年年歳歳花相似(ねんねんさいさいはなあいにたり)歳歳年年人不同(さいさいねんねんひとおなじからず)

投稿日:

 「年年歳歳花相似(ねんねんさいさいはなあいにたり)歳歳年年人不同(さいさいねんねんひとおなじからず)」という漢詩の一節がある。

 ふと知ったことだが、これは唐の詩人(りゅう)希夷(きい)の、「代悲白頭翁」という七言古詩の中の一節だそうである。

(傍線強調は佐藤俊夫)
代悲白頭翁

洛陽城東桃李花
飛來飛去落誰家
洛陽女児惜顏色
行逢落花長歎息
今年花落顏色改
明年花開復誰在
已見松柏摧爲薪
更聞桑田變成海
古人無復洛城東
今人還對落花風
年年歳歳花相似
歳歳年年人不同

寄言全盛紅顏子
應憐半死白頭翁

此翁白頭真可憐
伊昔紅顏美少年
公子王孫芳樹下
清歌妙舞落花前
光禄池臺開錦繍
將軍樓閣畫神仙
一朝臥病無相識
三春行樂在誰邉
宛轉蛾眉能幾時
須臾鶴髪亂如絲
但看古來歌舞地
惟有黄昏鳥雀悲

 訓み下しは次の通り。

白頭を悲しむ翁に代って

洛陽城東(らくようじょうとう) 桃李(とうり)の花、
飛び来たり飛び去って()が家にか落つ。
洛陽の女児(にょじ) 顏色(がんしょく)を惜しみ、
行〃(ゆくゆく)落花(らっか)()って長く歎息(たんそく)す。
今年(こんねん) 花落ちて顏色(がんしょく)改まり、
明年(みょうねん) 花開いて()(だれ)()る。
(すで)に見る 松柏(しょうはく)(くだ)かれて(たきぎ)()るを、
更に聞く 桑田(そうでん)(へん)じて海と()るを。
古人(こじん) 洛城(らくじょう)の東に(かえ)る無く、
今人(こんじん) ()た落花の風に対す。
年年歳歳(ねんねんさいさい) (はな)(あい)()たり、
歳歳年年(さいさいねんねん) (ひと)(おな)じからず。

(げん)を寄す 全盛の紅顔(こうがん)()
(まさ)に憐れむべし 半死の白頭翁。

此の(おう) 白頭(はくとう) (しん)(あわ)れむべし、
()れ昔は紅顔の美少年。
公子王孫(こうしおうそん) 芳樹(ほうじゅ)(もと)
清歌妙舞(せいかみょうぶ)す 落花(らっか)(まえ)
光禄(こうろく)池臺(ちだい) 錦繍(きんしゅう)を開き、
將軍の樓閣(ろうかく) 神仙を(えが)く。
一朝(いっちょう) (やまい)()して相識(そうしき)無く、
三春(さんしゅん)行樂(こうらく) ()(あたり)にか在る。
宛轉(えんてん)たる蛾眉(がび) ()幾時(いくとき)ぞ、
須臾(しゅゆ)にして鶴髪(かくはつ) (みだ)れて(いと)の如し。
()()る 古來歌舞の地、
()黄昏(こうこん) 鳥雀(ちょうじゃく)の悲しむ有るのみ。
以下は中国名詩選〈中〉(岩波文庫)p.226より引用

劉希夷(651―679?)。字は庭芝。一説に名は庭芝、字は希夷。頴川(えいせん)(今の河南省許昌市)の人。琵琶の名手で美男の誉れ高かったが、素行が悪く、終生官位につけなかった。
詩は青春のうつろいやすさを嘆いたもの。母方の叔父宋之問(そうしもん)が「年年歳歳……」の句を譲ってほしいと求めたが、これを拒絶したため、宋の奴僕に殺されたという。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください