目線の高さを合わせる

投稿日:

 子供に話しかけるなら、しゃがむなり、腰を(かが)めるなりして、子供の顔に目線の高さを合わせてやることが大切だ。子供も子供なりに人格を認められたと感じることだろう。

 難しいのは、「背伸びをしてこちらの高さに合わせようとしている子」の目線の高さに合わせることだ。背伸びをしなくていいようにこちらの目線を少し低くしてやると、子供は「バカにされている」と感じるし、かといって背伸びした高さに合わせると、つま先立ちの不安定さからやがて子供はよろめき、あるいは立ち転び・居転びしてしまうかもしれない。

 どの高さに目線を合わせてやるべきかは状況により様々であり、正解はないが、いずれにしてもこういう子供は慎重に扱ってやらなければならないことは確かだろう。

 が、時間が経てば、子供の背は伸びる。せいぜい20年で、対等に喋ることができるようになる。つまりは、単純に時間が必要なだけだ。

 ……言うまでもないが、上記は社会人における人間関係の例え話である。

(くちなは)

投稿日:

ソーダ水

投稿日:
ウィスキー・喧騒(けんそう)・煙・ソーダ水   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

ソーダ水

投稿日:

クリムト見たい

投稿日:

 上野の東京都美術館でクリムトの展覧会をやっている。

 クリムトというと「接吻」という作品も印象に残り、実物を見たいものだが、このアイキャッチに使われている「ユディト」も、印象深い。

 この「ユディト」が電車のドア横ポスターやステッカーでじっとこっちを見ており、刎ねた首よりもむしろこのユディト本人の顔の方が死に顔のようで、朝起きぬけの精神を痛く(さいな)む。まるで写真のコラージュのように見えるが、クリムトの時代にはそういう技法は一般的ではない。

 そうしたわけで、見たいのだが、どうしよう、土曜日かなあ。

見たくないニュース

投稿日:

 Facebookで堀江何某(なにがし)のコメントがニュースとなってリコメンドされてくる。

 リコメンド元は「ニフティ・ニュース」だ。

 「ニフティ・ニュース」はそれほど嫌いではなく、時折参考にはしたいのだが、堀江何某のコメントなど噴飯以外の何物でもなく、嫌いなので見たくない。

 堀江何某関連のニュースのみ遮断したいのだが、FBのタイムラインでは、機能上ニフティ全体を遮断するような選択しかできない。

 実に腹立たしいことである。「堀江を唾棄したいなら他のニュースも抱き合わせであきらめろ」というわけだ。

雑感二、三

投稿日:
し尿のゆくえ

 YouTubeを見ていて、たまたま「し尿のゆくえ」という昭和30年代(1955~1964)の政府制作映画を見つけた。

 これを見て、つくづくと興味深い。

 というか、しかし、当時のこととはいえ、よくまあこんな、文字通り汚穢(おわい)な映画、作ってのけたモンだよなあ……。

 ……試しにこの動画を見てみようという方は、メシどきはおやめになったほうがよろしいかと。

末期癌と虫下し

 荒唐無稽な与太の類かな、とも思ったが、次のリンクによると必ずしもそうでもないらしい。

水虫とキッチンハイター

 上の「末期癌と虫下し」の流れで「痛いニュース」を読んでいたら、

178: 名無しさん@1周年 2019/05/04(土) 23:30:52.24 ID:Abn752pg0
コレで困るの
キッチン〇イターで
水虫治っちゃうと困る勢力だろう

……なんぞとあって、笑ってしまうと同時に、「ナニッ、キッチンハイターで水虫治るんかいッ!?」と半信半疑の知識を増やされたような次第である。

 で、どうも、確かにそういうような民間療法があるようだ。

 今度試してみよっと……ええ、そうですよ、水虫持ちなんです私。