時計を買い替える

投稿日:

左はGW-600DJ、右はこの度新調したMTG-M900DA-8

 先ほど、Amazonで買った腕時計が届いた。

 カシオの「G-SHOCK」。

 「G-SHOCK」はなかなか頑丈であり、性能も高く、機能に不足はない。ラインナップも豊富で、オッサン向けだけではなく、女性向け、子供向け、カジュアル、フォーマル、ヘビーデューティなど、さまざまなデザインや値段のものを選ぶことができる。素材も樹脂、メタル、チタンやカーボンまである。しかもちょっとしたブランドでもあって、これを手首に巻いていて極端に(あなど)られるということもそんなにない。そもそも、ロレックスだのウンタラだの、「机の(かど)っこにぶつけて泣きが入るようなしょうもない時計」には、私はハナッから興味がない。

 それで、15年ほど前に「GW-600DJ」という型番のものを購入し、長年愛用してきた。

 これはG-SHOCKでは珍しい、「デジタル表示、かつ金属バンド」のデザインのものである。

 私はガテンなDQN(ドキュソ)職場(笑)で働いているので、時刻を書き取ったり、伝えたりすることが多く、できればデジタルの時計を選んでおいた方が間違いがない。

 そしてまた、ガテンなDQN(ドキュソ)職場の悲しさ、樹脂バンド・革バンドの時計はどうしても汗・皮脂でバンドが(いた)み、腐って変色したり、(ぜい)化して切れたりするのだ。加えて、嫌な話で恐縮だが、バンドが臭くなるのである。左手で机に頬杖をついたら、ぷぅ~ん、と臭いがして、誰だこの臭味(クサミ)を撒き散らしている野郎は、出てこい、などと勢い込んで周囲を見回す。ところが、それが自分の腕時計のバンドの臭いであったりして、こんな場合はもう、自己嫌悪と言うか、暗澹たる気持ちになるのだ。かつまた、この(クッサ)イ左腕で他人に触れたりしていなかっただろうかと思うと、消え入ってしまいたくもなる。

 だから、腕時計はできれば丸ごと洗浄できる防水のもので、かつ清潔な金属バンドのものを使いたいのだ。

 それで、当時もG-SHOCKでは珍しかった「デジタル・金属バンド」デザインの、この「GW-600DJ」を選んだ。

 この「GW-600DJ」、買ってからというもの、実に快調そのものであった。7~8年ほど前に充電不調となり、一度電池を交換したことはあるものの、その他にはなんら不足もなく、また、風雨、泥濘(でいねい)、寒冷、酷暑等、過酷な状況に度々(たびたび)(さら)してまったく故障することもなしに動き続け、堅牢(けんろう)そのものであった。これはまことに驚嘆かつ特筆すべきことと言える。

 かつて液晶の寿命は5~6年と言われ、私などが若い頃のデジタル時計はそのとおり数年でダメになったものだ。だが、若い頃の5~6年というのは(ほぼ)「永久」と同義であったので、気にしたことはなかった。ところが、歳も知命(五十)を回ってくると、5~6年というのはついさっき、という感じがして来るのもさもあろうか。

 それはさておき、調子は怪しくなってきてはいるものの、液晶の表示については鮮明度・確実度ともになんら低下の兆しのない愛用のG-SHOCKの耐久度たるや。カシオの液晶技術は、もはや激賞に値すると言っても過言ではない。

 ここまで使うと愛着も湧くというものである。既にこの時計は私の腕の一部となっており、眼をつぶっていてもあらゆる操作が可能であって、暗夜、多忙、激動下、酩酊、あらゆる状況で過不足なく私を支えてきてくれたのである。こうなると修理して使い続けたいのがやまやまだ。だがしかし、私は貧乏人でもあって、単なるノスタルジーにお金をかける余裕はない。さすがに愛用15年目までくると、修理代に1万円以上かかるのであれば、新しいものを求めた方が経済的である。

 こんなに長持ちしたG-SHOCKであるから、次もまたG-SHOCKにしたい。

 古い「GW-600DJ」は、当時三郷市にオープンしたばかりであったヤマダ電機の大型店舗で買ったが、今回はAmazonでポチることとする。

 依然、「デジタル、金属バンド」のものは少ない。カシオの公式サイトで全部の製品を検索すると236もの製品が表示されるが、「デジタル・金属バンド」だと、5種類しかない。

 15年前と比べると、G-SHOCKも貪欲に時代の趨勢を取り入れ、スマホとのBluetooth接続をはじめとした「Connected」機能、バイブレーション機能、長波標準電波による時刻較正(こうせい)だけでなく、GPSによってもこれを可能とするなど、便利そうな機能のオンパレードであり、目移りする。

 ともかく、私の身の丈に合った「MTG-M900」というシリーズから、逆輸入品の「MTG-M900DA-8」というものを選ぶ。

 これはスマホとのBluetooth接続やGPS較正とは無縁で、ただただ、腕に巻いて正確な時刻を知るということに忠実な堅牢(けんろう)時計である。なによりも、「安いこと」、これである。

 国内向けの真っ黒な仕様の、「MTG-M900BD-1JF」というのが気に入りはしたが、これはそのイメージのみの影響であろう、値段が(ほぼ)倍となってしまうことと、黒い塗装が剥落(はくらく)しそうなこととで見送った。

 古いものより一回り大きい。さすがに、逆輸入品だけあって、アメリカ人の体格に合わせてあるのか、バンドは「コマ詰め」をしないとそのままでは使えない。

 かつて時計のバンドのコマ詰めというと、時計店に持っていくしかなかったが、ネット時代のありがたさ、情報を渉猟するとすぐにコマ詰めの仕方もわかった。ネット上では電池交換の仕方などもわかるようである。

 この機種の場合、ごく細い精密ドライバーを準備する。バンドの裏をよく見ると、小さな矢印がいくつも描いてあり、ちいさな隙間がその矢印の先にある。隙間にはコマにはまったピンが覗いている。矢印は「その隙間からピンの先の突起を矢印の方向に押せ」という意味である。

 小さな精密ドライバーの先で押すと、バンドのコマは簡単に外れる。自分の手首に合わせてコマを外し、長さを詰める。

 時計店ならさっさとやるのだろうが、そこは素人の悲しさ、ピンのバネが()ねてどこかへ飛んで行ってしまい、それをアタフタと探すなどして、30分ほどもかかってしまった。だが、自分の手でコマ詰めは上手(うま)くできた。

 ともあれ、これはなかなか、買い物であったと思う。安く買えたし、性能・機能・デザイン、ともに満足である。

 古い「GW-600DJ」は38歳の時に買い、15年ほど()った。そこからすると、今私は53歳だから、今度の「MTG-M900DA-8」は、68歳までは使えるかもしれない、ということになろうか。……70歳まで使うことができれば、まことに嬉しいことである。

一杯

投稿日:

 一日雨模様だった。

 10年使わないものは捨てよう、というわけで、屋根裏部屋にため込んでいる古いデジタル機器やケーブル類を捨ててしまうことにした。

 その中に「Lotus Super Office 96」同じく「97」なんていうズッシリと重い大箱もある。当時はオフィス・スィートをめぐって、ロータスとマイクロソフトが争い、当初は機能で劣るマイクロソフトが苦戦したものの、すぐに競り勝ち、ロータスを叩きのめしてしまった。

 ロータス社の「Notes」は一時代を画したグループウェアの泰斗と言えたが、今はそれを言うべくもない。

 メルコの「Melware」のフロッピーディスクも出てきた。私はMelware派ではなく、メガソフトの「MemoryPro 386」を愛用していたのだが、そのディスクは見当たらなかった。

 Lotusの「123」と並ぶワードプロセッサソフトの名品、「AmiPro」なんていう懐かしいフロッピーディスクも出てきた。

 「CCT-98」というのはパソコン通信ソフトで、高機能だったものだ。「MIFES」に「TURBO C」、「Windows 3.1」、「WXⅡ」なんてのもある。

 ディスクのラベルを見てもらえばわかる通り、これらはすべて、正規品を私費で購入したものだ。

 懐かしい。

 Turbo Cでは、職場で使うプログラムをたくさん書いたっけ。本当に、色々書いた。

 ディスアセンブラの名品、「SOURCER」なども一番右の下から2番目にある。これで市販のソフトのプロテクトを外したりしたっけ。

 よく見てもらうと、「SOUTHERN ALL STARS」というフロッピーディスクがある。一番下、右から二つ目だ。当時Rolandから出ていたMIDIデータで、サザンオールスターズのヒット曲集である。考えてみれば、これらのフロッピーディスクの中で、生のまま生き残っているのはサザンオールスターズだけである。なにやらいろいろと示唆しているような感じがして、考え込んでしまわざるを得ない。

 犬小屋みたいな大きな箱に入った、「Borland C++」のフロッピーディスクも出てきた。CD-ROMが一般的でなかったので、フロッピーディスクのほぼ100枚組であったりした。インストールに丸1日かかったものだ。

 しかし、今はこれを持っていたからと言ってどうなるものでもない。捨てるにしかず、である。

 数時間、梯子(はしご)を上ったり下りたりして、だいぶ汗をかいた。

 一息つき、一杯やりはじめる。

酒肴 冷蔵庫の野菜入れから茗荷(みょうが)、ピーマン、(ねぎ)胡瓜(きゅうり)を取り出し、同じくらいの長さの細切りにして塩を少々、マヨネーズをかけ回して一味唐辛子を適量ふる。

 それでウィスキーを飲む。旨い。

 今日も動画はなし。

いろいろ祝い

投稿日:

 子供や若者にデジタル機器を与えることに極端な拒絶を示す人も多い。自分が子供の頃になかったものへの恐れは、明治ひと桁生まれの人が蒸気機関車の轟音を耳にしてこれにひれ伏すようなものだと思う。

 私は自分の子供たちには躊躇なくデジタルを与え、これに触れさせてきた。ガラケーもスマートフォンも、折々に与えて習熟させてきている。それが現代というものだと思うからだ。

 だが、さすがにカネはかかる。

 次女には中学校の入学祝にスマートフォンを与えた。初代の「Nexus 5」だ。だが、粗忽(そこつ)者の次女は数か月後にこれをうっかり地面に落とし、画面にひび割れを入れてしまった。

 「お父さん修理に出して~」と訴える。しかし、操作してみると問題なく使える。与えたものを粗末にして壊しては修理などということを無制限に許していてはためにならぬと思い、

「馬鹿者、親の与えたものを粗末にしおって。なんでもかんでもタダでもらえると思うな、我慢せい」

と申し渡した。同時に、「高校にキッチリ入ったら新しいのにしてやる」とも。

 それで、この春、高校に入学したときに「好きな銘柄を選べ、買ってやるから」と言ったら大喜びしていたのだが、どうも、その権利を保留しておくのが楽しくて仕方ないらしく、いつまで経っても選ばない。

 今日まで延び延びになっていた。

 先日書道で表彰され、加えてもうすぐ誕生日でもある。「いろいろ込みで褒美を買ってやる」と言うと、やっとこさ選んだのが「iPhone 8」である。

 買ってやった。

 それにしても、た、高い。10万円を超える。コッチは真っ青だ。

 親父(おやじ)はこうやって(スネ)(かじ)られ、()け込んでいくのだなあ、などと考えることしきりである。

どうも音飛びと時計狂いに関係が……?

投稿日:

 先日、愛用のPC「ASUS TransBook T100 Chi Z3795」とBluetoothレシーバ「SBH50」の音飛びを改善した、とこのブログに書いた。

 ところが、今日、音楽を聞こうとしたら、また音飛びするようになっている。

 得たりや、とばかり、先日と同じようにドライバをインストールし直したのだが、今度は直らない。

 ハテ……とググッてみると、Realtekのオーディオドライバでこうなる場合がある、との記事に行き当たる。

 早速「Realtek High Definition Audio Driver」を探してインストールしてみたが、どうやらこれは外していたようだ。「ASUS TransBook T100 Chi Z3795」の場合、「Realtek I2S Audio Codec」なる別物システムであるようだ。

 いろいろといじくったがどうも直らないし、ネット上にも有力な手掛かりがない。

 そうするうち、ふと、時計が大幅に遅れていることに気付いた。

 このPCは、時計が遅れることが知られている。ネット上でその情報には多く行きあたるが、Q&A掲示板の回答は大抵は半可通の答えで、ハズレである。

 こうなっているときに時計表示を見ると、体感できるくらい秒のティックが遅くなっている。手っ取り早く直すには、完全電源オフから立ち上げると一時的には直る。こうなるのは、スリープモードから復帰後に多い。

 そこで、一度完全電源オフして時計が正常化するのを確認し、それからもとの「音飛び原因探求」にとりかかろうとした。

 そうしたら、音飛びまで直ってしまっていた。

 うーむ、これは一体……?

 これまで、サウンド関係のドライバインストール後は完全電源オフではなく、「再起動」で済ませていたのだ。それが何か関係するのかもしれない。

 何らかの低いレイヤで「割り込み」のようなことが頻繁に起こっていたのではないかな、という感じがする。だが、直ってしまったので原因の探求ができなくなってしまった。

Bluetoothレシーバの音飛びを正常化

投稿日:

 日常ソニーのBluetoothレシーバ「SBH50」を愛用している。素人が音楽を楽しむ分には音質も良く、何より配線がぶらぶらしなくてよい。

 外出中や通勤中などはスマートフォンと組み合わせているが、自宅では愛用のモバイルPC「ASUS TransBook T100 Chi Z3795」と組み合わせ、快適に使用している。複数の機器とペアリングしておけるので、切り替えて使用できるほか、PCとスマホの2台で同時に待ち受けするなどの芸当(マルチポイント)も可能である。

 さて、昨日ごろまで何の支障もなく美しい音色で楽しめていたのだが、ふとダウンロード購入したスピッツの「空も飛べるはず」を聞こうとレシーバを接続したところ、激しい音飛びが生じるようになり、ほとんど聞き取れないまでにおかしくなってしまった。

 これを改善し、正常化させることができた。

 正常化させるにあたってネット情報を渉猟したのだが、効果のある要領についてどこにも書かれておらず、参考になる事項がなかった。そこで、その経過と改善要領を以下に簡単に記し、ネットに放流しておきたい。こうしておくことで、誰か他人様(ひとさま)の役に立つこともあるだろう。

  1. 症状
  2.  前掲PCに接続して音楽を聞こうとしたところ、数日前まで正常だったのに、音が激しく途切れるようになってしまっており、音楽などがまるでノイズのようにしか聞こえず、正常な利用ができなくなった。

     ハンズフリー・ヘッドセットの機能の方は正常であり、音飛びも発生しない。

  3. 処置
  4.  ASUSのサポートホームページの「ドライバーとツール」から、最新のオーディオ・ドライバをダウンロードし、インストールした。ダウンロードしたのは64Bit版の「Realtek Audio Driver(2015/08/13更新)」である。

  5. 結果
  6.  正常化した。

  7. 処置に至るまでの経過
    1. 症状の切り分け
    2.  PCのスピーカーからの音と、PCのイヤホンジャックに直接ヘッドフォンを接続した場合の音はどちらも正常だったので、はじめは「PCのサウンド関連スタック等の障害ではない」と考えた。(しかし、結果から言うとそうではなかった)

       Androidスマートフォンに接続し、使用してみた。正常に音楽を聞くことができたので、Bluetoothレシーバ側の問題ではないと考えられた。

       また、上記は同じ室内、同じ机の上で試したので、WiFi等の電波環境は同一であり、電波の干渉等の問題ではないと考えられた。

       このBluetoothレシーバはスマートフォンのアプリ経由でファームウェアをアップデートするようにできているので、この時についでにファームウェアのバージョンを確認したが、本日現在の最新バージョン「1.3.A.0.2」であった。

    3. 試してみたが効果のなかった処置
      •  PCの再起動
      •  Bluetoothレシーバの電源のON/OFF
      •  Bluetoothレシーバの初期化
      •  PCとBluetoothレシーバの再ペアリング
      •  PCのオーディオ・デバイスのプロパティで、Bluetoothレシーバを「切断」し、しばらくしてから「接続」
      •  PCのオーディオ・デバイスのプロパティで、Bluetoothレシーバを「無効」にし、しばらくしてから「有効」に
      •  デバイスマネージャからBluetoothレシーバのドライバを更新
      •  デバイスマネージャからBluetoothレシーバのドライバを削除し、PCを再起動してドライバを再インストール
      •  デバイスマネージャからBluetoothを使用する他のデバイス(キーボード・マウスその他)のドライバを全部更新

デジタル欲しいなあ(笑)

投稿日:

 身辺にデジタルがないと、死ぬ、……という、ごく当たり前の体質をしている。……えっ、当たり前じゃないですか? 普通、デジタルないと死にますよね今日(きょう)び。

 洒落(シャレ)はさておき、そうは言うものの、尊敬するスタパ齋藤氏みたいに目につくデジタルを片っぱしから買いあさっていては、本当に死んでしまうから、まあ、普段はウィンドウ・ショッピングがせいぜいのところだ。

 それと、デジタルは持っているだけではつまらないから、どれもこれも使いこなすように心がけている。デジタルを使用して、デジタルとはあまり縁のないような事柄、花鳥風月を愛でたり、俳句を詠んだり、ピアノを弾いたり、文字列を出力したり、そういうふうでありたいと思い、実際そのようにしている。そうなると、いきおい、死蔵するものはあまりないし、多くは買わない。眺めるだけだ。

 ま、基本、貧乏人ですし。

 今日も帰りに秋葉原ヨドバシに寄って、世間をウォッチすると同時に、いいなあと思っているデジタルを眺める。

 前から欲しいなあと思って我慢しているコンデジ、CanonのIXY 190がどうなっているか、棚を確かめてみた。

 驚いた。1万4千円台で在庫数台、とある。

 初夏頃からなんとなく見続けていたのだが、うわさに聞くところ、春の熊本地震で重要素子の調達がままならず、ネット販売の値付けでは2万円台まで付けたほか、たしか先月頃のヨドバシ店頭でも1万9千円台であった。在庫も長いこと払底(ふってい)したままで、秋葉原ヨドバシでは値札の脇に、「入荷についてはお問い合わせください」というようなシールが貼り付けられたままであった。

 先々週頃立ち寄った時に、たしか1万6千円台になっていて、思わず店員さんに「ずいぶん値動きが激しいですねえ」と話しかけたら、店員さんは(そういう答えにくい話しかけには返答いたしかねます)というような微笑を浮かべて、一言も答えなかったことだった。いろいろと斯業界の事情があるのだろう。

 それが今日は1万4千円台である。よほど買おうかと思ったが、無駄遣いは家計の邪魔なので、我慢する。

 オーディオ売り場へ行き、Bluetoothレシーバーのいいのがないかな、とほっつき歩く。

 SONYのSBH50というのがなかなかよさそうだ。ラジオも聞けるようだし、液晶ディスプレイで凝った芸当ができるようで、それで5千円台。

 が、まあ、無駄遣いするまいと、これも我慢。

心霊ソースコード

投稿日:

 デジタルと霊魂とのシームレスな融合、ということを考えてみた。

 かつて写真は、画期的な技術的ブレイクスルー、人類の文明を劇的に前進させるハイパーメディアであったはずである。

 しかし、当時の科学技術の粋を集めた写真技術にすら、いにしえの神秘主義は待て(しば)しというものがなく、「心霊写真」という一大ジャンルがいまだ絶えることなく人々を惑わせている。

 写真に霊魂が写るのならば、デジタルデータにも霊魂の作用があってしかるべきである。

 すなわち、「心霊mp3」「心霊csv」「心霊プレゼン」「心霊ソースコード」「心霊web」「心霊html」「心霊パケット」「心霊名前解決」などがそれである。

 写真に霊が写るというのならば、通るはずのないコンパイルに心霊の作用したソースコードが通るとか、解決されるはずのないfqdnがなぜかIPアドレスになる、などということもあってよい。