青空、古書

 早春らしく暖かさが増し、青空の広がる好日であった。

 用事があって市ヶ谷まで行った。用事を済ませ、桜樹の蕾に鬱勃と内包されるものが予感される靖国通りをぶらりぶらりと歩き、九段坂を下った。

 神田の古書店街の一画にある蕎麦のチェーン店で遅い昼食(ひる)をとる。最近躍進中の「嵯峨谷」という店だ。このチェーン店は十割蕎麦を290円で出すことで知られる。麺は更科蕎麦に似ているが、これは韓国冷麺のように押し出し式の製麺機で茹で湯に直接押し出して作るのだという。トラッドな蕎麦屋が聞いたら怒り出しかねないが、しかし、この斬新な製法を編み出したことにより、驚くほど安い値段で更科蕎麦によく似た十割蕎麦を供し、しかも食味は悪くなく、すんなりとしなやかで香りも豊かだというのだから、大したものである。

 「出羽桜」を一杯たのみ、「天もり」を肴に飲みかつ手繰ったが、これで千円以下、700円台だというのだから恐れ入る。

 さっさと帰ればよかったのだが、天気が良く、陽気に(そぞ)ろ常日頃の殺伐とした気持ちを忘れ、古書店街でつい足を止めてしまった。

 本屋、とりわけ古書店街で足を止めてしまうと、そのまま古書の瘴気(しょうき)(から)め取られて正気を失い(笑)、ふと我に返ると無駄な買い物をしてしまっていたりするからいけない。だから、普段はガマンして足早に通りすぎるようにしているのだ。それなのに今日は、つい足を止めてしまった。

 2、3時間ばかり時間を(つぶ)してしまう。古典文学の全集もののバラ売りに、「太平記」がないかと探す。

 そうするうち、三茶書店という古書店で、新潮の「日本古典集成」の5冊揃いで4000円というのを見つけた。小遣いもあったし、買いかけたが、正気を失わなかった。ガマン。ホッ。

 ちなみに「太平記」は、岩波文庫の新品だと6巻セット箱入りで、8千円近くする。

 図書館で借りるのではなく、蔵書にしてゆっくり読みたいのだが、金もないことで、仕方がない。

 結局古書は何も買わず。しかし心苦しくもなく、三省堂に立ち寄って1階の洒落た雑貨などを見、それからのんびりと秋葉原まで歩いた。

 早春の風が光る。

 家への土産がわりに、新越谷のスターバックスでマグボトルにコーヒーを詰め、ココアパウダーで香りをつけた。

 ゆっくり歩いて帰宅。

渡り漁夫

(なつ)ッこき顔に青空渡り漁夫   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

渡り漁夫

読書

 「北槎聞略」、さっそく通勤電車の行き帰りの楽しみに読書中である。

「北槎聞略」読書メモ
距離

ロシアの1里 500間 約900メートル
1間 約1.8メートル
10丁 約1090メートル
送還船エカテリーナ号の大きさ 長さ15間幅3間弱 長さ27メートル幅5.4メートル弱
当時の千石船の大きさ 長さ29メートル幅7.5メートル

その他

 北槎聞略の口語訳は、雄松堂書店から7200円で出ているものしかないことを知った。

 私が他のものを何も見ずに口語訳するのもいいかな、と思った。……暇がないし、一文の得にもならないが。

読書

 注文しておいた岩波の「北槎聞略」、夕刻帰宅したら届いていた。さっそく読み始める。

 文語体とは言っても中世のものとは違って江戸時代のものだからかなり読み易い。また漢字の異体字は通用のものに直す等してあるので、かなり楽に読める。

引用する日付をショートコードで定型化

 最近、(ジジィ)化してきて、時事などにケチをつけてはそれをブログに書いて楽しむようになってしまった。

 子供の頃、私の父はアニメや「8時だョ!全員集合」などの子供が見たがる番組など絶対つけてくれず、子供にとってはつまんないニュース番組などばかりつけていたもので、しかもそれを見て楽しんでいるというならまだしも、「なにがフェミニズムだ!!何が日教組だ!!」などと、どうでもいい他人のことに腹を立てはじめ、しまいには湯気を立てて激昂し、私にそこらの手近のものなど投げつけて八つ当たりするという、誠にもって迷惑な父であった。

 さすがに私はそこまではいかず、父のようにニュースを見て激昂するなどという人間にはならなかったが、どうでもいいニュースに勝手なコメントを加えてブツブツ言っているというところは、多少似ていると言えば言えるかもしれない。

 さて、時事にケチをつけるときは、だいたいニュースなどへのリンクを張っている。例えば、昨日の羽生結弦先生のニュースなら、

……というような書式で引用している。

 前から思っていたのだが、この引用するときの日付が気に入らない。上の例だと「2018年2月17日21時57分」という部分だ。これがマスコミ各社それぞれに、「年」「月」「日」が入ったり、「/」区切りだったり、「-」区切りだったり、時間が入ったり入らなかったりして、不統一である。

 それより何より最も気に入らないのが、年号が全部「西暦」であることだ。和暦を付記すべきだ。……いいや、違うッ!。和暦に西暦を付記すべきである。

 こんなこと、気にしなければいいだけの話なのだが、これをまた、「このブログは日付の書式が不統一だ」などと、私のブログを見てケチをつけてくる人がいるのである。

 これは手作業でひとつづつ書き直すようなことではない。こんな機械的なことは、機械がやるべきだ。

 何か、日付を正規化するプログラムでも書いて、そのAPIでも公開してやろうかい、などとも思ったが、「和暦に西暦付記でないと嫌だ」などという変な人は世の中私ぐらいだろうと思うし、何もAPIを世の中に提供まですることもあるまい。ここはひとつ、WordPressの機能の、「ショートコード」というのを活用して、記事を書くときにチョコッとおまじないを書き足せば、いろいろな日付が私の認める日付書式(俺様用日付)に書き換わって表示される、というふうにすることにした。

 WordPressはPHPで作られている。そのため、ショートコードを作るには、PHPでプログラムを書けばそれでよい。PHPは簡単で、誰でもがWordPressに機能追加することができる。

 具体的には、WordPressのインストールディレクトリの下の「wp-content/themes」の下にある、自分が使っているテーマの中の「functions.php」の末尾にPHPでプログラムを書いてやるのだ。「子テーマ」を作成して使用している場合は、その子テーマの下のfunctions.phpにプログラムを書き加える。

 私は子テーマを使用しているので、その下にあるfunctions.phpの末尾に、次のように書き足した。

/********************************************************************************
 * regdate();
 *   平成30年2月18日(日)11時00分~
 *   佐藤俊夫
 *   ネットのマスコミニュースの日付などをコピペする際、書式がばらばらであるので、
 *   これを私こと佐藤俊夫が認める日付書式に変換するショートコード 
 ********************************************************************************/
function regdate( $arg, $content = null ) {
	$content = mb_convert_kana($content, "n");	//  全角数字はすべて半角数字に
	$content = preg_replace("/$/", "/", $content);	//  処理の単純化のため、末尾に例外なく「/」を付加(日付のみで数字で終了する文字列に対応)
	$content = preg_replace("/^[^0-9][^0-9]*/", "", $content);	//  行頭の数字以外の文字はすべて削除
	$content = preg_replace("/[^0-9][^0-9]*/", "/", $content);	//  数字以外の文字を全て「/」に置換
	$content = preg_replace("/[^0-9]([0-9])[^0-9]/", "/0$1/", $content);	//  数字1文字のみの場合は「0」をパディング
	$content = preg_replace("/^([0-9])[^0-9]/", "0$1/", $content);
	$content = preg_replace("/^([0-9]{2}[^0-9])/", date("Y")."/$1", $content);	//  冒頭が2桁の数字のものは、今の西暦を強制付加する。
	$content = preg_replace("!^([0-9]{4}/[0-9]{2}/[0-9]{2})/$!", "$1/00/00/", $content);	//  年号と日付しかないと見られるものは、00時00分とし、末尾に付加する。
	$content = preg_replace("!/$!", "", $content);	//  末尾の「/」をサニタイズ
	$content = preg_replace("!/([0-9][0-9])/([0-9][0-9])$!", " $1:$2", $content);	//  末尾の数字4つは時間とみなして「 12:34」の形に。
	$unixtime_content = strtotime($content);	//  「strtotime」が高性能なので、一旦丸投げしてUNIXタイムスタンプにする。
	//  元号と和暦年を取得して付加
	$Y = date("Y", $unixtime_content);
	$Ymd = date("Ymd", $unixtime_content);
	if ($Ymd >="18680125" && $Ymd <= "19120729") {
		$gg = "明治";
		$yy = $Y - 1867;
	} elseif ($Ymd >= "19120730" && $Ymd <= "19261224") {
		$gg = "大正";
		$yy = $Y - 1911;
	} elseif ($Ymd >= "19261225" && $Ymd <= "19890107") {
		$gg = "昭和";
		$yy = $Y - 1925;
	} elseif ($Ymd >= "19890108") {
		$gg = "平成";
		$yy = $Y - 1988;
	} else {
		//  明治以前の場合は一律「皇紀」を用いることとする。
		$gg = "皇紀";
		$yy = $Y + 660;
	}
	if($yy == 1){
		$yy = "元";
	}
	$content = $gg.$yy."年".date("(Y)m月d日(", $unixtime_content);
	//  日本語曜日を取得して付加
	$sevendays = array("日","月","火","水","木","金","土");
	$content .= $sevendays[date("w", $unixtime_content)].")".date("H時i分", $unixtime_content);
	//
	return $content;
}
add_shortcode('date', 'regdate');

 「functions.php」に上のように書き加えたら、よく確認して保存する。

 さて、このショートコードの利用である。

 例えば最初のほうで例に述べた朝日新聞の記事の場合、そのまま日付をコピペすると次の赤字で記した部分のようになってしまい気に入らないことは、先述の通りである。

ショートコードを使わない場合の記事ソース
<ul><li> <a href=”https://www.asahi.com/articles/ASL2K52X2L2KULZU004.html” rel=”noopener” target=”_blank”>羽生結弦、自分に勝った孤高の金「僕はアニメの熱血系」</a>(朝日、2018年2月17日21時57分)</li></ul>

 しかし、今回作ったショートコードを使えば、簡単に書式を一定化できる。次の通りだ。

ショートコードを使った場合の記事ソース
<ul><li> <a href=”https://www.asahi.com/articles/ASL2K52X2L2KULZU004.html” rel=”noopener” target=”_blank”>羽生結弦、自分に勝った孤高の金「僕はアニメの熱血系」</a>(朝日、[date]2018年2月17日21時57分[/date])</li></ul>

 WordPressは、このように簡単でわずかなプログラムを書き加えるだけで自分の好みに改変することができる。非常に便利であり、ユーザ・フレンドリであると言える。

 世の中には、「日付に和暦や元号を使う合理性なんてまったく認められない。こんなものはやめるべきだ」などと言い立てている変な人がいるようだが、そういう人は私のように、自分の環境だけ変えればよい。私と同じように、自分の環境だけ、逆に西暦でもイスラム歴でも、勝手に好きなように使えるようにすればよい。そんなもの、上記で実践して見せたように大した手間ではない。

余寒

上着ふと羽織(はお)らば午後の余寒かな   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

余寒

読書

 吉村昭の「大黒屋(こう)太夫」、上下巻とも読み終わる。

 実在の大黒屋光太夫は10年もの間異郷ロシアで過ごす。しかしこの作品での物語の展開はスピーディだ。主人公光太夫がダメもとでオランダ公使に手紙を託すシーンがあって、その文中で「この八、九年と申すものは……」と、突如9年ほどもの時間が経っているとことを知らされて読者は驚くのである。多くの読者は、このあたりを読んでいるときには、「あれっ?……まだ(ふた)冬か()冬くらいしか経っていないはずだが……?」くらいの感覚しか多分ないと思う。

 ともあれ、とても良い本で、面白く読み終えた。女帝エカテリーナに拝謁するシーンの緊張感、高揚感、また帰国後将軍に引見されるところなど、光太夫の気持ちが伝わってくるようであった。

 司馬遼太郎が「菜の花の沖」で高田屋嘉兵衛を描いた昭和57年(1982)頃は、大黒屋光太夫の伝記にはまだはっきりしていない部分があったらしく、一般に大黒屋光太夫は晩年不遇であったということになっていたらしい。「菜の花の沖」の中にも、「高田屋嘉兵衛に比べて、大黒屋光太夫は帰国後幽閉のような状態に置かれ、不遇な晩年を過ごした」というような描写がある。

 ところが、吉村昭が「大黒屋光太夫」を書いた平成15年(2003)頃までには、それまで未発見であった古文書などが見つかり、光太夫はそれほど不遇ではなかったらしいことがわかってきたそうで、そうした古文書の研究結果などが反映され、この「大黒屋光太夫」の作品中ではどちらかというと平穏で恵まれた晩年を送ったように描写されている。あとがきや、Wikipediaの「大黒屋光太夫」の項目などからも、そうしたことがわかる。

 さて、次の読書だ。この実在の人物・大黒屋光太夫に関する基礎資料中の基礎資料は、なんといっても「北槎(ほくさ)(ぶん)(りゃく)」である。これを読まなければ面白くない。

 「北槎聞略」は岩波文庫から出ている。越谷図書館の蔵書にないか探してみたが、どうも、ないようだ。では、とAmazonで探すが、現在は市場にないらしく、入手可能なのは中古品のみである。

 では、ということで、184円+送料350円=534円で購入。Amazon Primeではなく、古本屋の出品なので、月曜以降に届くようだ。
 

やっぱりviでないと(はかど)らない

 20年前から10年前にかけて、システム管理の仕事をしていた。はじめ、私の役目はサーバとエンジニアリングワークステーション数十台からなるシステムの、商用UNIXのrootであった。UNIXはNECが出していた「UX/4800」で、SVR4.2の標準に準拠していた。サーバはUP4800、エンジニアリングワークステーションはEWS4800という製品だった。

 職場のサーバやエンジニアリングワークステーションなので、勝手に環境を変更することは許されず、いきおい、エディタなどは標準で入っている「vi」以外に選択肢がなかった。

 その後、その職場ではLinuxサーバが増えたのだが、GUIが重くて面倒臭いので、Xをインストールせず、管理作業等はコンソール画面で、エディタは相変わらずviのみを使っていた。

 それら数十台のLinux/UNIXマシンを相手に、10年の間、地味な管理作業に(いそ)しんだ。

 その頃からの習い(さが)で、今でも「ああ、これ、vi使ったほうが早いのになあ……」などと思うことがどうしても多く、職場のPCにviが入っていなかったりするとイライラする。しかし、今の職場のPCは私が管理しているものではないので、どうにも仕方がない。

 しかし、自宅は別で、何を放り込もうが私の勝手であり、ちょっとしたことでも迅速・快適に作業ができる。

 先ほども、ネットで拾った複数行の文字列を、行ごとに「<tr><td>文字列a</td><td>文字列b</td></tr>……」というふうにテーブルに成型する必要があったのだが、このようなことはそこいらの変なエディタを使うより、viのほうがよっぽど早くできる。

 ネットで拾った文字列は次の通りだ。愛用のタブレット、T101HA-G128のBIOSセットアップのパスワードをリセットするためのレスキューパスワードの羅列だ。

2011-11-23 A1AAABBA
2011-11-24 AL11LAAA
2011-11-25 ADH0AHBB
2011-11-26 AAAAB1BL
2011-11-27 A9BOCAAD
・ ・ ・

 これを、先に述べたように<table>タグで囲めるよう、<td>タグ等で成型するわけである。

 こんなこと、viでやればほんの数秒だ。普段から手になじんでいれば、人によっては「3秒」で終了させられる。

 それには、次の数個のコマンドを投入するだけでよい。

:1,$s/^/<tr><td>/
:1,$s! !</td><td>!
:1,$s!$!</td></tr>!

 たったこれだけで、全部の行が一瞬で次のようなHTMLに生まれ変わる。

<tr><td>2011-11-23</td><td>A1AAABBA</td></tr>
<tr><td>2011-11-24</td><td>AL11LAAA</td></tr>
<tr><td>2011-11-25</td><td>ADH0AHBB</td></tr>
<tr><td>2011-11-26</td><td>AAAAB1BL</td></tr>
<tr><td>2011-11-27</td><td>A9BOCAAD</td></tr>
<tr><td>2011-11-28</td><td>A0B0ADBD</td></tr>
・ ・ ・

 あとは前後に<table>~</table>タグを入れ、スタイルをちょっと書くだけだ。

 ことほど左様に、viはいい。

 ……なのだが、「viは作業が早く済む、生産性が極めて高くなるから職場のエディタはこれで統一すべきだ」などと言うことを言うと、あらゆる人から排撃され、揉めなくてよいところで揉めることになるので、便利でいいものだと思っても、人に(すす)めたりしないよう黙っているしかない。