サンリオ ピューロランド

投稿日:

 ゴールデン・ウィークである。

 今日は、小1の下の娘を面白がらせてやりたいと思い、多摩のサンリオピューロランドへ行ってきた。

 小5の上の娘が2歳ぐらいの頃に一度行ったことがある。その時はあまり良い印象を持たなかった。夏休み真っ只中で、混み過ぎて面白くなかったのだ。

 ところがどうして、今日はとても面白かった。充実して楽しむことが出来た。7年前とはだいぶ状況が変わっているようだ。ショーの内容がかなり充実したと思う。下の娘も満足した。

 5時起き、6時出発である。早い目に行ったのも、ゴールデンウィークの渋滞を避けることができて良かった。

 さて、そのピューロランドで知ったことであるが、サンリオの一代社長、辻信太郎氏は、メルヘン創作作家としての顔も持つ。ピューロランドで上演されるメルヘンシアターの原作も手がけていて、それらの原作本をピューロランドの売店で求めることができる。3話続きのメルヘンシリーズ、「森のメルヘン」「海のメルヘン」「街のメルヘン」というのがあるのだが、これがたまらなく良いのだ。ピューロランドから帰ってきて、一気に読了してしまった。

 

森のメルヘン―白い小鹿ミエル 森のメルヘン―白い小鹿ミエル
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2005-12
海のメルヘン―潮風の天使マリー 海のメルヘン―潮風の天使マリー
価格:¥ 2,520(税込)
発売日:2006-10
街のメルヘン 街のメルヘン
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2007-12

 どれもしみじみと良い話である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください