妄想文字列出力者

投稿日:

 いや、こいつだっていていいんだ、世の中は多様でなくてはいけない。こんなどうしようもない奴でも、人権と言うものがあり、存在していていいんだ、それは許される。全ての人は何を言ったっていいんだ。日本はアメリカよりも自由な国だ。下郎にだってそこにいていい権利があるのだ。

 ただ、こんな下等なワーカーが元新聞記者だとか大学教授だなんて名乗っちゃいかんよ。それは自ら推し量って遠慮するのが良心ってものだろうぜ。せいぜい、「妄想文字列出力者」とでも名乗るのが正しいな。その上でなら無罪放免、ずっとそこにいていい。生きていていいんだ。

 どんな人にも自然に死が訪れて、天然の死刑になる。だから、こいつも天寿が尽きて死ぬまで、それまで、生きているがいい。

平原綾香

投稿日:

 新越谷「サン・シティ」市民ホールに平原綾香のツアー・トレーラーが()まっていた。

 コンサートがあるらしい。

ははァ、コレか(笑)

投稿日:

 笑っちまった。

 まあ、エエんとちゃうの?美女だし。

Amazon Prime Music

投稿日:

 Amazonプライムがなかなかイイ感じの選曲をリコメンドしてきた。ビッグデータ的に私が好きそうなプレイリストを選んでいるのだと思う。

プロト/オルタナ

投稿日:

 なんだか、「プロトタイプ」とか言うから、「プロトタイピング」の業務スキームに何が何でも乗せなければならない、というような思い込みや先入観が生じるのだ、と思ってみた。

 そこで、瞬間の思いつきだが、大米帝国皇帝陛下御推薦の最新流行の英語、「オルタナ Alternative」を使ってみてはどうだろうか。

 「オルタナ・システム」「オルタナ・プログラム」とか言ってみると、言葉的にはイイ感じに逃げられそうだ。基幹システムに溶け込ませるわけにもいかないニッチなところとか、そういうのを担っているサブシステムを「オルタナ」だとするわけです。

 いろいろ必要はあるわけですよ、内製のいろんなものにも。ニーズがあるから作っているわけなんで。

イソ子~ッ!(笑)

投稿日:

 ホントにまあ、またアイツかい、望月衣塑子(いそこ)かい。

 産経もまた産経で、こんな亜女(アマ)にこれ以上売名させてたまるかとばかり、以前と違ってもう名前も載せないもんな。

 イソ子。なんかハラ立つけど、いち新聞記者がこれくらい自分の人格を切り売りして、なんだかチョッピリ有名人になっているのをボンヤリ観測していると、逆に「おお、オモロイやんけ、もっとヤレヤレ、糞婆ァ(笑)」ぐらいの面白さも覚えるわけである。

 なんつーか、この、エンターテインメントというか、芸能ショーみたいなもんですかね。東京新聞プレゼンツ、ってなところで。最近ほら、お笑い芸人が妙に政治向きになってきて、いろいろ言うようになったじゃないですか、松本人志とか。アレの逆ですね。新聞や政治やテレビのほうから芸能番組へ近づいていく、っていう。

逆に惻隠

投稿日:

 法を厳正に執行したということであり、そこに疑問の余地はない。日本の立場としては海保はよくやってくれているというところだ。

 だが、自国政府からの強い抑圧下、無理な漁獲高を上げなければならず、ともすれば沈没しかねない危険なオンボロ船に乗り込まされ、やむなく違法を承知で好漁場を目指さざるを得ない。そうしたらそうしたで、日本政府からは出ていけと怒鳴られ、冷たい海水を浴びせかけられる。まるでいじめのようなもので、ほうほうの体で逃げていく朝鮮漁師に(うた)た惻隠の情が増すのを禁じ得ない。

 好きでやっているわけではなかろう。気の毒なことだ。

秋の蚊帳

投稿日:
老兵の家や変わらぬ秋の蚊帳   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha 

秋の蚊帳

投稿日: