時事色々

投稿日:
そんなまさか、と目を疑ったが

 いやまさかそんな、と目を疑ったが、フランスの話ということで、ああ、なんだ、フランスか、それくらいのことはありそうだな、と思った。というか、フランスだったら納得してしまう、というのは、私の頭脳の中では、多分フランスはバカにされているんだろう。

いや、これはアカンでしょう

 だいぶ昔のニュースだが……。

 「ヨガる」て、いやらしい(苦笑)。

 ほんとに、媒体(メディア)に携わっている人たちでさえ、語彙がなくなっていってしまっている。そうでなけりゃ、こんなの電波に乗せて流すか?

えっ、もう(笑)

 ……。いやあ、ビックリした。血眼になってクラウド化したら、もう「脱クラウドがトレンド!」って……。

 まあ、そうしないと、コンピュータ屋さん商売あがったりになっちゃいますわねえ。

こんなんじゃもう、後進国

 健康保険制度なども日本の方が優れているし、マスクの効用なんて気分の問題で認めないし、だいたい、インフルエンザで6万人死ぬって何よ。大正時代の「スペイン風邪」じゃあるまいし、いまや特効薬もあるわけですよ。

しんどいし暇だ

投稿日:

 インフルエンザのため寝たままである。非常にしんどいのに、腹だけ猛烈に減る。普段あまり大食をしない私なのだが、何でなんだろう。

 暇なので食ったものなど書き留める。塩煎餅三枚、ぽん柑ふたつ、緑茶大湯呑に二杯……なんぞと書いていくと、さながら子規の「仰臥漫録」めいて、気分が出る。

 子規は今で言うブロガーみたいなものだったように思えるが、病床で暇だったのだろうなあ、ということが実感される。いや、私如き、たかが寝込んで2日くらいなのだが、それでもこんな風に思うわけだから、死病に取り憑かれた子規はもっとそう思ったであろう、というところだ。

垂れ込めていても

投稿日:

 流感(インフルエンザ)で垂れ込めているが、無線LANルータをAmazonで購入し、ビデオを買って見、スマホの契約を変更した。

 大人の立派な契約行為が、寝室から一歩も出ることなく済んでしまう。まさかネットからインフルエンザのフィジカル・ウィルスが伝染するわけもないから、誰に迷惑もかからぬ。強いて言うなら、配達員のお兄さんが玄関先に現れた時に伝染(うつ)してしまう恐れなしとしない、という程度であろうか。

 してみれば、セキュリティさえ確保すれば、私など普段は座業なので、休暇中にだって仕事ができるようにしてしまうことは技術上は可能である。

 付言すれば、ほんの十数年前までの私の職場では、自宅に書類やパソコンを持ち帰って仕事をするのが常態であった。家族と夕食など済ませ、子供を風呂に入れたりなぞしてから、おもむろにノートパソコンを開き、夜更けに書類作成などするわけである。

 しかし、最近はこれが固く禁止され、一切行われなくなった。情報漏洩などの問題が深刻化したからだ。仮にそれをすると馘首(クビ)である。

 翻って当節、VPN等暗号化をはじめとする回線保護や、リモートターミナル、シンクライアントなど、セキュリティの技術は進歩著しい。こういうものを使って在宅ワークをしている企業も多くある。

痴呆化

投稿日:

 インフルエンザによる発熱のせいで、相当頭脳が痴呆化しており、朝やったことも思い出せない。格安SIMの申し込みのため、免許証の写真をデジカメで撮ろうとして、さてデジカメが見当たらない。朝、それもついさっき、体温計の写真を撮るのに使ったばかりなのに、ない。

 2階にあるわけはないのだが、と思いつつも念のため2階の書斎へ行ってみると、そこにひょいと置いてあった。しかし置いた覚えが全くない。30分ぐらいして、「ああ、無線LANルータの機種型番を控えるのが面倒で、写真に撮ろうとして、ところが暗くてうまく撮れず、結局やめた」時に、そこにデジカメを置いてきたことを思い出すのであった。

 こういう風に痴呆化した状態で先ほどMNPの移行手続きをしたが、何かとんでもないミスをしていそうで怖い。大丈夫か、俺。

 以前若年の者が特効薬タミフルやリレンザの服用により錯乱する、という話が取り沙汰されたことがあるが、その後あまり聞かない。

 単に高熱を発しただけでも、錯乱ぐらいはする。私のようなオッサンでも痴呆化するのであるから、そりゃあ、若者だって、場合によっては脳症などで叫んだりするかもしれんな。

インフルエンザと無線LAN

投稿日:

 インフルエンザのため自宅1階の寝室に垂れ込めている。

 私の家は2階にリビングや台所があるので、通信・電話の集約点は2階にあり、無線LANのアクセスポイントも2階にある。

 大して広い家ではないのだが、2.4GHzの無線LANについては1階2階両方通るのに、5GHzのほうは1階での感度が低く、2階でしか使えない。これはまあ、電波の帯域の特性であり、良く知られるところではある。エネルギーというものは、周波数が高くなればなるほど直進性が増し、伝達できる情報量も多くなる反面、透過性や回折(かいせつ)性などの「いい加減な性質」が下がるのだ。無線LANもこれは同じで、5GHzだとたかが木造住宅の石膏ボード壁や木製ドアすら透過できないのである。5GHzと2.4GHzなど、同じGHz帯のマイクロ波に感じられるが、それくらい性質に差が出る。

 私はもっぱら5GHzを重視しているのだが、それはキーボードその他にBluetooth機器を多用しているからだ。マウスやヘッドホン、スピーカーなどはそれほど2.4GHz無線LANとの干渉は気にならないが、キーボードだけは激しく干渉し、ほとんど使い物にならないレベルである。よくあるのは「キーリピートがかかったような状態になる」ことで、これには閉口する。特に、長文入力中、Back Spaceキーを使ったときにこの現象が起こると、もうお手上げだ。折角入力した文章がすべて消えてしまうのである。セーブしていなかったりすると、本当にガックリしてしまう。

 ただ、その防止のための5GHz無線LANが通らない1階寝室で、大量に文字入力をすることは、これまでになかった。せいぜいタブレットでちょっとした検索をする程度で、それには仮想キーボードで十分だったからだ。

 しかし、今回は違う。寝室に閉じこもって、なんとかインフルエンザ治癒までの時間をつぶさなければならない。私のような「文字列垂れ流し男」は、文字列を出力していないと「死ぬ……」からだ。

 中継器を使うと幾分マシにはなるが、手持ちの中継器が2.4GHzなので、やはりキーボードの乱調は起こる。

 さっきも、たっぷり文字が消えてしまい、イライラした。

 意を決し、無線LANルータをもう一つ購入することにした。通常、無線LANルータには中継機能があり、切り替えにより親機か中継機かを選択できる仕組みになっている。メインの親機と同じ型番のものをAmazonで購入。

 この機種なら今の手持ちのものと違って、5GHzの中継が可能だ。

うーん……。

投稿日:

 インフルエンザによる風邪籠(かぜごもり)二日目。

 うーん、参った、なかなか熱が下がらんなあ。特効薬「タミフル」についても規定量をきちんきちんと()んではいるものの、まだ二日しかたっていないのだから、やむを得ないと言えばやむを得ない。

 体も相変わらず痛む。節々と言うより、私の場合は手足の柔らかいところのほうが痛む。だるい。思考力が減退し、文章もなんだか変だ。

 ただ、こうした時に良く思う、「あ、これは病勢が変わって、治り始めるところだな」と感じる点が出てきた。痰や鼻糞が黄緑色に変わってきたことだ。私の鼻水はいつもは本当に「水洟」で、無色透明で水のようにサラサラしている。鼻が悪いからで、そのため、洗い流されてしまって鼻糞もたまらない。しかし、風邪やインフルエンザに罹り、いつもの水洟が倍にも3倍にも増えて悩まされた挙句、ある時に至ると、ふと、この「汚い方の鼻水・鼻糞・痰」に変わり、快方に向かうのである。

 付記すると、この、「鼻糞が汚い時」は、持病のアレルギー性鼻炎がなぜかまったく鳴りを潜め、その点でだけ、いつもより逆に健康になる。この現象を、私は種々の情報などから、「普段健康な時はどうでもいい異物に対して無駄に免疫力が指向され、アレルギー反応などを引き起こしてしまうが、肉体がウィルスや細菌に侵されていると、免疫力のリソースがそっちへ全力指向されて払底し、普段の変なアレルギー反応はおさまってしまう」のである、というふうに理解している。

 今回もどうやらそういう兆候が見えてきたので、まず長引くことはあるまい。

 

「A」とな

投稿日:

 昨夜来「(おお)風邪」で就寝していた。

 今朝は近所の医院で受診した。どうにも寒くて閉口するが、着込んで歩いていく。

 「インフルエンザA型」との診断である。特効薬「タミフル」規定量が処方された。

 近くの調剤薬局で薬を出してもらう。数年前だったかにインフルエンザに(かか)った時は吸入式の「リレンザ」が処方されたが、今回の「タミフル」はカプセルである。薬剤師に「吸入とカプセルで違いがあるんですか?」と雑談がてら訪ねてみたら、薬効に違いはないが、強いて言うなら、「日本人は飲み薬が好き」という傾向があり、このため、多く飲み薬が処方されるのだ、という。

 帰宅してさっそく処方どおり服薬する。

 職場のルールでは決められた期間、「有給休暇により出勤止メ」である。仕事も多少忙しいのだが、私の部下には乳幼児・学童を子育て中の者も多く、その迷惑を考えると休暇もやむを得ない。

 本でも読みつつ寝ているより仕方がない。

ヤッちまった。

投稿日:

 大当たり。明日医者へ行こう。多分、貰っちまったな、こりゃ……。