Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・筍の土佐煮

投稿日:

 筍が店頭に並ぶようになった。春も盛りというところだ。

 買って帰り、「土佐煮」を作って一杯やった。

 例によって動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で呑んでいる酒は、いつもと同じ、「会津ほまれ」紙パック入りの純米である。

 動画の中で読んでいる本は、「平凡社 世界教養全集 第1巻 哲学物語」である。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・煮付豆腐

投稿日:

 豆腐の少し古くなったのがあったので、よく火を通して食ってしまえと思い、煮付豆腐にしてそれで一杯飲んだ。実に旨かった。

 例によって動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で読んでいる本は、「平凡社 世界教養全集 第1巻 哲学物語」である。

 動画の中で呑んでいる酒は、「会津ほまれ からくち 米だけの酒 純米酒」である。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・ほうれん草入りオムレツ

投稿日:

 ほうれん草入りのオムレツでワインを一本呑み、動画に撮ってYouTubeに上げた。

 旨かった。

 「今日の酒肴」シリーズを始めて、この動画でようやく50本になった。大して人気は出ないが、しばらく続けてみなくてはなんとも言えまい。

 この動画ではまだ、「世界教養全集」の「ある革命家の思い出」を読んでいる。

読書

投稿日:

 先日貰い受けた「世界教養全集」のうち、第26巻を読み終えた。「ある革命家の思い出」と「アラビアのロレンス」だ。

 最近作成に凝っている「今日の酒肴」という動画の中でも何回か読んで見せている。動画だとまるで1回で1冊読んでのけているように見えるが、実はそうではなく、だいぶ時間をかけて読んでいる。読むのはほぼ通勤電車内で、暇々に読んでいたので、全部読むのに1か月以上かかっている。

 次いで、第1巻の「哲学物語」を読んでみることにした。かつて全く知らず、興味も持ってこなかった内容である。これも多分、読むのに1か月以上かかってしまうだろう。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・蛍烏賊の酒肴

投稿日:

 魚屋に蛍烏賊(ほたるいか)のパックが出回るようになった。

 蛍烏賊と言えば沖漬(おきづけ)などもこたえられないし、酢味噌であっさり食うのも悪くないが、今回は佃煮風に生姜味で煮付けて肴にした。実に旨かった。

 例によって動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で読んでいる本は、「世界教養全集 別巻4 語録・永遠の言葉」である。

 動画の中で呑んでいる酒は、「会津ほまれ からくち 米だけの酒 純米酒」である。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・セロリ味噌

投稿日:

 子供の頃からセロリが好きだった。だが、セロリは高価だったので、たまにしか食べられなかったようにも思う。

 長じて自由にセロリが食えるようになったわけだが、セロリは嫌いな人が多く、他人と一緒に食事する前提だと、これがまたあまり食べられない。

 幸い、私の家では、妻もセロリが好きなので、よく食膳に上る。だから、我が家の冷蔵庫にはよくセロリが入っている。

 そんなわけで、今日はそのセロリを取り出して刻み、酒肴にした。

 一杯飲み、動画に撮る。

 動画の中で呑んでいる酒は、いつもと同じ、「会津ほまれ」紙パック入り純米である。

 動画の中で読んでいる本は、前回の「なめこおろし」の時の続き、「平凡社 世界教養全集 第26巻 ある革命家の思い出/アラビアのロレンス」の中から「ある革命家の思い出」である。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・なめこおろし

投稿日:

 最寄り駅の駅ナカ「新越谷VARIE」にある「澤光青果」に立ち寄ったら、なめこが置かれていて、これで呑んだら旨いだろうなあ、と思った。

 そこで「なめこおろし」を作り、一杯呑むところを例によって動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で呑んでいる酒は、「会津ほまれ」紙パック入り純米、いつも近所のドラッグストア「ウェルシア」で買っているものだ。

 動画の中で読んでいる本は、「平凡社 世界教養全集 第26巻 ある革命家の思い出/アラビアのロレンス」から、「ある革命家の思い出」である。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・春菊の浸しもの

投稿日:

 春菊の浸しもので一杯やり、動画に撮ってYouTubeに上げた。

 動画の中で読んでいる本は、「世界教養全集 第24 アムンゼン探検誌/人間の土地/たった一人の海」から、「アムンゼン探検誌」である。

 動画の中で呑んでいる酒は、「会津ほまれ」である。

ホウェイタト

投稿日:

 先日手に入った古書「世界教養全集26 ある革命家の思い出/アラビアのロレンス」のうち、「アラビアのロレンス」を読み終わった。

 ロレンスやフェイサルに協力するアラブの部族の名前、あるいは地名のような扱いで標記「ホウェイタト」という言葉が出てくるのだが、これがサッパリわからない。

 いまや、たいがいの言葉は、たとえ綴り違い、漢字間違いであっても、Googleに入力すると大体出てくるものであるが、これがまったく出てこないのだ。「ホウェイタト」というのが一体どういう部族、あるいはどこの地域なのであるか、サッパリわからない。

 しかし、Wikipediaの、例えば「アラブ反乱」などの項目を見ていると「ベドウィンのホウェイタット族(Howeitat)」などという記述が見つかった。間違いなく「アラビアのロレンス」に出てくる「ホウェイタト」というのはこの「ホウェイタット」のことだろう。

 更に「ホウェイタット」でググると、「ハウェイタット」がリコメンドされてくるので、今では「ハウェイタット」と呼ばれている地域や部族なのだとわかるわけである。

 Wikipediaの「ベドウィン」の項目内の「ベドウィンの部族と人口」によれば、ホウェイタットというのは「ヨルダンのワディ・アラバ、ワディ・ラム」に住むベドウィンの部族である、とわかる。「ワディ・ラム」というのは右の地図のところである。ワディ・ラムにはWikipediaの項目もあり、映画の「アラビアのロレンス」の撮影も行われた、とある。

 さて、これより先、「ホウェイタト」などと言う言葉でネットを検索する人もいるまいけれども、私がここにこのように書いて放流しておけば、一応「ホウェイタト」と「ホウェイタット」と「ハウェイタット」は紐付くことになり、誰かが検索すればこの記事が出るようにもなり、調べる手がかりになることだろう。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・菜の花の浸しもの

投稿日:

 最寄り駅「新越谷」の駅ナカ、澤光青果店へ立ち寄ったら、「菜の花」が出ていた。

 いかにも春らしい。買って帰り、浸しものを作って一杯やった。

 例によって動画に撮り、YouTubeにアップロードした。

 動画の中で読んでいる本は、先日老親から貰い受けた「平凡社 世界教養全集 第26巻」から、「アラビアのロレンス」である。