Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・蕪の風呂吹き

投稿日:

 蕪で風呂吹きを作って一杯飲んだ。旨かった。

 また例によってYouTubeに上げた。

 「Today’s drinking and snacks 今日の酒肴」シリーズは、これで42本になった。

 なぜか私の再生リストや動画は、過去、電子工作の時も、ピアノの時も、なぜか39本になっている。本当にこれはたまたまそうなっただけなのだが、どうも、動画の本数の壁が39本くらいのところにあるような気もしていたところだ。その壁を破ることができたわけである。

 動画の中で、北大路魯山人の「フランス料理について」と「だしのとり方」を読んでいる。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・自家製昆布の佃煮

投稿日:

 鍋物を楽しんだあとの出汁(だし)昆布で佃煮を作り、これで更に一杯楽しんだ。

 面白かったので動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で、大晦日でもあるので、前回から引き続き、樋口一葉の「大つごもり」を読んだ。青空文庫からAmazon Kindleに提供されているものだ。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・風呂吹き大根

投稿日:

 風呂吹き大根を作って一杯やり、一部始終を撮ってYouTubeに上げた。

 旨かった。

 動画の中で読んでいる本は、樋口一葉の「大つごもり」だ。Windowsタブレットを使い、AmazonのKindleアプリで読んでいる。

 ところで、動画の編集には、秋に買った「Adobe Premire Elements」を使っている。なかなか快適で、不足を感じない。

 ところが、時間を数字で扱う時に、よくわからないまま使っていたところがあった。Premire Elementsのタイムラインの、目盛りの数字の辺りのことだ。

 この表示は、デフォルトでは例えば「00;01;25;12」等と表示されている。これはパッと見で、誰でもが「0時間1分25秒12」と思うだろう。

 ところが、一番右端の「12」がクセモノなのである。私ははじめ、これを100分の1秒単位だと思い込んでいた。しかし、どうも、使っていてなにか変だ。0.5秒等を設定しようと思っても、「50」という数字は入らない。

 今日、ここのところをよく調べてみようと思っていじっていて、ふと気づいた。これは、100分の1秒単位ではないのだ。「12」というのは、「12フレーム目」なのである。「フレーム」と言って分かりづらければ、「12コマ目」である。

 で、動画の設定が1秒あたり30フレームとして設定してあれば、この部分の最大値は「29」である。だから、0.5秒のつもりで「50」と入力しても入らなかったわけである。

 なので、ここで0.5秒単位の操作をしたければ、「15」と入れるのだ。「15フレーム目」ということで、1秒あたり30コマの動画設定にしてあれば、これでちょうど0.5秒となる。

 いやあ、これに気付くのに、ほんと、今日までかかるとは……。

 しかし、一般の映像素人は、「00;01;25;12」を「0時間1分25秒12フレーム目」だとは思わんぞ。「0時間1分25.12秒」だと思うだろ、普通。これは、わからんのが普通だと思う。

 まあ、しかし、これで音楽のテンポに合わせる方法もわかった。例えば、私がこの動画シリーズで選んでいる「Sour_Tennessee_Red.mp3」という曲――これはYouTubeが「オーディオ・ライブラリ」で「この曲は、動画でご自由にお使いいただけます。」としている曲――だが、これは8拍子の曲で、ストップウォッチで計ってみたら32拍で10秒かかっている。

 そうすると、曲の調子に合わせるなら、動画の節目節目を中心に……

f=\cfrac{s}{t}r

ここに

f: 1テンポに要するフレーム
s: 某拍数に要した秒数
t: 音楽的拍数
r: 1秒あたりの動画フレーム

……というわけであるから、

\cfrac{10}{32}\times 30\simeq9

……ということで、だいたい9フレームずつで並べれば、音楽のテンポに合う動画になることが判った。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・浅蜊の酒肴

投稿日:

 むき身の浅蜊を買ってきて、生姜味で煮て酒の肴にした。

 動画に撮って、YouTubeに上げた。

 動画内で読んでいる本は、「飯盛り侍」である。市立図書館で借りたものだ。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・白和え

投稿日:

 「白和え」を作って一杯呑み、動画に録ってYouTubeに上げた。

 動画内で読んでいる本は、吉田満の「戦艦大和ノ最期」である。

一杯

投稿日:

 呑み慣れたやつを枡とコップに溢れさせて一杯。

 肴は出汁昆布(だしこぶ)を1センチ角に刻んだものに醤油をかけて。

一杯

投稿日:

 いつもの酒、冷えたのを一杯。肴は昆布醤油。美濃風の片口、ガラスのコップ、一合升。

 幸福だ。

肴を代えてもう一杯

投稿日:

 肴を「昆布とろ」風の醤油昆布に代えて、もう2合。

 これは昆布を鋏で細かく切り、醤油をかけ回してよくかき混ぜるだけだ。気分で味醂や酒を加えるのも良い。かき混ぜてしばらくすると粘りが出てきて旨い。

一杯

投稿日:

 昆布を細く切り、そこへ醤油をかけまわして昆布醤油を作る。

 このまま一杯やってもいいのだが、思いついて蕎麦粉を出す。薬缶(やかん)の湯で捏ね、蕎麦掻(そばがき)を作る。

 蕎麦掻を昆布醤油につけて、それを肴に一杯。

昆布(こぶ)とろ

投稿日:

 「昆布(こぶ)とろ」で一杯。

 「昆布とろ」の作り方は簡単だ。出汁(だし)昆布を適量とり、これを鋏などでできるだけ細く切る。鉢に入れて醤油をかけ回し、2~3分おいてよく掻き回すと昆布の粘りが出る。

 これを肴に飲むのだが、日本酒によいし、塩分は強いがカロリーが低いのと昆布の繊維やミネラルが健康に良いことで、なかなか悪くない肴である。

 日本酒に合う肴は、飯につけても旨い。昆布とろの残りで熱い飯を掻き込むのはやめられない旨さだし、茶漬けにしてもよい。