょう)

上皇后陛下、皇后陛下と書けないものか

畏し

 「可能性」とか「実現か」という言葉の選び方も品がない。「さま」付けとは言え御名前を(じか)に書くなど(おそ)れ多い。せめて「皇后陛下合同御静養へ 上皇后陛下と 18年ぶり」というふうに書けないのかな。

 まあ、しかし、なにせ週刊誌のことだから、そんなことブツクサ言ってもしょうがないと言えばしょうがないか……。

英国王室はこういうところがアケスケだよねえ……。

 これからはヘンリー王子殿下でなく、「ヘンリーさん」「ヘンリー氏」になってしまうわけだが……。

 それにしてもしかし、こんな何不自由なく暮らしてきた人物が、突如一般人になって、公金や年金を返上しちゃって、まともに暮らしていけんのかねえ。よその国のことながら、心配になってしまう。

 ところで、英国王室で「ワシはもう、辞めるッ!」って言って辞めちまった人、というと、エドワード8世国王がすぐに思い浮かぶ。今のエリザベス2世女王の伯父(おじ)さん(父ジョージ6世国王の兄)にあたる。

 この人は明治27年(1894)に生まれ、昭和47年(1972)に亡くなっているが、離婚歴のあるアメリカ人と結婚するため、さっさと国王を退位してしまったのである。この頃のイギリスというと、まさしく世界帝国であって、アメリカ大統領よりもよほど権勢のあった時代だと思うが、それをかなぐり捨てて「愛に走った……」わけである。

 ところが、「だいぶ新しめの変な人」だったので、その後ナチス・ドイツやヒトラーを褒めちぎったりしたものだから、「イギリス王室の厄介伯父(やっかいおじ)」そのものとなってしまった。だって、ドイツは敵国なんだから。当時みんなで「あの困った伯父さんは~……」とため息を()いたとか吐かなかったとか。
 

オヤ、おめでたいこと

 右は朝日のYouTubeチャンネル。


 少子高齢化の折柄、まことにおめでたいことである。滝川クリステル氏は42歳にもなっての初産(ういざん)であるので、未婚あるいは未産の女性には、一つの刺激にもなると思う。

当たらずとも遠からず、ってとこ(笑)

 腹抱えて笑ってしまった。

 ま、私に言わせればどちらも似たようなもんだが。

思ってることなんか書くな

投稿日:

 Twitterでこういうリツイートが流れてきて、なるほど、まったくだなあ、と思った。

 若いのに、私なんかよりもよっぽど苦労してるなあ、とも思うのだった。

 そりゃ、そうだよな。ネットで思ったことなんかズビズバ言ったり書いたりして、いいことなんか何にもないワイ。

 ……こういうことってのは、ネットでもリアルでも同じだ。お偉い政治家先生でも、いまだにこんな人だっているしな……。

 こんなの、「言っていいこと、悪いことを弁える」という、そういうごく簡単な話に過ぎないのだが、やってしまうわけだ。この人は古い政治家だから、よっぽど色んな辛酸を舐めている筈だと思うのだが、しかし、つい、こういうことを言ってしまう。この人、最近も確か、「学芸員はガン」ってなことを言ってしまってマスコミにそこだけ切り取られ、さんざん叩かれていたが、まだ懲りないと見える。多分ご本人は文字通り「少しブラックなジョーク」を閉じたグループの中で効かせただけだと思っているのだろう。

 「原爆落とされたのなんて自業自得」というふうに読まれてもしょうがないゴタクを無駄に多い文字数で並べ立てているこの人物も、まあそれと同断だろうなあ。

 この兄ちゃん、ちょっと前には「人工透析受けてる腎臓病患者なんか公費の無駄だから放置して死なせてしまえ!」みたいなことを言ってボロカスに叩かれてたんだよな……。ほんと、性懲りがないよなあ……。こういう人って、自分の身近にも、まあ、いるけどね……。

 「もう少し、戦争の原因と結果について、自分が出たという御立派な大学へでももういちど入学し直して、しっかりと勉強し直した方がいいのでは」と学のない私などは思うが、まあ、言うだけ無駄だし、こういう人物にはそれを容れるような懐もあるまい。すべて無駄だ。だから、本人が死ぬまで黙殺放置するしかない。

 本人たちに言わせれば、「いや、俺は違う」ってなものなんだろうけど、私から見ると、どっちも同じ、言語中枢に異常をきたしたバカモノにしか見えない。

 だからこういうことに関するセンスってものは、若い、年取っている、地位が高い、低い、そういうことには関係ないんだなあ、と思うのである。

 他山の石、っちゅうかね。私もよく心得ておき、発言や書くことを慎もう。

ハゲ婆考続

投稿日:

 いやもう、わからんねえ。

 豊田氏は報道後、精神的に不安定となり、現在も入院中。

……であるような人が、

議員活動を続ける意向を明らかに

……など、していいハズがねえだろ、フザケんじゃねえよ、などと思うのであった。

 ガソリーヌ山尾の件では「代議士の能力と個人的な素行は関係ねェ!不倫不倫言うんじゃねえ!」というような擁護論が起こっているわけであるが、そこへいくと、「このハゲーーーッ!」の暴力ヒス婆ァ(ババア)こと豊田の場合、代議士の能力に問題があるわけだ、なにしろ精神不安定で入院しているわけなんであるから。

 ……てなことを考えてたら、また、こういう面白いニュースが。

 なるほど、人外魔境というか、一種のケダモノですな。普通、できないですって、こういうこと。

 どうでもいいけど、代議士と議員って、せいぜい700人ぐらいしかいないんだぜ?比率として、変なのが多すぎないか?毎年毎年、誰かカレか、自殺してるしさ。

 警察官がおかしいとか自衛官がおかしいとか教師がおかしいとか、どいつもコイツも不祥事起こしやがって、とか言ったって、それぞれ25万人とか180万人とか、そういう途方もない人数がいるんだぜ?そりゃ日に日に不祥事だって起こるだろうよ、数が数だけに。

 ところが「国民の代表」「選良」たる代議士が、たった700人くらいで毎日毎日、こういう芸能祭りみたいなことじゃあなあ。

 思うに、我々有権者も、「人を見抜く目」がまったくゼロ、だわねえ。こういう手合いを選んでしまうんだからねえ。

 投票に気合いが入ってないから、こういうことになるんだと思うよ。一票入魂でないとさー。

前科のある代議士を否定したい

投稿日:

 辻本清美のような正真正銘の刑法犯、詐欺罪が裁判で確定して前科のついたような者は、公務員になることができないが、特別職国家公務員であるところの代議士や国会議員にはなることができる。

 なぜかというと、これが民主主義というものだからだ。その理屈は

「例え物相飯(モッソウめし)を喰らい込んできたような正真正銘の前科持ちでも、『多くの人が選挙で選んだのであれば』、その罪状をも含んで人々の信任を得たということになる」

……のであり、それによって国会議員になれるのである。

 したがって、前科者が国会議員になることなど到底許すことができない、というのであれば、あんな阿女(アマ)になぞ投票しなければいいのだが、悪くしたことに、ああいうカスに限って比例代表名簿の上の方に載っていて、それでのめのめと代議士になりおおせることができる訳である。

 こうなると、ああいう犯罪人を比例代表の名簿の上の方に載せるような民進党如き政党を非難するしかないのだが、非難する正当な方法は有権者にはない。思うに、民進党を政党全体としては信頼していても、例えば辻元清美如き前科者など、個々の国会議員がどうしてもいやだという人だってたくさんいるのではなかろうか。しかし現在のところ、犯罪人代議士を拒絶したいなら、例え政党全体の政策などは支持していたとしても、その政党全体を否定するよりほかにない。

 辻元清美が嫌いだからこういうふうに書いているが、対立する自民党にだって昔は鈴木宗男だのというのがいたし、古くは田中角栄だって犯罪人だったわけだ。もっと(さかのぼ)るなら、吉田茂なども、陸軍刑務所にブチ込まれて本当に生塩を御菜(おかず)にスチーム臭い一膳めしを食っていたのである。こういう人物が代議士になるのが嫌なら、他に選びたい人がいたとしても「自民党全体を否定」するしかない。

 思うのだが、今の制度だとこういうことになってしまうから、代議士たるもの、女癖の悪さでスキャンダルになるとか、スピード違反一つ、金銭ミス一つ、どれも絶対にすることがないよう、潔癖・厳正に生きてほしいものである。公務員法その他、国会議員が行った立法によって、官僚や公務員の犯罪者は免職になるから、理論上公務員には犯罪人は存在しないのであるが、その官僚や公務員を顎でしゃくってコキ使っているのが前科持ちの代議士センセイだ大臣だなどと、ふざけるなと言いたい。

靖国神社参拝は

投稿日:

 誠に恐懼のことながら。

 靖国神社へ先帝陛下の御親拝がなくなったのは、たしか昭和51年の事であったか。

 この年、私は10歳で、毛沢東や周恩来死去の報がテレビのニュース速報で流れているのを、年子の兄が「おかあさんおかあさん、テレビに『ケザワ』っちゅう人が死んだて映ってるでェ~!」と母に注進し、台所から慌てて居間に駆け込んだ母が、「ケザワケザワ言うから何かと思たら、毛沢東のことかいな、ホンマにあんたらは。……せやけど、死んだんかいな毛沢東。えらいこっちゃ」などと珍妙な会話があったのを覚えている。

 さておき、天皇陛下の靖国神社への御親拝はこの年が最後になってしまい、以後は勅使をお遣わしになるのみとなった。言うまでもなく、今上陛下におかせられては、即位後一度も御親拝はない。

 これを指して批判する向きもある。私も正直に言えば残念であるとは思う。また、いわゆる旧A級戦犯の合祀を先帝陛下が好まれなかったなどとする風説も伝え聞く。だが今は、個人的な感傷や風説はおこう。このことは、かしこきあたりにおかれて、国民の意向の大勢をよくお汲み取りになられただけであると解したい。

 というのも、例えば下って今日の終戦日。靖国神社に参拝した国会議員はおよそ70名であるという。両院議員が合わせておよそ700名だから、1割の議員が靖国神社に参拝しているということになる。言うまでもなく国会議員は選挙で選ばれるのであるから、まず、「国民の1割が靖国神社に参拝することを是と考えている」と換言できる。

 わずか1割の国民しか是としてないことを、天皇陛下にしていただくことは、たしかに難しい。

 もって得心すべきであろうか。