進化と秘書

投稿日:

 人類は毛むくじゃらの猿人から次第次第に進化した。全身を覆っていた濃密な毛髪は、知能や生活様式の変化とともにだんだんと少なくなっていき、ついには最も濃い頭部の他、眉、(ひげ)(わき)、陰部、(すね)、人によっては胸や背等のみとなった。

 つまり、毛髪の退行は進化の証である。

 そう考えて来てみると、にわかにハゲの意義がクローズアップされてくるではないか。

 ハゲこそ、人類進化の先行形であると言えるのではないか。ハゲは人類の目指すべき将来を表す羅針盤であるとしても言い過ぎではあるまい。これまでの毛髪退行の歴史から言って、ハゲは人類進化の証である。

 だとすれば、「この、ハゲ~ッ!」「違うだろーッ!」の豊田真由子氏は、これは人類の進歩に対する凄絶な抵抗を試みたものと言えなくもない。ネアンデルタール人とクロマニヨン人の、世代交代の戦いのようなものだろう。ネアンデルタール人は滅びる前、きっと力の限りクロマニヨン人に抵抗したに相違なく、その抵抗は蝋燭(ろうそく)の燃え尽きる前の一瞬の輝きのように、全力全霊の叫びとなったはずである。無論、より猿人に近いネアンデルタール人は豊田真由子氏であり、より進化したクロマニヨン人はハゲの秘書氏に決まっている。あの「この、ハゲ~ッ!!」の叫びは、滅びゆく直前の、追い詰められた、劣った者、弱い者による鳴き声、悲鳴、絶叫であったと言えよう。

 この際、知能の程度は関係がない。進化しているか否かである。実際のところ、ネアンデルタール人はクロマニヨン人よりも巨大な脳を持っていた。

 あの一件の仄聞は、進化した人類が旧人に打ち勝った、人類歴史の飛躍的一瞬に、私たちが立ち会ったということなのかも知れぬ。

投稿日:
()れし(ところ)や蛍多き里    佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha 

投稿日:

素直に取り組む

投稿日:

 今日、7月1日は、私にとっては、感慨深い日です。

 徹底的に頑張り抜くとか、死ぬまでやります、どんなことがあろうと負けずに完遂します、私が死にさえすれば皆のためになるからそうします、五体尽きるともなお撃ちてし止まん……というような、そんなことは、すみませんが今の私にはできません。それが私に期待されていることだというのなら、申し訳ないですがご期待には沿えません。

 これまで知らずにしでかしてしまった数々の失敗を全て糊塗できるならそうしたいですが、それは無理というものですから、糊塗もしません。口先でお詫びしたって、それは詮無いことです。責は甘んじて受けますから、責めてください。

 それよりも、素直な気持ちで、人の気持ちや努力に報いたい、どうにかして、なんとか上手に整えたいのです。下手糞のくせに上手に整えたいなどとは、言う人に言わせれば笑止千万でしょうが、でも、それが今の私の正直な気持ちです。

 なれるものなら、空っぽの湖のような、完全に澄んだ素直な気持ちになりたいのですが、五十歳過ぎの、色々と引きずっているオッサンには、そうした完璧な気持ちになり切ると言うのは困難です。でも、そういう中にも、追求できる素直さはあると思いますから、なんとか素直にします。

 バカにされようと、頑是ない子供のように教えを請いたいと思うのです。なんでも聞きまくる子供の素直さを真似たいのですが、本当にそうしたら、私は笑われてしまうでしょうし、面倒くさいおっさんだと思われるでしょう。それでも、本当に子供の真似をしましょう。

 これまで私は、大人のふりをして、知ったかぶりをしてきました。何かを始めることは難しいですが、何かをやめるということは、わりあいに簡単にできます。それなら、私の悪い癖である、知ったかぶりをやめたいと思います。