虚業の虚言に腹を立てる私

投稿日:

 新型コロナウイルスの猖獗(しょうけつ)は増々その度合いを強め、世界的大災禍の様相を呈しています。

 「在宅で仕事をせよ」ということが社会的()となり、最早(もはや)国是(こくぜ)とも言いうる状況となりました。

 人々の声はまるで、「在宅で仕事ができないような職場で働かざるを得ないのは、それは努力と知能が足りないのだ、それで病気になって死ぬのは、昔からの努力が足りない報いだ」とでも言いたげです。誰一人としてそんなことは言っていないのかも知れませんが、私にはそのように感じられ、耳に響く気すらするのです。

 ごみの収集を在宅でできるというのならやって見せてください。
 犯罪人の逮捕を在宅でできるというのならやって見せてください。
 火災の消火を在宅でできるというのならやって見せてください。
 救急車で病人を運ぶことが在宅でできるというのならやって見せてください。
 水道局での水質検査と機器の運転を在宅でできるというのならやって見せてください。
 電車の運転を在宅でできるというのならやって見せてください。
 発電所の機器の運転を在宅でできるというのならやって見せてください。
 バスの運転を在宅でできるというのならやって見せてください。
 旅客機の操縦を在宅でできるというのならやって見せてください。
 Amazonの商品を玄関先に届けることが在宅でできるのならやって見せてください。
 亡くなった方を火葬し遺骨を丁重に集め骨壺に納める仕事が在宅でできるのならやって見せてください。
 どうか、高層ビルやタワーマンションを在宅で建てて見せてください。
 あなたの戸建ての自宅を、「在宅で建ててください」と、工務店で言ってみてください。
 (きた)る夏必ず来るであろう水害や雨害を防ぐための水防工事、下水工事が在宅でできるのならやって見せてください。

 皆さんが熱を出し、嘔吐し、呼吸困難を覚えて苦しんでいるとき、「在宅テレワーク医師」「電話看護師」などという怪しげなもので手厚い看護が受けられ、それで十分だというなら、なるほど、是非そうしてください。

 政府は布製マスクを配ると言いました。何が布製マスクだと噛みついているわけのわからない人々もいます。そういう方々は、布製マスクの受け取りを拒絶すべきだと思います。そのマスクは、必要としている人々が貰い受けるでしょう。文句を言うなら、断固拒絶してください。

 皆さんはトルストイの「イワンの馬鹿」という作品を読んだことがおありになりますでしょうか。人々をそそのかす悪魔は、「頭を使って働かぬような者はクズだ」というようなことを言い立て、しかし、象徴的な高塔の天辺(てっぺん)から、頭を下にして真っ逆さまに落ちていき、階段で頭をゴツンゴツンとぶつけ、自分の手足を使って真面目に働いている農民からは「頭を使って働くってそういうことなんだ」と蔑まれて笑いものになり、散々な目にあいました。

 皆さんが尊ぶ「テレワークで十分な仕事」など、トルストイの悪魔の虚業に過ぎません。そんなことをまるで立派なことのように威張られると不愉快です。

投稿日:

 「春は花、花は桜」という。

 愛用の歳時記、角川の合本の「花」の見出しを見ると、傍題季語には、

花盛り
花明り
花影
花時
花過ぎ
花朧
花の雨
花の山
花の昼
花の雲
花便り
花の宿
花月夜
花盗人

……と、ゆかしい言葉が並んでいる。花そのものでなければ、「花疲れ」「花(いかだ)」「花人(はなびと)」などという言葉もある。

 今年の桜は既に咲いたが、今日は雪が降っている。「花の雪」という言葉は歳時記に載っていないが、あってもおかしくないな、と思う。

 傍題ではなしに、見出し季語で「花冷え」という言葉もある。そこからすると今日などまさしく花冷えと言える。

躑躅(つつじ)春雪(しゅんせつ)

投稿日:

 三春九十日と言う。立春以来(このかた)はや45日以上を過ぎ、仲春らしい仲春だ。

 沈丁花(じんちょうげ)(しお)れ、桜が咲いた。靖国神社の基準桜樹は観測史上最も早く花をつけたという。そればかりか、先週末は気温が緩み、3月27日(金)の仕事帰りには、通勤経路上のホテルの植栽の躑躅(つつじ)が咲いているのを見かけた。

 ところが今日は冷え込み、太平洋側に低気圧が現れて、思いもよらぬ春の雪となった。昼にますます気温が下がり、手先が冷える。それと共に雪の(ひら)はどんどん大きくなる。まさしく牡丹雪である。

 躑躅に春の雪、とはなかなか(おもむき)豊かである。しかし、コロナウイルス蔓延のための禁足、()()めて家にいるより仕方(しかた)がない。

(ひげ)男「できるかな」動画

投稿日:

 この(ひげ)男の動画は面白く、いつも見入ってしまう。

 なんというか、大人の「できるかな」みたいな趣がある。

 いつも見事な手際であっという間に実用品を作ってしまうのだ。その分野も、刃物、木工、金属、革製品、なんでもござれで、古い電気工作機械をリストアした時など、電流制御回路のダメになってしまっているコンデンサーやトランスを構成しなおし、ほとんどスクラッチビルドという状態で再生していた。とても素人にできることではない。

読書

投稿日:

 約60年前の古書、平凡社世界教養全集を読み進めつつある。第7巻「秋の日本/東の国から/日本その日その日/ニッポン/菊と刀」を読み始め、最初の「秋の日本」を読み終わった。

 著者のピエール・ロチは、明治時代に何度か日本を訪れたことのあるフランスの海軍大佐で、小説家としても高名であり、数多くの作品がある。職業柄世界各地を歴訪しており、日本に題材をとったものもいくつかある。

言葉

 「(ひかがみ)」と()む。これは、膝の裏側の(くぼ)んだ所のことである。

  •  (コトバンク)
平凡社世界教養全集第7巻「秋の日本/東の国から/日本その日その日/ニッポン/菊と刀」のうち、「秋の日本」から引用。
下線太字は佐藤俊夫による。
他の<blockquote>タグ同じ。
p.39より

彼らはマカックザルのような手つきで、どんなにその筋肉が堅いかを私たちに嘆賞させようと(ひかがみ)をピタピタたたいている。

泰西

 「泰西」とはヨーロッパのことであるが、これは「極東」に対して「泰西」と言うものだ。「『東』に対する『西』」は解るが、「『極』に対する『泰』」とは一体何か。

 北極星のことを「極北」と言い、ものごとがいきつくところまで行きついた状況を表す時に使う。他方、中国の名山「泰山」や、名星「北斗七星」のことを「泰斗」と言う。これは極北の逆の、ものごとの正反対の到達点を表す時にも使い、一組で「極北、泰斗」等と言うのである。

 ここから、「極」「泰」と言う言葉の組が現れ、「極東」「泰西」という表現が生まれても来るわけである。

p.83より

人工的な方法で大きく仕立てられた秋の花の咲き乱れているあたりの、ひっそりした空中には、我が泰西音楽の最も特異な夢がただよっている。

二重回し

 「インバネスコート」のことで、シャーロック・ホームズが着ているようなアレだ。

 日本では戦前、あるいは古い向きは今でも、和服の上に羽織るコートとして用いられている。

p.98より

そこには電車や、電鈴や、シルクハットや、二重回しなどまでが見られる。

 引き続き第7巻を読む。次はラフカディオ・ハーン小泉八雲の「東の国から」である。

投稿日:
散る桜教授目を()むしゞま哉   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

読書

投稿日:

 約60年前の古書、平凡社世界教養全集第6巻「日本的性格/大和古寺風物誌/陰翳禮讃/無常といふ事/茶の本」のうち、最後の収録作、天心岡倉覚三の「茶の本」、帰りの通勤電車内で読み終わる。

 晩年米国ボストン博物館内に暮らしたという異色の人物の、全文英文で(あらわ)された、これまた異色の書である。

 日本の茶道を、世界中での喫茶の習慣や、中国における歴史的な喫茶の風儀と関連づけて論じるとともに、禅との関係性によって定義しようとするものであった。

 上のように書き出してみると現代に生きる私たちにはあまり違和感はないが、その私たちの茶道に対する認識の基礎になっているものは、他ならぬこの岡倉天心が近代において唱えたものであり、「茶の本」が著された明治時代の末頃では、むしろ異色の見解であったと言えるのではないだろうか。


気に入った箇所
平凡社世界教養全集第6巻「日本的性格/大和古寺風物誌/陰翳礼讃/無常という事/茶の本」のうち、「茶の本」から引用。
他の<blockquote>タグ同じ。
p.424より

茶道の影響は貴人の優雅な閨房(けいぼう)にも、下賤の者の家にも行き渡ってきた。我が田夫は花を生けることを知り、我が野人も山水を()でるに至った。俗に「あの男は茶気(ちゃき)がない」という。もし人が、わが身の上におこるまじめながらの滑稽(こっけい)を知らないならば。また浮世の悲劇にとんじゃくもなく、浮かれ気分で騒ぐ半可通(はんかつう)を「あまり茶気があり過ぎる」と言って非難する。

p.435より

 翻訳は常に叛逆(はんぎゃく)であって、明朝(みんちょう)の一作家の言のごとく、よくいったところでただ(にしき)の裏を見るに過ぎぬ。縦横の糸は皆あるが色彩、意匠の精妙は見られない。が、要するに容易に説明のできるところになんの大教理が存しよう。(いにしえ)の聖人は決してその教えに系統をたてなかった。

p.438より

昔、釈迦牟尼(しゃかむに)、孔子、老子が人生の象徴酢瓶(すがめ)の前に立って、おのおの指をつけてそれを味わった。実際的な孔子はそれが()いと知り、仏陀(ぶっだ)はそれを(にが)いと呼び、老子はそれを甘いと言った。

p.438~439より

われわれはおのれの役を立派に勤めるためには、その芝居全体を知っていなければならぬ。個人を考えるために全体を考えることを忘れてはならない。この事を老子は「虚」という得意の隠喩(いんゆ)で説明している。物の真に肝要なところはただ虚にのみ存すると彼は主張した。例えば室の本質は、屋根と壁に囲まれた空虚なところに見いだすことができるのであって、屋根や壁そのものにはない。水さしの役に立つところは水を注ぎ込むことのできる空所にあって、その形状や製品のいかんには存しない。虚はすべてのものを含有するから万能である。虚においてのみ運動が可能となる。おのれを虚にして他を自由に入らすことのできる人は、すべての立場を自由に行動することができるようになるであろう。全体は常に部分を支配することができるのである。

p.445より

利休はその子紹安(じょうあん)が露地を掃除(そうじ)し水をまくのを見ていた。紹安が掃除を終えた時利休は「まだ充分でない。」と言ってもう一度しなおすように命じた。いやいやながら一時間もかかってからむすこは父に向かって言った、「おとうさん、もう何もすることはありません。庭石は三度洗い石燈籠(いしどうろう)や庭木にはよく水をまき蘚苔(こけ)は生き生きした緑色に輝いています。地面には小枝一本も木の葉一枚もありません。」「ばか者、露地の掃除はそんなふうにするものではない。」と言ってその茶人はしかった。こう言って利休は庭におり立ち一樹を揺すって、庭一面に秋の(にしき)を片々と黄金、紅の木の葉を散りしかせた。利休の求めたものは清潔のみではなくて美と自然とであった。

p.452より

 実に遺憾にたえないことには、現今美術に対する表面的の熱狂は、真の感じに根拠をおいていない。われわれのこの民本主義の時代においては、人は自己の感情には無頓着(むとんじゃく)に世間一般から最も良いと考えられている物を得ようとかしましく騒ぐ。高雅なものではなくて、高価なものを欲し、美しいものではなくて、流行品を欲するのである。一般民衆にとっては、彼らみずからの工業主義の尊い産物である絵入りの定期刊行物をながめるほうが、彼らが感心したふりをしている初期のイタリア作品や、足利(あしかが)時代の傑作よりも美術鑑賞の(かて)としてもっと消化しやすいであろう。

p.454より

原始時代の人はその恋人に初めて花輪をささげると、それによって獣性を脱した。彼はこうして、粗野な自然の必要を超越して人間らしくなった。彼が不必要な物の微妙な用途を認めた時、彼は芸術の国にはいったのである。

言葉
カメリヤの女皇

 「カメリヤ」とは椿(つばき)のことである。他方、「茶の木」はツバキ科ツバキ属の常緑樹であることから、岡倉天心は茶を楽しむことを「カメリヤの女皇に身をささげる」と(たと)えたのである。

下線太字は佐藤俊夫による。
p.425より

してみれば、カメリヤの女皇に身をささげ、その祭壇から流れ出る暖かい同情の流れを、心ゆくばかり楽しんでもよいではないか。

 今、「カメリヤの女皇」で検索してみると、岡倉天心に関する論文などが上位に来る。やはり本書中でも有名な比喩なのだろう。

 次は同じく世界教養全集第7巻「秋の日本/東の国から/日本その日その日/ニッポン/菊と刀」である。今度は第6巻と打って変わって、すべて外国人による日本論である。


清濁、金胎、理と慈悲

投稿日:

 土木技術者であり医学者であり、また自らも体と心を(さいな)む修行者であった弘法大師空海は、既に一千年の(いにしえ)、「理」と「情」を分かち並び立たせて論じていた。

 これ(すなわ)ち、「金胎両界曼荼羅」である。

 (しか)るにこの一千年、人になんの進歩があったか。新型コロナウイルス「COVID-19」の蔓延(まんえん)猖獗(しょうけつ)にあって、この(てい)たらくはなんとしたことであるか。

 学術的かつ医学的な対処と、人々の訴えに応えて優しく差し伸べる手の、両様のバランスこそごくあたりまえの「両界」とは言えないか。

 疫病に狼狽(うろた)え恐れ遅疑逡巡(ちぎしゅんじゅん)、見苦しく商品を買い(あさ)り、他への誹謗(ひぼう)侮辱讒謗(ざんぼう)など、見るだに無様(ぶざま)で、残念というほかはない。

 おそらく、微生物禍は克服できる計算が成り立つだろう。しかし人の心はそれを(がえ)んじ(がた)く、依怙地(いこじ)で頑固なものだ。

 (みにく)く依怙地で頑固で自分勝手で他者を差別して小馬鹿にする、そんな、人間というものを丸ごと認めてこそ、落ち着いて日々を経過できるものである。

PCRナンチャラと「サンプル調査」「部分抽出による全体の推定」手法の暴論的否定と

投稿日:

 「大学の入試は、各科目について学力の部分部分を検するもので、体系的・全体的な学力・能力の検出が行われているとは言えない。したがって、東大だろうと京大だろうと、合格した者のあらゆる入学は無効である。」

 「民意を測定するための世論調査は、時間とともに民意が移ろいゆくものであることから、長くても30分以内の至短時間に、約1億3千万国民の全員を対象にアンケートを行わなければまったく意味がなく、長時間をかけてせいぜい1000人ほどの抽出しかしていない朝日の世論調査や毎日の世論調査は、民意を測定しているとは到底言えず、すべて無効である。」

 「新型コロナウイルスのPCR検査は抽出数が少なく……(中略)アベ(中略)オリンピック(中略)森友(以下略)」

 起こってみなければわからないことについて最尤(さいゆう)な推定をしたり、あるいはすべての数を調査することが不可能な場合に一部から全体を推定するために、「確率」や「統計」という技法・手法があります。不確かなものは定量的に不確かに、確実なものは定量的にその確実さを表すことができるよう、「信頼区間」というような指標もあります。

 一部分の抽出の手段にも、浅学にしてよくは知りませんが、層化抽出技法など、いくつかの手段があると聞きます。

 しかし、こと新型コロナウイルスの検査に関する限り、皆さん、立派な学校を出ている割には、そういう抽出や推定に関するセンスが全然ないんですね。

 私は中卒ですが、それくらいのことは知っていますよ。

 ……ええ、皮肉です。