時事寸片

投稿日:
よほど腹が立ったんだろうなあ

 思うに、こういうのって、記事通りの悪辣非道なドコモ側、って話ではなくて、根拠のない憶測ではあるけれども、客の方がよほど腹の立つ、態度の悪い者だったんだろうなあ、という想像が何となくつく。

 接客というのは、実に大変な仕事だ。

 逆に、こんなことが問題になるほうがおかしい、接客する側にも人格というものがある、日本の接客が丁寧過ぎるのだ、……というような論もある。

 日本の接客が諸外国に比べると過度なほどに丁寧な理由というのは、江戸時代の鎖国にまでその因を(さかのぼ)ることができると何かで読んだことがある。

 すなわち、鎖国のために商品の需給は完全に内向し、極端な供給過剰となったため、一つの商品にできるだけ多くの関係者がぶら下がって利益を得る構造が出来上がった。これは問屋、卸、仲卸、小売り、……といった再販方式や、傘の骨作り、渋塗り、組み立て、皮貼り、などと言った手工業製品の過度の分業などに表れた。当然、価格は上がる。そのため「買い手市場」を招き、売り手はとことん低姿勢を追及し、慇懃(いんぎん)を尽くして売ることに努めるようになった、ということだそうな。

 今に至って尚、日本の接客は極めて低姿勢である。

 逆に諸外国、特に欧米の接客は、客と対等に口をきき、尊大だったり、チップを要求したりする。客も、日本では「いらっしゃいませ」と店員が挨拶してもプイッと無視するが、欧米だと店員が「ハイ」と言うとあべこべに客の方で「ヘロゥ」と返したりする。これは重商主義時代のヨーロッパでは、商人は貴族の経済を支えるものとして地位が高く、「一般人より偉い人」ということになっていたから、というのも一因だという。日本の商人が、金は多く持っていても、「士農工商」ということで社会の低層に位置付けられていたのとは対照をなしていると思う。

 欧米の商人は、王や貴族の行う侵略により外需を得、商品、ひいては経済が侵略先を巻き込んで回るから、自国内で低姿勢になる必要などなかったわけである。

 遁走(トンズラ)をキメ込んだカルロス・ゴーンが、商人のくせして妙に自信たっぷりで尊大なのは、そのせいかもな、などと思う。

女房まで指名手配とは

 カルロス・ゴーンの逃走というと、これがまたなんだか、女房までが追い込みをかけられている。

 しかしまあ、アレだな、前の女房のリタ・ゴーンなんて、文春あたりの扱き(コキ)(おろ)し記事によると、日産の会社のカードで自分のレストランで使う食材なんか仕入れたりしてたと言うから、今の女房のキャロルにしたって、(いず)れ、後ろ暗いところも多いんだろ。

「寵愛」て(笑)

 しかし、どうでもいいことだけど、上の文春の記事、言葉が変だなあ。

提携交渉の際に企画室次長だった志賀は「ルノー派」だったことから、ゴーンに寵愛されたのだ。

 「寵愛」て……。オッサンの職場の話やろ?ホモかっちゅうねん(笑)。国王の後宮とか側室の話じゃねェんだから、ここは「重用された」とか、「気に入られた」というふうに書くべきだろうね。……っていうか、いや、もしかしてホンマに寵愛されてたのか?最近「おっさんずラブ」とかいうのが流行してるからなあ……。

 しかし、いくらダイバーシティってったって、モノには限度っちゅうもんがあるわな。時代によってその限度は変わるにしてもさ。

ホモで逮捕されたチューリング

 時事ではないけれど、ダイバーシティからの連想で、チューリングのことを思い出した。

 私など計算機関係の技術者にとって、英国が生んだ天才「アラン・チューリング」というのは、記憶しておくべき人物のひとりである。

 チューリングというと、「チューリング・マシン」「計算可能問題」等についての提唱(テーゼ)のほか、戦時中にドイツのエニグマ暗号を解く機械を開発したということで、イギリスにとっては救国の英雄とされている。

 で、このチューリング、戦後、逮捕された。その後、失意の内に自殺したと伝わる。

 その逮捕容疑が「ホモ」なんである。

 「へ?ホモで逮捕?!」と、若い方なんかは思うかもしれないが、そう、イギリスではごく最近まで、「ホモは犯罪」だったんである。ホモで逮捕されると、ホルモン剤なんかを注射され、強制的に治療されたんだそうである。

 多様性(ダイバーシティ)が尊重される今の世からは、まるっきり想像もつかないことだ。幕府の苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)極まった江戸時代の日本ですら、「おかま」は別段違法ではなく、「陰間(かげま)茶屋」などというホモの淫売屋すら公然とあったのである。

 その後、ごく最近になって、イギリスの当局はチューリングの名誉を復活すべく、謝罪声明を出したのだそうな。

 私は未見であるが、チューリングについては、4~5年前に「イミテーション・ゲーム」という題で映画化されている。左のようにAmazon Prime Videoでも見ることができる。

 聞いた話では「ホモに関するくだりは含まれていない」のだそうで、主題はエニグマの解読にあるようだ。

このカスに相撲のコメントさせんな

投稿日:

 こんなのマスコミでイチイチ取り上げンなよ、腹立つなあ。

今週雑聞

投稿日:
コンサル男

 笑った。いい記事だと思う。最近の記事ではなく、3年ほど前の記事だ。

 ……これはもう、男女関係のことでなくても、感じるところがあるね。私が30歳前くらいの頃、職場にいた直上の上長がこんな人種だった。

「日本側は忠実に履行」……?

 日韓合意に関して韓国大統領文在寅(ぶんざいゆう)の腰の決まらなさっぷりが報道されている。

 その都度、報道では「日本側は義務を忠実に履行している」とされ、多くの人々がそうだそうだと言っていそうに思うのだが、しかし、日本側が実施したことは具体的に何か、……と問われると私たちはどうも怪しいようだ。

 端的に言えば、「10億払った」ことが「忠実に履行した」内容である。

暴言西宮市長

 ……あー、でも、これさー、多くの人がみんな、薄々、

「実は悪質なのは読売の記者なんじゃねえの?どうせ腹の立つようなやりかたで挑発したんでしょ」

……って、気づいてると思うよ。

 いや、私は別にこんな無精髭のアンちゃんなんか支持しないし、だいたい、自分の住んでる市(埼玉県越谷市)の市長さんでもないから関係ないんで、味方でもなんでもないけどね。

おいおいおい、どうしたどうした大先生
以下記事引用

 妻の腕にかみつくなどしてけがを負わせたとして、警視庁高輪署が、作家で経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)(東京都港区港南)を傷害容疑で逮捕していたことが同署幹部への取材でわかった。

以上記事引用

 いやまあ、三橋貴明大先生の嫁ハンが10代、ってところもいろいろと問い詰めたいわけですが。あー、なんか、ウラがあるんでしょうね、こういうのって。

ハゲ婆考続

投稿日:

 いやもう、わからんねえ。

 豊田氏は報道後、精神的に不安定となり、現在も入院中。

……であるような人が、

議員活動を続ける意向を明らかに

……など、していいハズがねえだろ、フザケんじゃねえよ、などと思うのであった。

 ガソリーヌ山尾の件では「代議士の能力と個人的な素行は関係ねェ!不倫不倫言うんじゃねえ!」というような擁護論が起こっているわけであるが、そこへいくと、「このハゲーーーッ!」の暴力ヒス婆ァ(ババア)こと豊田の場合、代議士の能力に問題があるわけだ、なにしろ精神不安定で入院しているわけなんであるから。

 ……てなことを考えてたら、また、こういう面白いニュースが。

 なるほど、人外魔境というか、一種のケダモノですな。普通、できないですって、こういうこと。

 どうでもいいけど、代議士と議員って、せいぜい700人ぐらいしかいないんだぜ?比率として、変なのが多すぎないか?毎年毎年、誰かカレか、自殺してるしさ。

 警察官がおかしいとか自衛官がおかしいとか教師がおかしいとか、どいつもコイツも不祥事起こしやがって、とか言ったって、それぞれ25万人とか180万人とか、そういう途方もない人数がいるんだぜ?そりゃ日に日に不祥事だって起こるだろうよ、数が数だけに。

 ところが「国民の代表」「選良」たる代議士が、たった700人くらいで毎日毎日、こういう芸能祭りみたいなことじゃあなあ。

 思うに、我々有権者も、「人を見抜く目」がまったくゼロ、だわねえ。こういう手合いを選んでしまうんだからねえ。

 投票に気合いが入ってないから、こういうことになるんだと思うよ。一票入魂でないとさー。

石嶺ェ……(笑)。

投稿日:
上記事引用……

 議場で弁明の機会が与えられた石嶺市議は、投稿は既に謝罪・撤回しているとした上で「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」と述べた。

 ……おいおいおいおい、マテーッ(笑)。その議会は市民が選んだ議員から成ってンじゃないのかーい。

アッチの大統領もコッチの大統領も(草

投稿日:
ドゥテルテ大統領

 ドゥテルテ。オモロいおっさんやなあ、ホンマに。

……「草はえる」でェ。

コッチの暴言王は

 しっかし、この調子じゃ、ホントにトランプが大統領になりかねねェぞ。……っていうか、なるんじゃないか?そんな気がする。

(パク)槿(クヌ)()

 1%て、もう、完全に終わっとるな。

【暴言】時事寸見【無責任】

投稿日:
 使い方が悪いだけなんじゃないのか

 これは素直には頷けんな。奨学金借りさせて貧困だなんだと煽り立て、社会人のプライドくすぐって入学させて、むしれるところから遠慮なく大金むしってる連中が「カネがねえ」って、使い方がおかしいんじゃねえのか。だったら高禄食みつつ学者ヅラして安穏と構えてないで、給料でも返上してもっとキリキリ働いたらどうか。

 ゴルスタ

 おお、コレか、悪のSNSは(笑)。誰だ社長は。なに、平石明?「子供に春を届ける」て、「子供に脅迫を届け」とるやないかい。(株)スプリックス森塾?そんで、何?「担当者がヒートアップしてしまった」……って、社員の責任にして蜥蜴(とかげ)尻尾(しっぽ)切り、っちゅうワケかい。子供に春、どころか、「わが社は厳冬」だな、こりゃ。

 へへ、オモロイから叩け叩け、わっはっは。

 暴言男

 確かこの男も、天皇陛下注文事件とか「福島原発事故はラッキー」発言だとか、実はかつて結構な「暴言男」だったのだが、ずいぶん洒落のきいた大人になったモンだなあ。

【暴言】だから野球はダメなんだッ

投稿日:

 こういう差別的・抑圧的・前時代的・軍隊的スポーツであるから、野球はダメなんである。

 この時代に多様性(ダイバーシティ)が認められないと言うのなら、野球なんぞいっそ廃止・禁止してはどうか。

いっそのこと鎖国せい

投稿日:

 いっそのこと鎖国せい、政府よ。

 ナニが従軍慰安婦だふざけやがって。

最近、自宅建築誌というより

投稿日:

 最近、「自宅建築誌不定期日誌」というよりも、「身勝手なオッサンの放言ブログ」みたいになってきた。