無駄遣い

投稿日:

 秋葉原ヨドバシで無駄に買い物をする。

 前からボイスレコーダーが欲しかったので、買った。

 だが、それで何ができるわけでもない。職場は私有デジタル機器持ち込み禁止であり、ボイスレコーダーで上司の声を常時録ってイヤガラセするなんてことができるはずもない。まあ、何かあった時のために持っておきたいというただそれだけのことだ。

 このモデルは「570F」と「575F」の2種類があり、違いは内臓メモリの大小である。値段の違いは3000円ほどで、4GBと16GBの違いだ。12GBの差に3000円払うくらいなら、256GBのSDを3000円くらいで買って挿したほうがよっぽど得だから、「570F」の方を買う。

 今はスマホで音声くらいいくらでも録れるが、掛かっている最中の通話は録りにくいということもあるし、すぐに録ろうとするともたつくということもあるから、欲しかったのである。

 世の中良くしたもので、電気的な接続はなしに電話の音声を録れるマイクもある。それも一緒に買った。

 家の有線電話を録りたいこともあろうか、と、電話への直接接続キットを買う。オレオレ詐欺がかかってくる歳でもないのだが、そういうことがあれば面白かろうとも思ったからである。

 ロジテックの緑レーザーポインター、「R800t」というのを一つ求めた。これは仕事で時々必要だからでもある。これまで使っていた同じロジクールの赤色ポインター、「R400f」のラバーコーティングの可塑剤が溶け出し、ニチャニチャになってしまったので、新しいものが欲しくなったのだ。ついでに、赤色レーザーはダサいので、最新流行の緑色レーザーが前から欲しかったということもある。

 余談であるが、マウスその他、こうした製品のラバーコーティングが溶け出してニチャニチャになるのはよくあることのようである。ラバーの可塑剤が溶出するのが原因だ。これはティッシュペーパーを「無水アルコール」で十分に濡らして拭き取れば、簡単にサラサラになる。注意すべき点は、無水アルコールは可燃かつ爆発性の危険な液体であるから、火の気を近づけないことであろうか。

 さておき、次にオーディオ売り場へ行き、Bluetoothのトランスミッターを一つ買う。テレビにつなぐためのものだ。型番はMM-BTAD5。サンワサプライの製品だ。実は同様のものを前から持っていた。中国製のTx8という型番のものだ。それはそれで活用していたのだが、どうも愛用のBluetoothレシーバー、SONYのSBH-24と相性が悪いのか、接続するたびに失敗するなどして難渋していた。今度は安心して使えるとよいのだが。

 各フロアで一点ずつ買っては「ヨドバシポイント」を充当したので、多少安い。

 それから、外に出て、ボイスレコーダーに挿す microSD を「あきばお~」へ買いに行く。SanDiskの256GB。2800時間は録れる計算で、まあ、事実上無限に録れると言っていい。

 なんにせよ、どれもこれも生活必需品と言うでもなく、趣味の買い物、気晴らしである。

鍵束入れを自作

投稿日:

 20年くらい使っていた自作の鍵束入れが古びてボロボロになったので、新しいものを作り直した。ちょうどよいサドルレザーの手持ちがあったからである。

 材料は全部手持ちのものがあったので、タダでできた。しめて10分もかからぬ。

ターンバックルのネジはなぜウィッテ(W)規格ばっかりなのか

投稿日:

 私は頭の鉢が意外に大きく、吊るし売りの帽子のサイズは大抵合わない。そのことでモヤモヤしていたところ、先日「ハットストレッチャ」という便利な器具を見つけ、愛用の帽子のサイズを自分の頭の鉢に合わせることができるようになったのは先日書いたとおりだ。実に気に入り、帽子もハットストレッチャも愛用していた。

 だが、後日談である。

 ハットストレッチャで引き延ばした帽子は、毎日被っていると汗などの浸潤と乾燥が交互に繰り返されるせいか、しばらくするとまた縮んでくるのである。それで、何日かに一回、帽子に霧など吹いて、また引き延ばし直すのである。

 それはそれでうまくいっていたのだが、毎回ギチギチと目いっぱいに引き延ばしていたら、ハットストレッチャに負荷がかかるせいか、真中についている引き延ばしジャッキのナットのネジ山がつぶれてしまった。

 潰れたのはナットだけで、オスネジのほうはなんともないようだ。こんなことでハットストレッチャ全部を買い直すのは勿体ない。何とかならないかと考えを巡らせた。

 ネジの片方は、普通のM8(8mm)のISOナットが合う。問題はもう片方で、ナットを回すことでそれぞれ反対方向に延びていくように造られているわけだから、こちらは逆ネジなのである。

 なんとかホームセンターに売っているものなどで修理できないか脳漿を絞っていて、考え当たったのが、トラックの荷締めなどに使う、ワイヤーや鎖などをネジで締め付ける、あの部材である。名前がなかなかわからなかったが、あれのことを「ターンバックル」というそうな。これは、メスネジの部分が必ず逆ネジと正ネジの組になっていなければならないから、用途にピッタリである。

 そういえば、このターンバックル、近くのホームセンターなどでも各種のサイズのものがいくらでも取り揃えられていたな、と思い当たる。

 これだ、とばかり、自転車に飛び乗り、近所のホームセンター「ケイヨーデイツー」へ行った。

 あるある、特大から極小まで、さまざまなターンバックルがある。目当てはネジの呼び径が「M8」、すなわち8mmのものだ。すぐに見つかった。

 念を入れて、自宅からM8のボルトを持ってきている。店頭のものと合うかどうか確かめるためだ。棚の札の記載の中に「M8」等と書かれているのを確認し、フックを外して自宅から持ってきたボルトを合わせてみる。

 あれ?

 合わない。店頭のターンバックルから外したフックのボルト部分と持参したM8のボルトを見比べると、確かに見た目には同じ太さに見えるのだが……。ハテ、これはもしや、と品札をよく見ると、「W 5/16」などと書かれている。あれれ、これは「ウィッテ」というイギリスの規格で、インチネジじゃないか。インチネジと言うと、いつぞやカメラの雲台の工夫をしたときに「W 1/4」というネジを使ったが、アレの仲間であって、日本で主流の「ISOネジ」、つまりミリ規格のものとは異なるのだ。

 気を取り直して棚を探す。ISOネジのターンバックルだって、これだけ品ぞろえがあるんだから、隅っこの方にあるだろう。

 だが、なかった。

 大抵のホームセンターの棚なんて、棚になければ在庫もないことなど知れ切っている。ケイヨーデイツーを出て、もう少し専門的な品揃えのあるホームセンター「ロイヤルホームセンター」へ向かった。

 ここにもなかった。あるのは「W」、インチ規格のターンバックルばかりである。

 もう1軒、最近旧国道4号線沿いに出来た専門店「コーナンPRO」へ行ってみた。しかしなかった。

 ……。ええっ、なんでターンバックルに限って全部「インチ」なのっ?

 帰宅して「モノタロウ」などで調べると、確かにミリネジのターンバックルは世の中にあることはあるが、よほど希少なものらしく、わずかな会社しか作っていないようだ。注文すれば勿論入手は可能だが、しかし、希少な製品であるせいだろう、ひとつだけで2千円~3千円くらいはする。2千円かそこらのハットストレッチャを直すのに、ひとつ2千円~3千円のターンバックルを買うなんて、アホのすることには違いない。

 かくなる上は、と考え付いたのが、「ターンバックルの自作」である。M8の普通のナットは、手許に何個かある。問題はM8の「逆ネジナット」である。だが、ターンバックルと違って、逆ネジのミリナットは100円とか200円の値段でAmazonで買える。安いものは10個入って361円である。

 これを購入し、別途3~4ミリくらいの番線を用意して10cm程度に切り、適宜に曲げ、焼きを入れる。溶接できればいいが、溶接機材は持っていないので、ガストーチで「ロウ付け」するのである。ロウ付けはかなり堅固に接合でき、人間の力を多少加えたくらいでははがれない。

 さて、どうやってやろうか、番線の余り物がどこかにタダであればいいのだが。

 それにしても、なんでターンバックルは「インチばっかり」なのだろう。不思議だ。誰か教えてください。


令和3年(2021)8月18日追記

 さらに後日談。「ロングナット」というものの中に、反対側半分が逆ネジになっているものがあるのを見つけた。イマオコーポレーションという会社の製品だ。見つけたのはモノタロウのサイトでだったが、Amazonマーケットプレイスにも同じ商品が出されていて、こちらは送料無料である。

 右に出しているAmazonのバナーでは、今日現在599円の値段が付いているが、私が購入したときは262円だった。もともとハットストレッチャのネジがつぶれてしまった遠因は、ターンバックル機構のボルト側は鉄製なのに、ナット側はアルミ製であったことにもある。その点、このロングナットは鉄製であり、ボルトに負けない。

 注文したM8の逆ネジナットは無駄になってしまったが、そのまま購入することにした。10個入りで361円は安かったが、送料380円は高い。キャンセルしようと思ったら、「キャンセルできません」などと言ってくる。「ネジのトミモリ」という商店だが、まあ、仕方がない。しかも8月14日の注文に対して21日の配達は遅い。ロングナットのほうは8月15日に注文して翌々日17日の配達だったことに比べると、どうも不満である。まあ、何かで使うこともあるだろう。

禿(ハゲ)と帽子

投稿日:

 最近禿げ(ハゲ)きた。

 それで、外出時など禿(ハゲ)隠しに帽子を(かぶ)っている。冬はカスケットやハンチングを、夏はパナマや麦藁の中折れを被る。

 夏のパナマや麦藁は高価なものは被らない。2千円~3千円くらいのものを選ぶ。

 ところが、これくらいの価格で選ぶときに困るのがサイズである。

 私は見た目より意外に頭のサイズが大きく、60~61cmくらいある。一方、市販の帽子は安いものほどサイズにバリエーションがない。多分コストダウンのためなのだろう。ボリューム・ゾーンの帽子のサイズは、普通は58cmらしい。一方、私は58cmでも被れなくはないのだが、どうも頭にチョコンと乗せた感じになってしまい、「被っている」感じではない。()(ぶか)く被ろうとすると額のあたりが締め付けられ、頭痛を覚えたりする。

 サイズにバリエーションのある銘柄(ブランド)(もの)の帽子を選ぼうとすると、途端に安いものでも6千円程度、ちょっと知られたところのものは1万円とか2万円になってしまう。私には、たかが禿(ハゲ)隠しの帽子に6千円だの2万円だのを払う気はない。

 そんなわけで、困るという程ではないが帽子のサイズが気になっていた。

 同じような人は多くいるらしい。世の中はよくしたもので、そんな私のような人のために、「ハットストレッチャ」という器具があるのだ。

 さっそく購入した。この器具で帽子を内側から引き延ばしつつ、アイロンなどでスチームを当てるのである。冷めて乾くまで置いておけば、サイズの合わない帽子が引き延ばされて、まことに具合が良くなるのだ。

よく職務質問をされる私

 サイズが合わず、どうも気分の悪かった帽子が、ピッタリになって気分が良い。

一杯

投稿日:

 到来の酒で一杯。秋田の銘酒「飛良泉」純米大吟醸。少し辛口寄りで、旨い。

投稿日:

 皐月(さつき)を剪定した。枝ぶりのいいところを取り、西端と東端の花壇に挿し木してみた。

泥酔

投稿日:

〽 ああもう あの頃のことは 夢の中へ

 ……などと、サザンオールスターズの「Ya Ya (あの時代を忘れない)」を微吟しつつ、泥酔。……まあ、毎週の事ですがね。

投稿日:

 去年庭に植えた皐月がようやく咲いた。

一杯

投稿日:

 はや晩春となった。まさしく風光る候、窓から入る風も心地よい。

 朝から庭の手入れをし、余った土の始末などする。

 昼、晴れた空の下、行きつけの蕎麦店「SOBA満月」へ行く。蕎麦前は山形県・冨士酒造の銘酒「栄光冨士 煌凛(こうりん)」を大桃豆腐の湯葉刺しで。

 いつもの「生粉打ち」十割の「盛り」、今日は鹿児島の粉であるそうな。蕎麦は九州はあまりよくないと聞くが、いやいや、なかなかどうして、香り、舌触り、のど越し、申し分なし。

 帰宅し、玉葱と明太子の和え物で更に一杯。

花一杯

投稿日:

スライドショーには JavaScript が必要です。

 家内を誘い、花を見に行った。

 私の住まいの近所には「葛西用水」という用水が通っている。この用水に沿って「谷古田(やこた)河畔緑道」というささやかな園地が造られており、季節には桜が咲き誇るのだ。

 春の午後、よく晴れている。

 桜の他にも地域の人々が手入れをしているらしい様々な花卉(かき)(じゅ)がある。今の季節のことであるから、どれも盛りだ。椿(つばき)水仙(すいせん)鈴蘭(すずらん)酢漿草(かたばみ)、桃……。

 もとより混雑する場所ではないが、それでも例年ならば今の時季は花見気分を盛り上げるべく、近隣町内会の手で提灯などが吊るされ、弁当や酒肴を楽しむ人たちがシートを敷いたりテーブルを据えたりして思い思いに楽しんでいる姿が見られる。しかし、悪疫(あくえき)(しょう)(けつ)の折柄、いつもとは異なって人影も閑散(かんさん)とし、提灯もない。静かな緑道はリタイアしたらしい老人や中年の女など、齷齪(あくせく)しない種類の人達ばかりがゆっくりと歩いている。

 家内とのんびり桜を眺めた。

 帰り道、セブンイレブンで娘二人への甘味のお土産を買い、稲荷の古社((のぼり)()稲荷宮)へ立ち寄って(とな)えごとなどして帰宅。