応用曲「エリーゼのために für Elise」その0.991

投稿日:

 今日はお彼岸連休に働いた分の代休だったから、朝からせっせとピアノの練習をした。すなわち、「エリーゼのために」を「その1」にして、完成品にするためだ。

 だが、できなかった。

 朝から数十回にわたって録音を繰り返したが、満足のいく演奏は一度もできなかった。

 ・・・がっかり・・・、すると、思うでしょ?

 ところがどっこい。これで絶望したりがっくりしたりする私ではないのであった。弾けるまで、何百回でも練習だ!!既に、概数千回以上は通し練習をしているだろう。

 私はオッサンであり、物覚えも悪く、才能もない。才能のない頭の悪い人間が、勉強も研究も練習もしなければ、どんどん落ちぶれていくのはわかりきった理屈である。

 早くに自分が愚かであると認定することだ。もし、私に似た人がいるなら、その人は、「私は本来は頭がよく、才能もあり、ただ、少しばかり運に恵まれないのだ、だから不当な地位に甘んじているのだ」などという馬鹿げた妄想から脱却して、愚者の道を歩むことをはじめるべきである。

 返す返すも、若い頃にこうしたことに気付かなかったのは、実に残念なことであった。

「応用曲「エリーゼのために für Elise」その0.991」への2件のフィードバック

  1.  関係ないですが、991と見て、学生時代の腕立ての回数を思い出しました。あと10回といわれてから何回やったんだろう・・・懐かしい。
     運は、ご先祖様に投げキスしたくなるくらい良いと思われるのですが、能力が、ないです・・・恥&泣。ので、自分はひたすらやるだけですね。諸兄のご指導ご鞭撻に甘えてしまいますが・・・精進精進。

  2. >ゆみ様
     「今日は10回だけだッ!!たった10回だ!!」
     ・・・なーんて、んで、9.1、9.2、って、ねえ(笑)しまいにゃ、「9.91ッ!!」なんて言われて。
     私は、でも、その頃に、愚者の道を歩むべし、という境地には至れませんでした。文字通り愚かであるから、でしょうか。多分そうでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください