八千草薫氏死去

投稿日:

 女優の八千草薫氏が死去したそうである。

 昭和の残照がまたひとつ消えた。寂寥を禁じ得ぬ。祈冥福。

お辞儀

投稿日:

 即位の礼に関するニュースなどを漫読していて、「カーテシー」という言葉を知る。

 カーテシー、カーツィ、コーツィなどとも書かれ、綴りは curtsy、curtsey のどちらでも良いようだ。

 これはつまり、ヨーロッパ流の「お辞儀」である。

 上体を折ったり、頭を下げたりする日本のお辞儀とはまた違って、バレリーナやヨーロッパの貴族の映像、フィギュアスケートの選手の演技後の所作など、色々なところでヨーロッパ流のお辞儀が行われていることを思い返す。

勉強と学歴

投稿日:

畏し

 (きた)る令和元年10月22日火曜日には、天皇陛下の即位の礼が執り行われる。まことにもって畏れ多いことである。

 すめらみことの(いま)したもう我が国の国柄にあって、心ならずも王法(おうぼう)に触れ、罪咎(つみとが)に問われて刑せらるる者があるのも止むを得ぬところである。

 国の慶事にあたり、御稜威(みいつ)(あまね)(ところ)、こうしたやむなき罪人を皇恩のもと(ゆる)し放つことは、古来行われてきたところであって、ごく当然のなりゆきである。

 そのような有り難き恩寵(おんちょう)の下しおかるる中において、一部、「罪人を解き放つとは何事、被害者の感情に配慮したのか」「天皇がどう言おうが罪人は永久に罪人だ、絶対に許すな」「そんなことを言うんだったら、借金をチャラにしろ!」「勉強に金がかかってしょうがねえ、奨学金を無料(チャラ)にしろ!」などという不逞極まる言説が囁かれているようである。

 さまざまな主張はあろう。国家はこれを許すだろう。だがしかし、「恩赦なんぞより奨学金を無料に」という言説には賛同できない。

 奨学金がなければ学べないような金満金欲主義の大学に大卒の学歴欲しさだけのために通わなくても、コンビニのレジにも土木作業の軍手の先にも汚物清掃のブラシの先にも、学ぶべきことは山のようにある。給料を貰って学べばよい。

 「学ぶ」は立派なことであり、尊ぶべきことであるが、それを「大学に行って学士や修士や博士をもらうこと」と直結するのは、笑止千万なことである。

 少子化のために入学者が減り、大学等は露骨な営業に走っている。大人の学歴欲をくすぐって学びましょう学びましょうなどと、あまりにも幼稚だ。

 勿論、そうでもして学業の基盤を確保し続けなければ、日本の大学如き、世界の「知」の圧倒によって瞬時に粉砕されてしまうだろう。

 だからと言って、有象無象がサラ金紛いの高利借金で学歴を買うこと、そして、その金で妙ちくりんに歪んだ学歴付与機関を養うことは、それは正しいのか?

 であれば、一言にして断ずべし。権威付けや学歴授与などによりかかることなく、ただただ、自ら学べばよい。

 暴力教師、セクハラ教諭、パワハラ教員、淫行教授なんぞによりかからずとも、世の中は読むべき万巻の書、学ぶべき神羅万象、乞うべき千言万語の教えに満ち満ちている。


浮浪者にも命がある、が……。

投稿日:

 台風19号は各地に被害を残して過ぎていった。

 被害に遭われた方には、心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い生活の再建をお祈りする。

 さておき、天災の後、いろいろと政治的な(くすぶ)りが残るのもいつものことだ。今度の台風19号でも、他人の危難に際して何等(なんら)()すところのなかった者であればあるほど、ネット上でぐずぐず政府や行政の落ち度を(あげつら)って()まぬ。

 浮浪者――これも「ホームレス」「浮浪者」等と言うのは差別的な感じがするから、今や「野宿者」等と言うようである――の多い東京都台東区では、非難してきた浮浪者2人の受け入れを(ことわ)ったというので、これが槍玉に挙げられている。

 これがまた、

「人権をなんだと思ってるんだ、浮浪者なんか死んでもいいってのか!?行政のクソが!政府もダメだ!!だから安倍は駄目なんだ、安倍ガー!!」

……というふうな人々と、

「お前ら本当の浮浪者を知らんから平気でそんなこと言えるんだ!!そんなこと言うんだったら半日でも1日でも浮浪者の隣で起居生活飲食してみろ!自分の家に勝手に浮浪者でも難民でも受け入れて助けてやればいいだろ、できるもんだったらやってみろや馬鹿野郎!!」

……というような人々の間で論争になってしまっている。印象的には、今のところ、どうやら後者の方が分が悪いようだ。

 なんだか、ヨーロッパで起こっている難民の受け入れと同種同根の何かすら透けて見えるように思う。

 浮浪者にも命があり、人権、生存権がある。いや、浮浪者のみならず、例えばたまたま来日旅行中で日本に国税を収めているわけではない外国人や難民であろうと、日本国内に位置する人間は、人間である限り、日本国からその誇り高い人権擁護の精神と政府の権威をもって、寛容な庇護が与えられて然るべき筈のものである、と言ってこれは誰しも二致はあるまい。

 台風で死にそうだ、命の危険が迫っている、助けて下さい、と庇護を求めている者には、救いの手が差し伸べられなくてはならぬ。

 だが実際、そんなこと、簡単ではないのだ。区役所に言われても困るというのが、区役所の言い分だろう。

 実際、もし自分がやむなく避難所で起居していて、自分の隣に、イカれた、臭く、疥癬(かいせん)()みで、奇声を発し、寝ころんだまま小便を垂れ、女の体を触り、眼を離した(すき)に他人の財布から紙幣を抜き取るようなトラブル浮浪者なんぞに来られたらたまったもんではない。

 そりゃまあ、浮浪者にもいろんな人がいて、上述のようないろいろ複合したひどい人物ばかりでもなかろうが、正直なところ付き合いかねる人種が多いのも、これは正直なところ、肯定せざるを得ないというのが事実ではあるまいか。

 ところが、世の中、「そういう人でも私は平気であり、受け入れる」という博愛の方も、実際にいるのである。そういう方は、災害の時だけではなく、普段から天与の使命感に燃え、活動家として浮浪者の人権を守るべく、額に汗して一生懸命頑張っているのである。立派である。今回も、そうした立派な人たちが早くから浮浪者の野宿床を見て回り、見捨てられつつある弱い立場の浮浪者を助けようとしたのである。

 古くはイエス・キリストが、薄汚れ、迫害され、弱く、飢えた人々に寄り添い、病気の人の()れ物の(うみ)を洗い清めてやり、「神は(なんじ)に祝福を垂れ給う」と言ったのである。

 (ひるがえ)って、普段そういう篤志(とくし)活動をしているわけでもなく、(いわん)やみんな大好きキリスト教の、教祖(イエス・キリスト)のような高潔無垢の至高者でもない、知らず知らずとは言え資本主義の仕組みに平気で乗っかり、「俺の金は自分で稼いだ俺のもの、誰にも分けてやるもんか」と無意識のうちに緩慢()(わず)かずつ人を殺していっている如き、無関係の有象無象(うぞうむぞう)が、事情も知らずに「台東区役所死ね」みたいなことを言うのは、これは違うと思う。

 だから、台東区役所の言い分のみならず、他の自治体や政府の、浮浪者の人権をどうするのか、そこら辺の見解が出てくるのを待ってみようではないか。事情をよく聞いてみようではないか。

 ともかく、今回の浮浪者二人は、どうやら台風が過ぎ去った後で新聞のインタビューに答えているようではあるから――いや、本当にその本人なのかはなんだか怪しいようだが――命は助かったものと見える。死ななくて本当に良かったと思う。命のある、生きている人間なのだから。彼らには、例え不幸でも、都市の片隅で生きていける自由と権利がある。その程度の冗長性を都市が持っていても、それはそれでいいのではないか。冗長性が(もたら)強靭性(レジリエンス)、というような展開だって、ないとは言えぬ。

騒ぎにもしなけりゃ興味も持たない

投稿日:

 変な芸術展がいまだに騒ぎになっているようだ。

 一見、私には合わない。合わないから興味もないし、見ない。

 取り上げ、騒ぎにし、問題化すればするほどこれは注目を集める。

 だから、相手にもせず、注目もせず、取り上げもせず、平静、平然、無興味、無視、これが最も望ましい態度だと思う。「これをどう思いますか?」と聞かれたら、「知りません。興味もありません。見たこともありません。これからも見ないでしょう。」ということだと思う。

時事雑片

投稿日:
薄々、けっこういい加減な国柄だとは思っていたが

 なかなか良い記事。

 そう。恐怖独裁軍事国家、というのとは違うんだよな。冗長で、意外にバカな感じの国なのさ。プーチン氏も処世で生き残っていっているだけで、恐ろしい人物でもないように思う。

手ぶりさえ。これもポリコレ?

 極端国家アメリカじゃ、手ぶりさえも駄目なのだという。

 よくもまあ、次から次へとこんなろくでもないことで血眼になれるよなァ、あそこの国は。……いやまぁ、そりゃ、俺には何の関係もありませんけどね。

痴漢と言うのは本当は馬鹿な男のことを言うが

 男の嫉妬、っちう奴じゃな。

 男の嫉妬。醜いねェ。単純極まる馬鹿である。

 ところで、「痴漢」というのは体を触るなどする性犯罪者のことだが、本当の単語の意味は、「(たわ)(おとこ)」、つまりバカ者のことである。

 嫉妬深い男というのは、「痴漢」と言っていいと思う。

払った税金を自分のお金と思うか、自分の敵にゆすり取られたお金と思うか

 私の嫌いな朝日新聞だが、この記事はいい記事だと思う。

 自分のお金を預ってもらって、自分のために使ってもらっていると思っているか、つまり払った税金を自分のお金だと感じるか。それとも、ゆえなくして敵であるところの権力者にむしり取られ、あるいはゆすり取られて悪用されていると思っているか、つまり自分のお金ではなくなってしまっていると感じるか。この二つのうちどちらかというと、私たちは後者に感じやすいのだろう。

 私などはどちらかというと「預けているだけ」「預けて使い方をアッチに任せているだけ」という感じを持っている。だが、政治や行政への不満を表明して見せることで自分の知性を見せびらかしたいような人は、そういうふうにとらえることは「私はバカです」と自分で言うような感じがして我慢ならないのだろう。一頃の大学生なんか全員マルクス主義に凝り固まった共産主義者だったから、日本のある一定の階層の人たちはおしなべて保守政党をこき下ろしていて、そうしなければ自分の知性が低下し、逆に保守政党をこき下ろせばこき下ろすほど自分の知性が表明されると思っていると見て間違いない。その矛先は時に警察官や市役所や公立学校の先生にも向けられる。曰く「税金泥棒」というわけだ。

 しかし、そういう「知性を自認している連中」も、自分たちのやっていることはいい加減なものだ。こうした人々のほとんどは経済行為に従事していると言ってよいと思うが、その経済行為なんてものは、所詮、「できるだけ価値の低いものをできるだけ価値の高いものであるかのごとく欺瞞して売り、儲ける」という詐欺行為でしかない。詐欺師が泥棒をこき下ろすなんざ、目糞鼻糞どころか、ザーメンとマン汁、略してザー・マンである。いや、これは誉めてるんですよ。ザー・マンにはどことなく愛の背景がありますからね。

 だから知性なんて糞喰らえ、……といつもの方向に持っていってもいいが、まあ、今日はよそう。

いろいろ書くよね

投稿日:

 ツイッターにいろいろ書く。

 文句めいている。

 大日本帝国とドイツ第三帝国を一緒くたにするのもなにやら腹の立つことでもある。


 愛知ナンチャラとかいう展覧会も、まあ、どうだっていいんだけどね、あんなの。

競歩って凄いなあ

投稿日:

 競歩の世界的第一人者、鈴木雄介氏は世界陸上競技会において堂々金メダルを獲得したそうである。

 それにしても、競歩選手の凄さと言ったら。

 この鈴木氏は、50km種目で3時間39分7秒の日本記録を持っている。

 他方、どこの馬の骨とも知れぬこの私、佐藤俊夫は、3000メートルを13分30秒ぐらいで走る。これは、もう、ヒイヒイゼイゼイ、全力を尽くしてこの程度である。本当に体力が低下した。(ヤキ)が回ったと言える。

 さておき、もし私が、3000メートル走るのと同じスピードで50キロ走ったとして――否、そんなことはどだい無理なのだが――、

\cfrac{13(min)30(sec)}{3000(m)} \times 50(km) = 3(h)45(min)

というような計算で、3時間45分かかるわけである。「全力で走って」ですよ。それを、競歩の世界的第一人者は、「歩いて」3時間39分なんである。

 競歩の世界的第一人者にかかれば、素人が全力で走るより、「歩いた方が速い」んである。

 何か、この、ブラックホールとか、中性子星の近接とか、そういうような宇宙的何かにより時空間に歪みが生じているとしか思えない。

 それくらい凄い。

 ちなみに、素人マラソンランナーが42.195kmを走り、3時間を切ると「サブスリー」と言われ、「なかなか走る人」、という部類に入ってすごいねと褒められる。だが、これを50km競歩と比べると……

\cfrac{3(h)}{42.195(km)} \times 50(km) \fallingdotseq 3(h)33(min)18(sec)

……50キロ走って3時間33分18秒を切れば、マラソンのサブスリーと同等である。この「サブスリーのなかなか走る人」を鈴木氏の50km競歩日本記録の3時間39分7秒と比べると、鈴木氏の方がせいぜい6分ほど遅い程度である。逆に、鈴木氏の世界記録を42.195kmのマラソンに換算すると、

\cfrac{3(h)39(min)7(sec)}{50(km)} \times 42.195(km) \fallingdotseq 3(h)4(min)55(sec)

……というわけで、「ギリギリサブスリーに届かない程度」に過ぎない。

 競歩と言うのは、だから、実に過酷な競技だ。ただただ鈴木氏を尊敬する。凄い。

旗の用法に注意を払う

投稿日:

 私は右翼であるので、朝鮮人、とりわけ韓国人が日本の国旗に文句を言うのには我慢がならない。

 だが反面、旗の用法には一定の注意が必要であるとも思う。

 (わめ)き騒ぐ一部の政治的韓国人の味方をしたり肩を持つわけではないが、スポーツのファンなどが旭日旗を押し立てての応援に(こだわ)るのは考え物である。

 日章旗と旭日旗は異なる。

 日章旗の方は、これは日本の旗だ。国民皆のものだ。日本国民は誰でも、この旗を誇りとし、慶祝に応援に、これを掲げ用いる権利があるはずのものであり、それでこそ国旗の尊厳が生じ、発揚され、維持され、向上される。与国、他国、第三国からケチをつけられる筋合いのものではない。否、ケチをつけたければ勝手につけるがよい。コッチは勝手にこれを無視し、日章旗を用いるだけである。

 他方、旭日旗は、これは違う。これをスポーツの応援に用いるのは如何(いかが)なものか。

 というのは、旭日旗は、8条のものは自衛隊の部隊一般の、16条のものは海上自衛隊の自衛艦の旗であり、すなわち日本の国家としての軍事機関の標章だからである。

 こういうものを非暴力、平和、楽しみの場であるスポーツ会場へ持ち込むのは不適切であるし、上述の理由から、知らず知らずのうちに国の機関の地位を詐称してしまっている疑いもある。

 8条、16条とも、古くから用いられてきたもので、一般的なデザインのものでもあるから、著作権がどうとか意匠登録がなんとか言うような筋合いのものではない。ただ、これは軍事機関、軍事機関と言って差し支えがあるならば、自衛隊の部隊や自衛艦と表現するが、これらそれぞれの標章であり、そのことをもって、これらの旗を自衛官でもなんでもない一般人がスポーツの応援に振り立てて用いるのは不適切なのである。自衛官が固有の公務として執行する国防の任務は、スポーツとは異なる。本物の命のやり取りと、点数が入って勝ち、というようなものは異なるのだ。

 スポーツの応援とは別だが、同様の理由で、軍人であったことなど一度もなかったような(やから)が「コスプレ」と称して旧軍隊の軍服や階級章、勲章類を着けて闊歩したりするのも、身分や地位を詐称している疑いがあるので、私はこれに反対である。

 ただし、(こう)()()とかマニアとかいうような人が、旭日旗や軍服、勲章類をただ収蔵し、時々取り出しては見て楽しむだけだと言うのなら、これは誰に迷惑がかかるわけでもなし、勝手にするがよろしかろう。また、江戸時代の武士の扮装を農民出身の一般人が試してみたからと言って、これはもう100年以上が経過して歴史的なものになっているのであるから、身分や地位の詐称とは言えないと思われる。本身の正宗や村雨を腰に二本(りゃんこ)差しにして振り回すのでもない限りは、これもまあ、勝手にすればよろしい。

 そのような理由で、私の意見は、スポーツの応援や、祝日や慶祝時に一般人が掲げる旗としては、「日章旗は〇、旭日旗は×」である。

台風17号

投稿日:

 台風17号は日本海側を遠く過ぎていき、温帯低気圧に化けた。

 私の住まいあたりは、それにつれてみるみる暑くなってきた。今気温は30度を超え、湿度は70%である。

 低気圧というものは「左巻き」であるから、台風が日本海側を通ると、その東縁にある関東地方へは、熱い南海洋上の風がどんどん吹き込んでくるわけである。

 こりゃあかなわん、というところだが、風があるからまだしもである。

 逆に、太平洋側を通ると、台風一過後、北の冷たい空気が吹き込んでくるので、爽やかに空気が澄み、涼しくなる。