前科のある代議士を否定したい

投稿日:

 辻本清美のような正真正銘の刑法犯、詐欺罪が裁判で確定して前科のついたような者は、公務員になることができないが、特別職国家公務員であるところの代議士や国会議員にはなることができる。

 なぜかというと、これが民主主義というものだからだ。その理屈は

「例え物相飯(モッソウめし)を喰らい込んできたような正真正銘の前科持ちでも、『多くの人が選挙で選んだのであれば』、その罪状をも含んで人々の信任を得たということになる」

……のであり、それによって国会議員になれるのである。

 したがって、前科者が国会議員になることなど到底許すことができない、というのであれば、あんな阿女(アマ)になぞ投票しなければいいのだが、悪くしたことに、ああいうカスに限って比例代表名簿の上の方に載っていて、それでのめのめと代議士になりおおせることができる訳である。

 こうなると、ああいう犯罪人を比例代表の名簿の上の方に載せるような民進党如き政党を非難するしかないのだが、非難する正当な方法は有権者にはない。思うに、民進党を政党全体としては信頼していても、例えば辻元清美如き前科者など、個々の国会議員がどうしてもいやだという人だってたくさんいるのではなかろうか。しかし現在のところ、犯罪人代議士を拒絶したいなら、例え政党全体の政策などは支持していたとしても、その政党全体を否定するよりほかにない。

 辻元清美が嫌いだからこういうふうに書いているが、対立する自民党にだって昔は鈴木宗男だのというのがいたし、古くは田中角栄だって犯罪人だったわけだ。もっと(さかのぼ)るなら、吉田茂なども、陸軍刑務所にブチ込まれて本当に生塩を御菜(おかず)にスチーム臭い一膳めしを食っていたのである。こういう人物が代議士になるのが嫌なら、他に選びたい人がいたとしても「自民党全体を否定」するしかない。

 思うのだが、今の制度だとこういうことになってしまうから、代議士たるもの、女癖の悪さでスキャンダルになるとか、スピード違反一つ、金銭ミス一つ、どれも絶対にすることがないよう、潔癖・厳正に生きてほしいものである。公務員法その他、国会議員が行った立法によって、官僚や公務員の犯罪者は免職になるから、理論上公務員には犯罪人は存在しないのであるが、その官僚や公務員を顎でしゃくってコキ使っているのが前科持ちの代議士センセイだ大臣だなどと、ふざけるなと言いたい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください