ウイルス王

投稿日:

 コロナウイルスによる重症肺炎が中国を起点に蔓延(まんえん)猖獗(しょうけつ)を極めつつある。

 ところで、このコロナウイルスの「コロナ」とは何であるかというと、これは「王冠(クラウン) Crown」のことを希臘(ギリシア)語で「コロナ Corona」と言い、このウイルスの顕微鏡的所見がさながら王冠を上から見たような形状であるからだという。

 「ウィルスの王」と言ってみるとなんだか強そうである。

 しかし、上のリンクにある科学的所見によれば、インフルエンザウイルスなどと同じく、遺伝情報が直接弱い膜に囲まれ、その外側に蛋白質の粒が王冠のように並んでいるそうだ。細かく言えば、インフルエンザウイルスの場合、外側膜は人の細胞膜の一部を盗み取ったものだそうだが、コロナウイルスの外側膜は「(あぶら)」である。

 単細胞生物である細菌が、ウイルスと違って細胞膜に覆われていることを「卵」で例えると、これは「卵の殻」で柔らかな白身と黄身が守られているようなものである。他方、純粋遺伝情報のみを持つウイルスは「白身と黄身が宙に浮いて露出しているようなもの」である。但し、それでは瞬時に消滅してしまうので、「油膜で遺伝子を覆ってある」のである。卵のたとえで言うと、殻を取り去り、内側の白い卵膜だけにしたプヨプヨの卵のようなものである。

 しかも、コロナウイルスの場合、その膜は「脂」に過ぎない。

 石鹸による洗浄がウイルスに有効な理由はここにあるという。すなわち、石鹸の持つ単純だが強力で物理的な界面活性効果は、ウイルスの遺伝情報の外側を守る油膜の界面を壊して水に溶かし、ウイルスの構造を壊してしまうのだ。卵の中身が壊れてしまうように、ウイルス内部のRNAは外に出されると死ぬ。

 我々一般人は強力な感染症から身を守る(すべ)とてはなく、国・自治体等関係当局の処置に待つ他はないが、せめては、科学的知識を渉猟(しょうりょう)し、その弱点を見極めて対応するより他にない。(ひん)回、石鹸による洗浄を行うだけでも、手指等で目・鼻・口を触ることによる感染は相当防ぐことができるだろう。

 「王冠ウイルス」と言えばなにやら強そうだが、石鹸で壊れる如き、むしろ「ビール瓶のふた(王冠)に似ている」と言ってやれば、多少は胸の不安も晴れる。

時事雑挙

投稿日:
そんな無茶苦茶な

 いやー、……。

 こ、これは、あるかないかで言えば、「ナイッ!!」だと思う。まあ、報道ではわからないいろいろなことがあるのだろうが……。

国会をデジタル化すべし

 杉田水脈女史の野次内容や主張がダメなのではなく、国会の全ての野次がダメだ。不規則に発言し、国会の秩序を乱す者は、直ちに免職されてしかるべきである。もし学校でこのような者がいたら、教師や親はこれにどのように対するかを思い見るがよい。

 だがしかし、国会における野次は、正規の質問や答弁とは違う次元で、国民から選ばれた者が微力ながらも意見の一部を表明するため許された行動乃至(ないし)言論でもある。だから直ちに圧伏し禁止する、というわけにもいかないことは、私もこれを知る。

 考えるに、議員や代議士が百論を百出し、あらゆる言論を尽くすには、衆議院で465人、参議院で248人という多数の人がさながら烏合の衆の如くガヤガヤと集まる国会議事方式そのものに無理があるとは言えないか。

 かくなる上は、議事堂内にデジタル装置を備え付け、全議員が同時にデジタル発言をできるようにすべきだ。これらデジタル発言は、厳密なる個人認証のもとですべて記録・保管される。口汚い罵りも許容し、議事録の中にリンクでその発言を埋め込めばよい。

 あらゆる国民がそれにアクセスでき、誰がどのように考えているのかを後々追跡検証(トラック)できるようにするとよい。

 そこまで考えてきてふと思い当たったが、もはや国会議事堂など不要ではあるまいか。国会はバーチャルのほうがよくないか。厳密なる個人認証のもと、全部ネット上で議論すれば、誰が言った言わないなどと不毛な論議で時間をつぶすことなどなくなる。

愚か者めがッ!!(笑)

 また白だの黒だのと。「ホワイト」などという言葉の響きに喰い付く連中が大騒ぎするのだろう。

 ……いかにも大味でガサツでもののわからぬアメリカ人好みの論よのうッ。見ろ中川ッ!手が汚れてしまったではないか愚か者めがッ(笑)。

時事片々

投稿日:
アシュケナージ氏引退

 世界的ピアニスト、稀代のヴィルトゥオーソにして指揮者、ウラディーミル・アシュケナージ氏が引退するのだそうな。

 「えっ、この人、82歳にもなってたんだ!?」という気がする。

 最近、俳優でも歌手でも政治家でも、自分が知っている有名人という有名人は、みな老人になってしまっている。若い人の名前なんて知らなかったり皆同じ人に見えたりする体たらくである。

 職場の人なんかも、先輩たちは最早(もはや)(ほとん)どが定年で辞めてしまい、消えてしまった。

 寂寥(せきりょう)

上皇后陛下、皇后陛下と書けないものか

畏し

 「可能性」とか「実現か」という言葉の選び方も品がない。「さま」付けとは言え御名前を(じか)に書くなど(おそ)れ多い。せめて「皇后陛下合同御静養へ 上皇后陛下と 18年ぶり」というふうに書けないのかな。

 まあ、しかし、なにせ週刊誌のことだから、そんなことブツクサ言ってもしょうがないと言えばしょうがないか……。

英国王室はこういうところがアケスケだよねえ……。

 これからはヘンリー王子殿下でなく、「ヘンリーさん」「ヘンリー氏」になってしまうわけだが……。

 それにしてもしかし、こんな何不自由なく暮らしてきた人物が、突如一般人になって、公金や年金を返上しちゃって、まともに暮らしていけんのかねえ。よその国のことながら、心配になってしまう。

 ところで、英国王室で「ワシはもう、辞めるッ!」って言って辞めちまった人、というと、エドワード8世国王がすぐに思い浮かぶ。今のエリザベス2世女王の伯父(おじ)さん(父ジョージ6世国王の兄)にあたる。

 この人は明治27年(1894)に生まれ、昭和47年(1972)に亡くなっているが、離婚歴のあるアメリカ人と結婚するため、さっさと国王を退位してしまったのである。この頃のイギリスというと、まさしく世界帝国であって、アメリカ大統領よりもよほど権勢のあった時代だと思うが、それをかなぐり捨てて「愛に走った……」わけである。

 ところが、「だいぶ新しめの変な人」だったので、その後ナチス・ドイツやヒトラーを褒めちぎったりしたものだから、「イギリス王室の厄介伯父(やっかいおじ)」そのものとなってしまった。だって、ドイツは敵国なんだから。当時みんなで「あの困った伯父さんは~……」とため息を()いたとか吐かなかったとか。
 

オヤ、おめでたいこと

 右は朝日のYouTubeチャンネル。


 少子高齢化の折柄、まことにおめでたいことである。滝川クリステル氏は42歳にもなっての初産(ういざん)であるので、未婚あるいは未産の女性には、一つの刺激にもなると思う。

当たらずとも遠からず、ってとこ(笑)

 腹抱えて笑ってしまった。

 ま、私に言わせればどちらも似たようなもんだが。

イラン誤射

投稿日:

 イラン。こりゃまた、派手にやらかしちまったなァ……。

 「すみません、間違えました」じゃ済まないぜ……?

阿呆臭い

投稿日:

 イスラム過激派がテロを繰り返す政情不安の国、プライベート・セキュリティを自称し銭金次第で密出国を手助けするような正体不明の組織が放置されているような国、(いやしく)も大統領ともあろう者が逃走した犯罪容疑者を引見するような国、つまりレバノン如き国の司法の方が日本より優れている、というわけだ。

 笑止千万なり。

国の面目を蹂躙するような者は許されない

投稿日:

 ゴーン何某(なにがし)という犯罪容疑者が国外へ逃亡したという。

 (いま)だ裁判前とは言え、関係者間の係争で民事訴訟中などというような生易しいものではない。この男は特別法犯とは言え、犯罪の容疑者である。犯罪の容疑者ということは、人殺しや泥棒と同じなのである。動かしたと疑われる金の額から言えば、「万引き犯がお縄になって、チョイとお上の手を(わずら)わせた」などという吝嗇(ケチ)(くさ)い話とはわけが違う。

 そんな者が金にあかせ、楽器コンテナに潜り込んでレバノンへ逃亡したそうである。

 世界的著名人か何か知らないが、所詮、何もかも欲得ずくの商人でしかなかった、ということである。

 日本の国法の面目を蹂躙するような真似をしておきながら、彼の地で悠々と声明し、いわく、「日本の司法の不適切を自分が裁く時が来た」などと(うそぶ)いているという。

 日本の国法を蹂躙するということは、日本人全部に対し唾棄(だき)したということと同義である。

 恐らく我が国司直・政府は、この男に対して何の手も出せないだろう。従って、我々一般国民個々は、いかなることがあってもこのような人物を許さず、その犯罪と逃亡を永久に記憶し、「将来にわたって絶対に許さないこと」がなすべきことと考えられる。ゴーン何某はこれに対し、言論・出版・放送等を通じて弁明を試みるであろうが、この男の言説など絶対に理解するべきではなく、また、受け入れることもあってはならない。

盗撮犯なんか死んでしまえ

投稿日:

 今日は冬麗らかで、今は気持ちの良い昼下がりなのだが、そんな時にTwitterで盗撮犯の仕込み靴の写真を見てたちまち胸糞が悪くなった。

 こういう奴って、根絶やしにできないものなのかな、と思う。

 男の私にとってもこういう破廉恥犯は迷惑である。こういうことがある度に電車や公共の場所に無用のルールが増え、ただでさえ不快な通勤満員電車が、ますます窮屈で、嫌な場所になって行ってしまうからだ。

 職場でも迷惑である。何を隠そう、私の職場で盗撮で検挙された愚か者がおり、私はその男の尻拭いをさせられて人事上の迷惑を(こうむ)ったことがあるのだ。洒落では済まされない迷惑であった。

 こういう奴は病気なので、一度反省して()めたかに見えても、しばらくするとまたやる。9割とは言わないが、5割か6割は、またやる。

 病気とは言っても、こんな者に効く薬なんかないから、死なないと治らない。薬中・ポン中と同じである。盗癖も同じだ。つまり、馬鹿なのだ。昔の人はよく言ったもので、「〽馬鹿は死ななきゃ治らない」(二代廣澤虎造『石松三十国船道中』より引用)のである。

 警察に捕まっても無駄だ。仮に起訴されて有罪となっても、死ななければ治らない馬鹿なのだから、馬鹿のまま社会に舞い戻ってくる。

 だから、死んでほしいと思う。他人が殺すと、殺した人が殺人犯ということになって迷惑だから、自殺してほしい。腹の底からそう思う。他人の手によっては治らないのだから、自分の手で自分の犯罪を始末してほしいものである。

俺とグレやん

投稿日:

 俺も仕事をボイコットして、二酸化炭素を増やすような奴らは滅んでしまえ!……とか物凄い顔で(わめ)いてみたいなあ。

 しかし、そんなことをすればアッという間にクビになり素寒貧(スカンピン)、一家は離散、昨日の主張もどこへやら、二酸化炭素を放出する企業への働き口を探して右往左往、……だろうなあ。

 だから、(だい)の大人がグレやんの真似をするわけにはいかない。

 そこでふと思いついたのだが、何の責任もない中学生に変な知恵を吹き込んで(あお)り立て、民族主義だとか女権、あるいは男権、宗教など、対立と分断を煽る様なことを言わせて操れば、世間の耳目を集めてちょっとしたビジネスになりそうではある。

 これが女の子であればなおよい。……いや、性同一性障害や薬物中毒など、話題の現代的な疾患に悩む子供なら、更に良いかもしれない。

 戦地から頭の良い子供を連れてきて、これくらいのことを言わせれば、もっと目立つな。

 グレやん。いろいろ参考になるのう。

投稿日:

 嘘新聞、嘘テレビ、嘘先生、嘘教科書、嘘歴史、嘘電話、嘘メール、嘘広告、嘘ブログ、嘘ツイッター、嘘ホームページ、嘘ニュース、嘘SNS、嘘政治家、嘘官僚、嘘社員、嘘商売人。

 もう、ほとほと見飽きた。こうなってくると、嘘でも本当でも、何でもいいような気すらしてきた。

古谷(ふるや)経衡(つねひら)氏の中曽根康弘論は正しいと思う。

投稿日:

 古谷(ふるや)経衡(つねひら)氏。

 私はこの人のチャラチャラした人相風体、茶髪、女の腐ったような喋り方が嫌いであった。言うこと書くことがどうこうではなく、生理が嫌いという、そんな程度のことだ。つまりは好悪のことであって別段取るにも足らぬ。

 しかし、氏が中曽根大勲位逝去にあたってものした次の一文は、正しく中曽根大勲位を論じており、二肯、(いな)三肯もなしうるところと感じられる。

 なによりも、古谷氏の論からは、限りない哀悼の心がそこはかとなく漂っている。死者に鞭打つ如き態度が横行する世の中であるが、古谷氏は「功罪」と題しながらも中曽根大勲位を惜しみ惜しみ、その死を悲しみ悲しんでいることが十分伝わってくるではないか。