レンガ積み

投稿日:

 自宅西側のプロパンガス設置場所付近の外構に気に入らないところがある。少し地面の(かさ)が低く、汚水管の点検口が、後から砂利など入れるのを想定したものでもあろうか、十数センチほど高い目に立ち上がっていて、それがまた丁度、プロパンガスボンベ取り換えのための通路にあたっており、ガス屋がボンベを取り換える際に汚水管を損傷する恐れがあった。

 砂利を高くすればいいようなものなのだが、それには砂利がこぼれないよう少し壁を作らなければならない。結局、どうも面倒で、新築後この18年が経過してしまった、というわけである。

 先日「防草シート」をプロパンガスの下を含む周りの地面に施工したこともあり、意を決してその部分の周囲をレンガ積みで高くし、化粧砂利を充填して汚水管点検口と地面を「(ツラ)イチ」にすることにした。

 久しぶりに骨材入りのモルタルを()ね、レンガを水に漬ける。折から梅雨入りで、雨がそぼ降っていたが意に介さない。モルタルや煉瓦は、乾いて固まるのではなく、水にぬれると化学反応を起こして固まるからだ。レンガも乾いているとモルタルがくっつかず、うまく仕上がらない。そのためあらかじめ水に漬けるのである。

 なので、こういう作業は雨の日にしたほうがいい。

 作業は小一時間ほどで終わり、家の外構が気に入った風に仕上がった。

網戸の張り替え

投稿日:

 自宅建築後18年間、手つかずで放っておいたリビングの網戸。さすがに破れや伝線めいた傷が入って、時に虫が入るようになった。張り替えるにしかず。

 網戸の寸法を測り、ホームセンターで間に合うサイズの取り換え用網と、固定用のゴムチューブ(⌀3.5mm)、ゴムチューブ押し込み用のローラーを買う。

 網戸の網にはいろんな寸法があるから、自宅の網戸をよく測ってから買いに行くことだ。この際、忘れずに「固定用ゴムチューブ」の直径も測っておかなければならない。

 網には「ノーマルな『灰色』」とか「外が良く見える『黒』」、また屋内からは外が良く見えるが、外からは屋内が良く見えないという「外が『銀』、内が『黒』」というようなものもある。今回は3番目の「外が『銀』、内が『黒』」の網を買った。

 網についていた「網の張り替え方」の(しおり)を見ながら作業する。

 小一時間ほどでうまく仕上がった。

家の周囲の手入れ

投稿日:

 玄関先が雑草だらけになった。雨も降るので、草が伸びるのは仕方もない。

 防草シートを買い込み、施工することにした。Amazonでポチ。

 雑草を全部抜き、表面の砂利と土を5センチほど()き取る。ついでに庭の雑草も全部抜く。

 玄関前の土混じりの砂利を(ふるい)にかけて砂利と土を()り分ける。

 土を鋤き取ったところへ除草剤を撒く。ここで園芸を楽しむつもりもないから、まずこれでよい。

 砂利を水で洗っているところへ、Amazonで注文した防草シートが届く。適当に切って敷き込む。

 洗った砂利を防草シートを敷いた上へ()いて作業終わり。

 こうして書くとまるであっという間の作業に見えるが、実際は丸一日かかってしまった。(かが)み込んで働き続けたので、腰が痛くなった。

自宅の修繕

投稿日:

 築17年ともなると自宅が傷んできた。派手な雨漏りなんてのはさすがにないが、内装に雨染みの出ているところもある。

 業者さんに下見に来てもらった。

 来週の土曜日に見積もりを持ってくると言っている。

痒ッ

投稿日:

 玄関回りの表と家の脇の草をむしる。

 蚊に刺されまくって痒いったらない。

 庭は後回し。

Today and tomorrow, I do not only have……

投稿日:

 今日も明日も、自宅で垂れ()めているより他に仕方がない。

 残念だ。

寸暇あり

投稿日:

 今をおいて他になし、というくらいの勢いで早朝から庭の手入れ。

 玄関まわりの草を抜き、アスファルトの割れ目やコンクリートの隙間から蒲公英(タンポポ)がガサガサ生い茂るのを引っこ抜く。

 モルタル練ってセメントの隙間を埋める。石やセメントを押しのける蒲公英ほか雑草の生命力は愛しくかついじらしくもあるが、そこは人間様にも都合というものがある。無情にも塗り固めてしまう。またどこかで咲け。根性があればこれをも押しのけてまた伸びよ。

 やっとこさ終わり。腰痛ェ。

庭に砂場を作る

投稿日:

 前々から庭の空きスペースには砂を敷いており、娘二人が砂遊びを楽しめるようにしてあったのだが、地面にそのまま砂を敷いただけだったので、ともすれば砂が土混じりとなり、扱いにくくなるきらいがあった。それに、近所の子供が遊びに来ると、どうしても砂に水を注いで泥んこ遊びになってしまう。そのままの地面に砂を置いただけの場所に水を注ぐと、そりゃまあ、凄い泥になる。自分の家の子だけが泥だらけになるのなら、まあ健康な遊び方でもあるし、それは良いのだが、よその子が泥だらけになって帰り、向こうの親御さんにこっちが文句のひとつも言われてしまうとチト不愉快でもある。
 そこで、ちゃんと枠を切って砂場を作ることにした。

 とりあえず庭をスコップの刃の深さ分、四角く切る。
 それから、ホームセンターで枠に使うものを見繕う。はじめは枕木を使おうと思ったのだが、枕木は一本2000円以上もする。何かないかなあと思案しながら売り場を歩くと、ツーバイフォー材の180センチぐらいのやつが一本225円の激安で売っている。これを2本組み合わせて使うことにする。腐り止めの塗料を一缶と、ツーバイフォー材を枠に組み立てるためのコーススレッド(木材用のビス)の75ミリのやつを買う。〆て2800円。

 庭に切っておいた穴の大きさに合わせてツーバイフォー材を切って組み立て、タテ130センチ、ヨコ80センチ、深さ20センチの枠を作る。腐り止めの塗料を何度も入念に塗ってから穴にハメ込む。
 砕石と飾りの敷き砂利、砂を買い込む。飾りの敷き砂利にはいつもの300円の玉石じゃなくて、チョイとコ洒落たクラッシュブリックをおごる。全部でざっと1万円かかってしまう。

 砕石を砂場の枠の底と回りに敷き詰めてよく突き固め、周りに砂利を敷き、砂を入れて出来上がり。

家を建てると

投稿日:

 持ち家を持つと、帰宅が早くなる。
 にもかかわらず、なんだかやたらと仕事がはかどる。

「自宅建築誌」のトップページ

投稿日:

 iframeの中にブログを表示する形式をやめてしまった。
 トップページが大変さびしくなったが、まぁ、いくらでも時間があるから今から考えるつもり。